保育園での水分補給の方法ってどんなもの?

保育園児には一定の間隔での水分補給が行われます

8a53745544f1c526b9aad03896a9a7e0_s
保育園に通っている子供たちの水分補給は、スケジュールに沿って計画的に行われていることが多いようです。

保育園には、年齢の違う子供たちがたくさんおり、そこには乳児も幼児もいます。

それぞれの年齢に合わせて適した方法で水分補給をしており、健康的に過ごせるようになっているものです。

おやつやお昼の時間帯には必ずお茶やお水、ジュースなどが出るので、園児たちはそこで水分補給をします。

乳児の水分補給はミルクで行うとともに、麦茶などを与えてくれることが多いでしょう。

保育園では水分補給を大人がコントロール

保育園での水分補給は、子供たちの勝手には行えませんし、団体行動なのでそこを管理する大人である保育士さんの役割となります。

適切な回数、適切な量をまんべんなく、全ての子に水分が提供されます。

管理下にあるため、遊びに夢中で飲まなかったということも防ぐことができそうです。

保育園児の水分補給の工夫と注意点

ba55925b7411da9e3cb8ec2c6c71443e_s
保育園の園児たちは、水分補給を大人よりも必要としている上に、遊びに夢中になると喉の渇きを忘れてしまうこともあります。

そのため、保育園でも水分補給には細心の注意が必要となり、園にいるスタッフや子供を預ける家庭が連携して取り組むべきこととなります。

保育園でもさまざまな工夫がされていますが、家庭でも子供の特性などの情報を園に伝えたり、保育園で子供が上手に飲めるように練習させたりするなどの努力が必要です。

大人と子どもの水分量の差

保育園での水分補給が大切なのは、子供自身では飲みたがらないことがあるという意味だけでなく、子供の方が大人よりも水分を必要としているためでもあります。

人間の体内の多くは水分で構成されており、水分は排尿や排便、汗などで自然に排出されるものです。

中でも幼い子供は大人よりも水分量が多く、さらに汗もかきやすく、脱水症状を起こしやすいとされています。

水分量は子どもの方が多い

人間の水分量は、体の薬60パーセントと言われています。

年齢が若い方が水分量は多く、赤ちゃんではく70~80パーセント程度が水分だということです。

つまり、体のく約70~80パーセントの水分量をいつもキープしていることが望ましく、少しの量でも減るとすぐに足りなくなります。

少し減っても大きい損失

幼い子供たちは、体自体が小さいため、一度に入る量は少なくなります。

人の体という器は常にお水でいっぱいになっていてほしいものですが、それが小さいため、少ししか入らないし、少し減っても大きな割合を失ったことになるということです。

脱水症状にならないために

保育園児の小さい体は、すぐに水分を失います。

そのため、脱水症状になるリスクも高く、注意が必要です。

保育園では、これを防ぐためにいつもこまめに水分補給を行うようにしています。

園ごとの方針にはいろいろありますが、基本的には決められたスケジュールに則り、定期的な水分補給のタイミングを設けています。

季節関係なしに水分補給を

夏は汗を大量にかきますから、水分補給が必要なことは分かります。

しかし、汗をかいていないように感じる冬場でも、人間の体は多くの水分を失い続けています。

そのため、季節に関係なく水分補給が必要となり、1年通して同じように水分補給の時間を儲けるがあります。

汗を掻く前に水分補給を

水分補給は体内から水分が失われてから行っても意味がありません。

「喉が渇いた」と感じた時には、すでに多くの水分が失われているので、その前に水分を与える必要があります。

汗をかいてからではなく、かく前に水分補給を行うことが大切です。

飲みやすい環境づくり

子供たちの水分補給は大人の管理の下で行われるため、大人が飲みやすい環境を作ってやることが大切です。

それは、保育園スタッフだけでなく、家庭でもさまざまなアプローチすることで成功します。

おいしく飲めるように

子供たちは素直で正直です。

飲みたくないものやおいしくないものは嫌がります。

そのため、美味しい飲み物を提供して、安心して飲めるようにしてやることが大切です。

おいしいお水を用意しておいたり、時にはジュースや果物、アイスなどで水分補給をしたりこともあります。

手軽に飲める環境を整える

子供たちは夢中になって遊ぶと水分補給を面倒に感じます。

そのため、保育園ではいつでも水分補給が手軽に行えるようにしています。

おやつや昼食と一緒に提供したり、水飲みを園児の分かりやすい場所に設置したりするなどの工夫があります。

水筒持参OKも

保育園によっては、水筒の持参を行うところもあります。

持ってくるように言われていない場合でも、子供があまり水分補給をしたがらない時には水筒持参を申し出てみても良いでしょう。

中には自宅で飲みなれたものを欲しがる子もいます。

そのため、いつも飲んでいるものを持参すると水分補給が楽になります。

保育園児は自分で正しい水分補給ができない

保育園では基本、計画的にコントロールされているので、必要な水分補給のチャンスはきちんと与えられるでしょう。

ただし、その時に「飲みたくない」と言って飲まずに済ませてしまうと、受動的に与えられることが多い園児では水分不足になることもあるため、注意が必要です。

保育園でも十分な注意がなされているものですが、家庭でも自分の子の水分補給が心配そうであれば工夫をお願いしても良いでしょう。

すぐに水分補給ができる環境を作りましょう

保育園児たちは、水分補給が必要な体であるにも関わらず、水分補給を忘れます。

そのため、周囲の大人たちが十分に注意を払って、スムーズに水分を得られる環境を作ることが必要です。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る