便通改善には水分補給が大切?効果的な飲み方は?

水分補給は便通を良くするのに必要です


水分補給は便通が良い状態を保つのに欠かせません。

便通が悪くなる原因は色いろありますが、そのうちのひとつが水分不足です。

便は少なくても60%は水分を含んでいる必要があり、水分が足りないと便が固くなってしまい便通が悪くなることがあります。

水分不足が原因で便秘となっているなら、解消するのにもっとも効果的なのは適切に水分補給を行うこと。

このことから便通を良くするために水分補給が大切といわれているのです。

毎日の水分補給には安心して飲めるお水選びも重要になります。

水分補給と便通の関係

便通が良い状態の便は、食物繊維や腸内細菌と80%近い水分を含んでいます。

水分をしっかりと含む便は適度な固さで大腸内を移動します。

便に含まれる食物繊維は水分を吸収し膨らみ、便の量を増やす働きも持っています。

便の量が多いと大腸を刺激し、排便を促してくれます。

しかし水分不足で乾燥すると、便のかさが減ってしまいます。

便通を良くするためには、適度な水分量を保つのが大切なのです。

便通を良くするために効果的に水分補給する方法

水分補給が大切といっても、むやみやたらにお水を飲めば良いわけではありません。

飲む量やタイミングなども関係してきます。

また日常的に飲むお水に、どのようなものを選ぶのかも大切です。

便秘を改善には硬水のミネラルウォーターが良いといわれます。

しかし日常的にスムーズな便通を保つためには、必ずしも硬水が良いとはいえません。

どれくらいのお水をどのように飲むのが良いのか?
お水選びはどうしたら良いのかをご説明します。

水分補給のタイミングと摂取量の目安

一日に必要とされている水分量は、2リットルです。

そんなにたくさんのお水を飲むのは無理だと思うかもしれませんが、実際には食事から摂る水分量も含んでいます。

実際にお水やお茶などから飲む水分量は、1.5リットルくらいが目安です。

それでも多いと感じるかもしれませんが、一度に飲む必要もないので気が付いたときにコップ一杯の水分補給をするようにしましょう。

便通を良くするためには、まず朝起きたらコップ一杯のお水を飲むようにしましょう。

寝ている間は自分で思うより汗をかいて水分を失っているからです。

また、目覚めに冷たい水を飲むと空の状態の胃が刺激されます。

その刺激は身体全体に伝わり、大腸の動きも良くなります。

結果として、朝の便通を促すといわれています。

便秘に悩まされている人は食物繊維を多く摂ることを心がけている人も多いと思います。

しかし、食物繊維ばかり食べているとかえって便が固くなることも。

食物繊維をたくさん食べる人は、多めの水分補給を心がけましょう。

お水はミネラルウォーターが良いとは限らない

頑固な便秘にはミネラルを多く含む硬水に分類されるミネラルウォーターが良いとされます。

硬水に豊富に含まれるミネラルの中に、胃腸を刺激する作用を持つマグネシウムが含まれるからです。

硬水を飲んだ人の中には、便秘解消を実感している人も少なくないでしょう。

しかし、日本の天然水はミネラルが少ない軟水がほとんどなため、日本人は体質的に硬水に慣れていません。

胃腸の弱い人や、それほど便秘ではない人が硬水を飲むと、かえってお腹が緩くなり過ぎてしまうことがあります。

そのため、頑固な便秘に悩んでいるのではなく、健康的な便通を維持したいという人は身体に負担のかからないお水で水分補給をしっかりすると良いでしょう。

硬水を飲んでお腹が緩くなり過ぎたことがある人も、ミネラルが少ない軟水や、不純物を極力取り除いたお水を飲むことをおすすめします。

お水以外の水分補給について

水分補給はお水以外の飲料からでもできます。

しかし甘いジュースには糖分なども多く含まれているため、一日に1リットルも2リットルも飲むものではありません。

カロリーや塩分を摂り過ぎないためにはお水が水分補給に適しています。

また、麦茶も水分補給に向いた飲料です。

緑茶やコーヒーの場合、麦茶と違ってカフェインが含まれています。

嗜好品としてコーヒーなどを楽しむのは良いですが、水分補給には向いていません。

利尿作用を促すカフェインが含まれるからです。

大腸に届く水分よりも、尿として排出される量が多くなるからです。

アルコールも利尿作用が強いですが、適量であれば消化器官を活発にさせるので便通を良くする作用が期待できます。

何ごとも適量が大切です。

水分補給が不十分だと便通が悪くなる


大腸に届く水分量が不足すると、便に含まれる水分も少なくなってしまいます。

適度に水分を含むことで便は大腸内をスムーズに移動することができるため、水分不足は便秘の原因になってしまいます。

水分が足りない便は、固くなるしかさが少なくなってしまいます。

正しい便通には大腸のぜん動運動が活発である必要があります。

しっかりと体積のある便が大腸の壁を刺激することで、ぜん動運動を促します。

きちんと水分補給して便通を良くしましょう

身体の水分は自分で思うよりも足りていないことがあります。

口の中が乾きやすい、肌や髪がパサつきやすいという人は、摂っているつもりでも水分不足の可能性が高いです。

硬水の飲み過ぎはお腹が緩くなることもあるので、身体に負担の少ないお水で小まめな水分補給を心がけましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る