2~3歳の子供に水分補給させるときのポイント

ミネラル分が低くクリーンで安全なお水がおすすめです


2~3歳といっても、まだやはり体は幼く、親がしっかり健康管理してあげる必要があります。

そのため、普段口にするお水は低ミネラルのものがおすすめです。

また、免疫力も弱いため、雑菌繁殖の心配が少ないクリーンなものを使うことも重要です。

そして、お水をコップなどに注ぐ蛇口箇所への配慮も忘れてはなりません。

お水そのものから、お水を用意する蛇口まで、しっかり気を遣ってあげてください。

未熟な2~3歳児には安全安心なお水による水分補給を

ミネラルは、人の健康にとって重要な役割を果たします。

ですが消化器官などが未熟な2~3歳児の場合、それは刺激が強すぎる存在ともなってしまいます。

腹痛や下痢を起こす原因になってしまうため、極力避けるべきです。

また、クリーンなお水を手軽に注げるサーバー蛇口には、温水を出せるタイプもあります。

そのため、やけどの危険がないよう、この点も注意すべきです。

子供のことを真剣に考えるならまずはお水から

無色透明のお水は、一見どれも同じに見えるかもしれません。

ですが、成分は多種多様であり、体に合う合わないが存在します。

自分で飲み水は選べない2~3歳児の場合、親がしっかり注意して水分補給させてあげなければなりません。

安心安全なお水を安定して用意できる方法、詳しく知っていきましょう。

低ミネラル水の選び方

ミネラルの量を、一見しただけで判断することは至難の業です。

前述の通り、お水は無色透明であるためです。

口当たりで何となく分かる場合もありますが、それでは正確性に欠けます。

確実性の高い見極め方としては、硬度表示が役立ちます。

硬度とは含有するカルシウム、マグネシウムなどのミネラル量によって決められます。

主には、1リットル中120ミリグラム以下が軟水、120ミリグラム以上を硬水と表します。

近年のお水商品は、多くでこの硬度表示がもちいられています。

2~3歳児でも安心して飲める水かどうか、この点で判断すると良いでしょう。

無論、腹痛や下痢に繋がるミネラルが少ない、軟水寄りのお水こそ水分補給に理想的といえます。

ずばり子供に最適なお水ってどんなもの?

さて、上記で軟水寄りのお水が適していると紹介しましたが、「最適」なお水を考えた際、どのようなものとなるのでしょうか。

答えは簡単です。

硬度が0に等しければ、それに越したことはない訳です。

硬度0、すなわちミネラルが皆無に等しいお水としては、ピュアウォーターや純水などと呼ばれる不純物を極限まで取り除いたお水が挙げられます。

水道水や天然水、ミネラルウォーターといった身近な存在でこれを実現することは難しいですが、独自に注文できるサービスなどは近年増えてきています。

純水といえば、従来化学実験や洗車といった、特殊分野にもちいるための存在でしたが、近年は水分補給に役立つお水としても注目を集めており、飲料水商品も少なくありません。

子供のことを本当に考えるなら、検討してみて損はありません。

レンタルサーバーによるやけどリスクを抑えるには

ピュアウォーターや純水を安定的に確保するのであれば、レンタルサーバーによる注文サービスがおすすめです。

専用サーバーを自宅に置き、宅配して来てもらえるボトルを都度交換することで、手軽にクリーンで上質なお水が楽しめます。

サーバーの中には、冷温水タイプもあり、水分補給からお茶や紅茶を出すためのお水としてなど、あらゆる用途に役立てられます。

純水は子供のみならず、体の弱い大人や、免疫の弱ったお年寄りなどにも嬉しい水分補給のためのお水として重宝します。

温水機能も、うまく活かしてみてはいかがでしょうか。

ですがこのとき注意したいのが、温水蛇口の安全です。

2~3歳児ともなると、危機意識を持つことなくつい触ったりしてしまいがちです。

そのため、小さな子供がいる「チャイルドロック」付きのサーバーを選ぶようにしましょう。

安易な操作を防ぎ、子供の安全もしっかり守れます。

2~3歳児の水分補給には注文式の純水製品を


2~3歳の幼い子供は、ミネラル分が原因でお腹を壊してしまいやすいです。

そのため、ミネラル分の少ない軟水を選ぶ形が理想的です。

そしてさらに徹底するなら、ミネラルがほぼ皆無である、純水製品を選びましょう。

ミネラルの影響がまったくなく、安心して水分補給させられます。

入手方法としては、定期注文がおすすめです。

手軽に利用できますし、重たいボトルを買いに行く手間も省けます。

近年はチャイルドロックを取り入れたサーバーも多いので、冷温水タイプも気兼ねなく置けます。

子供の安全はお水選びからはじめましょう

2~3歳の子供は、自分で口にするものを選べません。

体調を崩す原因となるミネラルが少ないお水を選んであげられるよう、親が注意してあげましょう。

理想としては、ミネラルがほぼ0に等しい純水製品がおすすめです。

ぜひこだわって子供の成長をサポートしてあげてみてください。

関連記事

ページ上部へ戻る