高齢者が脱水症状を起こさない水分補給の方法とは?

周囲が気をかけて、高齢者の水分補給方法を積極的にサポートしましょう!


高齢者の水分補給方法を考えて積極的にサポートしましょう!
高齢者になれば若いころと比べてどんどん体内の水分量が少なくなっていきます。

こまめに水分補給を行わなければ脱水症状を引き起こします。

健康な成人であれば、のどが渇けば自分で水分補給をしますが、高齢になるとのどの渇きを感じにくくなります。

水分補給を忘れたり嫌がったりすることなく、スムーズに水分を補うことができる方法を考えましょう。

高齢者の水分は体重の50%程度です

高齢者の水分は体重の50%程度です
人間の体は大半が水分なのですが年齢を重ねるごとに水分量は低下します。

高齢者の水分は体重の50%と言われています。

体から水分が20%以上減ってしまうと危険な状態になってしまうのです。

高齢者は1日に2000mlほど水分摂取が必要ですから、積極的に水分補給を促しましょう。

高齢者を脱水症状から守るためには水分補給の方法がポイント

暑い夏でも高齢者になるとあまりにお度の渇きを感じなくなってしまうので、脱水症状が起きやすくなってしまいます。

水分補給をする簡単な方法があれば、積極的に水分補給をすることができるでしょう。

特に介護が必要な高齢者などは、水分補給を嫌がる傾向にあります。

水を飲んでくれないと体調不良になってしまうでしょう。

健康でいてもらうためにもスムーズに高齢者に水分を補給させる方法を考えていきましょう。

ティータイムで楽しく水分補給!

楽しい時間の中食事をするといつ見よりも多めにご飯を食べてしまうことがあるでしょう。

水分補給を強制的にされると嫌な気持ちがしますが、楽しい雰囲気の中であれば、自分から進んで水分補給をすると思いませんか?

楽しいティータイムの時間があれば高齢者の人は紅茶やお茶、珈琲などを楽しみながら水分補給ができます。

紅茶、珈琲、お茶などは利尿作用がありますが、全く水分をうちにしないよりはましです。

ある程度の水分補給は出来ているでしょう。

人にはそれぞれ好みがありますから、好みの物を飲んで水分補給を行うのもいいでしょう。紅茶は好きだけど、珈琲は嫌い、お茶が一番好きなど、高齢者の好みに合わせて飲み物を出す方法もおススメです。

果物と水で水分補給!

ティータイムではあまり水分補給が進まないという高齢者もいるでしょう。

食事と食事の合間の時間に果物を食べて水分補給を行う方法もあります。

いつもより少し多めにご飯を食べてしまうとその後のティータイムではお腹がいっぱいで一口も入らないこともあります。

時間をおいて間食の時に果物を食べれば果物の含まれている水分が体内に入っていくのです。

果物を食べた後に口の中をさっぱりさせるために水を少しでも水を含んでくれれば水分補給は十分です。

せんべいやクッキーなどは口の中がパサパサするので、水分を多めに摂ってくれるのではないかと思うかもしれませんが、高齢者になるとあまりお菓子を食べない人も多くいます。食事からだけでは栄養分もとりにくいので果物で水分と一緒に影響補給ができれば健康増進にもつながるでしょう。

高齢者になると食事量や水分摂取量が減る

高齢になると食べる量や飲む量が成人と比べてかなり減少します。

高齢の方から「若いころに比べて半分も食べられなくなった」などという声を聞きますが、その通り、高齢者になると度の人も一日の食事摂取量、水分摂取量がかなり減るのです。

若いころと比べると筋肉の量も違いますので、それほど多くのカロリーを必要としなくなることも食事量が減る一つの原因と考えられます。

高齢になるとのどの渇きが分かりにくくなることもから水分補給が減ってしまうこともありますが、夜中にトイレに起きることが面倒に感じて水から水分補給を減らす人もいるのです。

これではいくら周囲が積極的に水分補給の方法を促しても無駄になってしまいますし、脱水症状の危険が高まってしまいます。

高齢者がこまめな水分補給を行うことは健康面からみても非常に大切なことなのだと伝えることも必要です。

高齢者は積極的に水分補給をすることが大切


年齢が上がるに従って体内の水分量はどんどん低下します。

体内の水分量が約50%しかない高齢者は、脱水症になりやすいのです。

水分は体外に排出されているのにのどの渇きを感じにくいので、水分補給を忘れてしまうのです。

水分が失われても体が水分を欲していると感じないので、水分の摂取が遅れて体調不良を引き起こします。

その為高齢者になればなるほど脱水を引き起こす可能性が非常に高いのです。

高齢者がこまめな水分補給を行うことは非常に大切なことです

のどの渇きを感じにくくなってしまう高齢者には積極的に水分補給を促しましょう。

楽しいティータイムの時間があると、進んで水分補給を行ってくれるでしょう。

飲み物で水分補給が難しい場合には果物を利用する方法もあります。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る