水分代謝と梅雨は関係ある?

梅雨の時期は水分代謝が悪くなりがちです


梅雨の時期は水分代謝が悪くなる傾向があります。

梅雨の時期は湿度が高くなりますが、それによって皮膚表面からの水分の蒸発が悪くなり、水分が体の中にたまってしまうと考えられています。

水分が体内にたまりすぎることによって、むくみや体調不良などの問題が発生するのです。

季節がらしょうがないこととはいえ、梅雨の時期だからこそより注意して水分代謝を向上させる工夫をしていきましょう。

水分代謝のメカニズムを理解して、できることから対策を進めていきましょう。

水分代謝と健康には大きな関係性があります

水分代謝が悪いと健康面でも悪影響を及ぼします。

体は水分をめぐらすことによって老廃物を体外に排出しようとします。

水分代謝が正常であれば、尿や皮膚からの蒸発により、体の中に老廃物をためることなく生活することができますが、もし老廃物がたまってしまうと内臓の働きも悪くなりますし、ダイエットなどの効率も悪くなるのです。

梅雨の時期でも水分代謝を向上できるといわれています

水分代謝を梅雨の時期にも正常に保つために、今からでもできる対策を実践していきましょう。

特に梅雨の時期は湿度が高いことによりむくみやすくなるのです。

なぜなら、梅雨の時期は非常に湿度が高いため、皮膚表面からの汗が蒸発しにくくなります。

そのため、体内には蒸発できずに停滞してしまった水分によって圧量が高い状態になるのです。

体内の圧力が高くなると、より圧力の低い空気中に力が向きます。

そうすることによって、どんどんと皮膚の下に停滞している水分が集まってきて、結果的にむくみの原因となってしまうのです。

さらに、梅雨の時期は気圧も低いので、血管を拡張させようとするヒスタミンの分泌が増えるといわれています。

このヒスタミンが増えることも皮膚の下に水分をためてしまいむくみの原因となってしまうのです。

こうした梅雨の時期のむくみを改善するために、水分代謝をアップさせるコツをご紹介します。

マッサージをしよう

まず、すぐにでも行うことができるのはマッサージです。

実施に体をマッサージすることで血流をよくすることができます。

方法としては、握りこぶしで足の甲をつま先からかかと方向へとマッサージすることや、ふくらはぎの両サイドを下から上に引き上げるようにマッサージすることなど、少しの時間でも簡単にできるものがあります。

膝の裏にはリンパ節がありますのでそこを押すだけで老廃物の除去に効果があります。

こうした簡単なマッサージを意識して短時間でも行い続けることによって血流をよくし、代謝を向上させることができるのです。

仕事の合間やお風呂上りなどに定期的にマッサージをしてあげましょう。

適度な水分をとろう

水分代謝の向上には、水分をとる必要もあります。

とはいえ、水分代謝が落ちて体内に水分が停滞しやすい梅雨の時期にたくさんのお水を飲むのは抵抗があるかもしれません。

もちろん、一気にお水を飲んでしまうと、水分代謝が間に合わずかえってむくみの原因となるでしょう。

そこで、お水をこまめに少しずつ飲むことを意識しましょう。

一日に2リットルを目指して一日5,6回に分けて飲むと飲みやすいかもしれません。

また、梅雨の時期で蒸し暑いからといって冷やしたお水を一気に飲むこともやめましょう。

できる限り常温で体を冷やすことなく水分を摂取することがポイントです。

食べ物にも工夫を

食べるものによっても水分代謝を促進させることができます。

体内に塩分がたまってしまうと、体内の塩濃度が上がり、そのバランスをとるために水分を体内にため込もうとします。

ですから、なるべく塩分控えめの食事を心がけましょう。

そして、塩分の排出を助ける「カリウム」を多くとることを心がけましょう。

カリウムを多く含む食材としては、きゅうりやトマト、イモ、大豆など手に入りやすいものが多いので積極的に食事に取り入れることをお勧めします。

梅雨の時期の水分代謝は少しの心がけで改善できます


梅雨の時期にはじめじめと湿度が高くなることにより、体が水分を排出しにくくなるだけでなく、塩辛いものをつい食べ過ぎて、体内の塩分濃度を調整するために体内に水分をため込みやすくなります。

水分代謝が悪くなってしまうと、むくみの原因ともなりますし、いわゆる水太りという、ダイエットを妨げる結果にもなります。

とはいえ、少しの心がけで改善していくことは可能ですし、梅雨の時期は普段以上に心がけることで梅雨特有のむくみなどの問題も避けることができるでしょう。

水分代謝を意識しましょう

体内に老廃物を含む水分を不要にため込まないように水分代謝を良い状態に保てるように意識しましょう。

水分を飲まなければいいというわけではありません。

適度な水分とマッサージ、食事の内容で水分代謝は梅雨の時期でも適切に保つことができます。

自分に出来そうなことから始めてみましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る