水分代謝が悪いと胃炎になるって本当?

胃炎で水分代謝が悪くなることもあります


胃腸が弱いと水分代謝がスムーズにできないことがあります。
胃腸がそれほど強くない人の場合には、水分の吸収がスムーズに行われていない、ということもあります。

であるにも関わらず、消化吸収のしづらいものを口にしていると栄養分や水分の豊富に含まれているものでも身体に効率よく摂り込むことができません。
水分代謝を良くして体調を整えるには水分はできるだけミネラルの含まれないものがおすすめです。

水分吸収を妨げる飲料もあります

水分吸収というのはどんな水分でも良いというものではありません。
水分の吸収の妨げになってしまってはいけません。

例えば、コーヒーを選ぶとカフェインが含まれていますし、ジュースとなると過剰に糖分を摂取しなければならなくなります。
お水であれば何でも良いわけでなくミネラルウォーターを選択すると水分を体外へ排出するカリウムが含まれていますので、水分の吸収を妨げてしまいます。

胃炎で水分代謝が悪いなら水にこだわりましょう

胃炎などの胃腸の働きが低下している状態で水分補給をしても、水分を効率よく吸収できません。
そのため、胃炎などの胃腸の働きが低下している時こそ、補給する水分にはこだわる必要があります。

胃腸に負担をかけない水分代謝の高め方

胃腸に負担をかけることなく水分代謝を高める方法というのはあるのでしょうか。
水分をしっかりと補給しなければと思っていても、飲み物によっては身体に酷く負担をかけてしまい、逆効果になってしまうこともあります。
それよりも効率良く水運補給ができるように、水分の摂取方法や、摂取する水分の種類にも注意をしてみてください。
胃腸に負担をかけることなく水分補給をして、水分代謝を上げることができるはずです。

胃腸が弱っている時はもちろん、調子の良い場合であっても水分の摂取方法には注意をして水分補給をしてみてください。
まず重要なのは飲み水は純水にすることです。

純水というのは源水内に含まれている不純物の量を0.1%まで取り除いたお水です。
この成分はほぼ水分だけになります。

特殊なろ過方法を何度も行うことによって、雑菌だけではなくミネラルのような細かい物まで取り除くことができますので、水分だけのお水を作り上げることができるのです。
また、ミネラルの多く含まれているミネラルウォーターなどの場合には、胃腸が吸収する時に負担をかけてしまうことがあるのです。
そして、水分補給を邪魔してしまうのです。
しかし、ミネラルがほとんど存在していない水の場合には代謝アップに効果的な水分補給を行うことができるようになるので覚えておきましょう。

水分補給はこまめに行うのが基本

水分補給をする時には少しずつこまめに飲むように心がけてください。
純水で水分補給をする時の目安としては、1回あたりコップ1杯程度にしてください。
大体200ミリリットルが基本です。

一度にたっぷりと水分を摂取したとしても吸収することができずに排出されてしまい、その他に胃液が薄くなってしまうこともあります。
胃炎などによって胃腸が弱っていると消化吸収もスムーズに行えませんし、そこに胃液が薄まることによって消化吸収に影響して栄養分が取れにくくなってしまいます。

そこで胃腸に優しく水分補給をして、身体に負担をかけないように水分代謝をアップさせるためにも少しずつこまめに補給してください。
それほど体を動かすことの少ない日常生活において1日6回の水分補給は適当です。
運動や暑い時期の場合にはもう少し回数を増やすようにして、喉の渇きを感じにくい水分補給を心がけるようにしなければなりません。

水分補給なら常温以上の水を

水分補給においては温度は常温、もしくは体温に近いくらいがベストです。
胃腸に優しく水分補給をするためには、純水の温度もポイントになります。

キンキンに冷えたお水というのは暑い時期になると美味しく感じます。
しかし、胃腸に負担をかけてしまいます。

胃腸が弱っている時というのは自律神経の働きも低下していますので、体温調整をすることが困難になり身体が冷えやすくなります。
そのため、常温から体温程度の純水を飲むというのが理想的なのです。

水分ならなんでも良いわけではありません


水分補給をするのであれば、どのような水分でも良いというものではありません。
水分補給をするのなら、水分を補給するタイミングはもちろん、補給をする時に飲む水分の種類などにもこだわるようにしてください。
水分代謝は摂取した水の量などによって大きく異なりますし、胃腸の状態によっては水分代謝の効率にも大きく影響を与えるのです。
理想としては常温から低温の水をこまめに摂取し、できればミネラル分の含まれていないものがおすすめです。

水分補給には純水が理想的です

ミネラルウォーターにはミネラルが含まれているのですが、ミネラル分というのは腸管から吸収されるはずの水分が吸収されず、体外へ排出する働きがあります。
そのため、水分を補給したとしてもミネラル分が含まれていると体内に吸収することができなくなりますので、純水が理想的なのです。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る