水分代謝の異常は内臓にも影響を与えるの?

水分代謝の悪化は内臓の冷えを引き起こすことがあります


人の身体は、身体の中に不要な水分があると身体の外に余分な水分を出そうとします。
中には、身体が冷え性なのに多くの汗をかくという人もいらっしゃるはずです。
実はそれは身体が出している内臓の冷えのサインです。

実は汗をかくのは暑がりだからではなく、逆に冷え性で水分代謝の異常が引き起こしているものな場合があります。
冷え性自体身体にはよくありませんが、内臓の冷えに関しても同様のことが言えます。

冷え性のあせっかきは内臓の冷えによる水分代謝の異常かも!

内臓が冷えてしまうと、十分に内臓の機能が十分に働かなくなることがあります。
内臓の中には身体の水分を外に排出する働きをサポートする臓器などもあるので、臓器が正常な働きができなくなれば水分代謝の異常を引き起こしてしまうという事態が発生することもあります。
なので、内臓が冷えた状態を継続させないことが水分代謝の異常を改善する上で重要です。

改善策を取り入れて内臓の冷えと水分代謝の異常を改善しよう

内臓の冷えと、水分代謝の異常を継続させないためには生活の中で改善策を取り入れていくことが大切です。
改善法を知って生活の中で取り入れましょう。
その改善法を取り入れることによって、内臓の状態も改善することが出来るかもしれませんし、それによって水分代謝を正常な状態にしていくことができるかもしれません。

身体を冷やす食生活に注意しよう

食べ物や飲み物の中には、身体を冷やしてしまうものもあります。
流動性のある乳製品や、砂糖を多く含んだお菓子やアイスなどの食べ物も身体を浸してしまう原因になります。
また、冷たいジュースや健康に良いイメージのあるスムージーも冷たい状態で飲んでしまうと内臓を冷やして水分代謝の異常を引き起こす原因になります。

冷たい飲み物や食べ物はあまり多く摂取しないようにしましょう。
身体を冷やしたくないなら温かいお湯やホットの飲み物などを飲むようにして内臓が冷えるのを防いでいくと良いでしょう。

お風呂でしっかり身体を暖めよう!

忙しかったり、気温が高い時期などですと入浴をシャワーで済ませてしまうという人も多いでしょう。
ですが、内臓や身体が冷えている人にこそゆっくりと湯船に浸って身体全体を暖める必要があります。

湯船に浸かっての入浴は、単純に身体を暖めるだけではありません。
身体を暖めるほか血行を促進してくれるので、冷え性が気になる人にもおすすめです。
より身体を暖めたかったり、水分代謝の異常を防いでいくためには岩塩や炭酸などを利用することで発汗を促進したり、血流を効果的に促すこともできます。

さらに、入浴以外に身体を暖める方法としては岩盤浴やよもぎ蒸しなどがあります。
身体が冷えた状態を継続させないためにも湯船の入浴と合わせて定期的に生活に取り入れていくのも良いでしょう。

根本的な解決に大事なのは運動です!

内臓が冷えている人というのは、身体が疲れやすくなってしまうという特徴があります。
身体が疲れていると運動をするのが億劫になってしまうということもあるかもしれません。

ですが、身体を動かさないでいると身体についている筋肉は減少していく一方になってしまいます。
そうなれば、内臓だけではなく身体の冷えも悪化させてしまうことがあります。

根本的な問題を解決するためには適度な運動をして身体に一定量の筋肉をつけて保っていく必要があるんです。
筋肉には血液を身体に循環させていくためのポンプとしての役割もあるので、生命維持に必要な機能をしっかりと維持していくためにも運動をするということは必要になります。
特に女性は、男性と比べると全体の筋肉量が少ないので冷え性になりやすい傾向にあるためしっかりと運動を生活の中に取り入れていきましょう。

身体を冷やさないアイテムも活用していこう!

根本的な解決にはなりませんが、冷えがひどい時はお腹を温める腹巻や、カイロなどの利用もおすすめです。
これらのアイテムを利用することで手軽に身体を暖めることも可能です。

貼るカイロなどを利用する場合、仙骨と呼ばれているお尻の割れ目の上にある出っ張った場所にカイロを貼ることで、内臓全体を暖めることができるとも言われています。
どうしても身体が冷えて辛い時はカイロを利用して身体を暖めていきましょう。

水分代謝の異常は内臓の冷えに繋がっていきます


冷え性なのに多く汗をかいてしまうという時は、身体にある水分が正常に回っていないということが考えられます。
その状態だと、内臓の冷えが水分代謝を正常に行えなくしてしまうこともあります。
水分代謝が正常な状態じゃないと、すぐに汗をかいてしまいかいた汗によって身体が冷えてしまって、身体や内臓をさらに冷やしてしまうという悪循環に陥ってしまうこともあるのでその悪循環は止めなくてはいけません。

身体の冷えは内臓の冷えと水分代謝の異常になります

身体が冷えてしまうと、水分代謝の異常にもなってしまいますし、水分代謝の異常が内臓の冷えを悪化させてしまうこともあります。だからこそ、生活習慣などを正していくことで身体と内臓の冷えを防いでいくとともに、水分代謝の異常が発生させないことが大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る