新陳代謝が乱れると骨が弱くなるって本当?

新陳代謝が悪いと骨の再生が悪くなると言われています


身体のなかでは常に古い細胞から新しい細胞へと作り変えています。

これが新陳代謝と呼ばれるものです。

永久歯のように一度形成したら生まれ変わらない一部のものを除き、細胞の多くは新陳代謝で作り変わります。

骨も新陳代謝で作り変わるもののひとつです。

骨の新陳代謝は骨を壊す破骨細胞と、骨を作る骨芽細胞の二つの細胞によって行われています。

骨芽細胞ばかりが働くようになると骨の形成が追い付かず、骨がスカスカになる骨粗しょう症の原因のひとつになります。

骨の新陳代謝は吸収と破壊の二つで行われます

骨の新陳代謝は、骨のリモデリング(骨改変)とよばれることもあります。

まず破骨細胞が古い骨を吸収して壊し、血液のなかへカルシウムを溶かしだします。

壊された部分に骨芽細胞が集まり、穴を埋めるようにして骨を形成します。

これが骨の新陳代謝のサイクルです。

骨の破壊に対して形成が追い付けないと骨はスカスカになり、骨粗しょう症となってしまうのです。

骨は新陳代謝で生まれ変わっています

健康な骨は新陳代謝で常に新しく作られています。

代謝がうまくいかなくなると骨がもろくなる原因となります。

では、骨の新陳代謝のバランスを崩す原因とはなんでしょうか?

その原因や解決法についてお話していきます。

骨の新陳代謝は女性の方が悪くなりやすい

骨の代謝には女性ホルモンのエストロゲンが大きく関係しています。

女性ホルモンのエストロゲンは、骨の新陳代謝の過程において破骨細胞による骨の吸収をおさえて骨のカルシウムが溶けだすのを抑制しています。

エストロゲンの量が少なくなると、骨を壊す働きが進んでしまい骨がスカスカになりやすい状態になります。

そのため、閉経によって女性ホルモンの分泌が減る女性のほうが骨粗しょう症になりやすいとされています。

実際、骨粗しょう症は女性に多い病気です。

また、骨がもろくなりやすい原因にダイエットがあります。

無理なダイエットによる栄養の偏りでカルシウムが不足すると、骨のカルシウムが溶けだしやすくなります。

骨はカルシウムを貯蔵する役割も持つため、特に成長期のダイエットは注意が必要です。

成長期に丈夫な骨を作れないことで、歳をとってから骨がもろくなりやすくなります。

無理なダイエットを行いやすい女性の方が、この影響が出やすいと考えられます。

骨はカルシウムを貯蔵している

身体にあるカルシウムの多くは骨や歯にあります。

わずか1%ほどが血液やほかの組織に存在しているのですが、この1%も重要な役割を果たしています。

筋肉の働きや神経伝達、血液の凝固など、生命活動に必要不可欠です。

血液中にカルシウムが不足すると、それを補うために骨のカルシウムを溶かすように働きます。

カルシウム濃度が減ると、骨からどんどんカルシウムを溶かしてしまい、骨がもろくなっていくのです。

血液中のカルシウム濃度を減らさないためには、食事からカルシウムや、カルシウムの吸収を助けるビタミンDやタンパク質を摂りましょう。

また、マグネシウムはカルシウムの骨への吸収を助ける働きがある大切な栄養素です。

ほかにもさまざまな栄養素が助け合っているので、バランス良く栄養を摂りましょう。

運動や水分補給で骨を丈夫に

健康な骨を作るためには、血流を良くすることも大切です。

骨の表面の骨膜という部位には血管などが通っていて、ここから骨に必要な栄養を取り入れています。

血流が悪く骨に必要な栄養が十分に届かなければ、骨の修復も悪くなります。

歳をとると骨折の治りが悪くなるといわれるのも、加齢によって血行が悪くなることが関係しています。

身体のほかの部位と同じように、骨を作るのにも血流が関係しているのです。

骨の新陳代謝を良くするためには、血流を良くする生活習慣を取り入れましょう。

その一つが運動です。

骨は適度に負荷がかかることで丈夫になります。

激しい運動は必要なく、1日30分ほど歩くだけでも十分です。

軽いスクワットなどの筋トレもおすすめです。

運動と同時に心がけたいのが水分補給です。

水分が不足すると血液が濃くなり血流が悪化します。

運動することで汗かき水分が失われやすくなるので、運動の前にコップ1杯のお水を飲むと良いでしょう。

体を動かすとき以外にも、こまめな水分不足で身体の水分不足を予防して血流を良くしましょう。

骨の新陳代謝はバランスが大切です


骨の新陳代謝は破骨細胞と骨芽細胞という二つの細胞で、バランスが取れていることが大切です。

骨を壊す働きというと破骨細胞は良くないものに見えてしまいますが、破骨細胞の働きも重要です。

丈夫な骨にするためには、古くなった部分を取り除かなければいけません。

その役割を果たすのが破骨細胞です。

破骨細胞がカルシウムを吸収して骨を壊さなければ、骨芽細胞が新しく骨を作ることができないからです。

どちらか一方ではなく、両方がきちんと働くことが大切です。

新陳代謝を良くして骨も丈夫にしましょう

身体の新陳代謝全体が良ければ、身体の健康に繋がります。

骨を丈夫にするためには身体が健康であることも大切。

新陳代謝を良くする生活習慣を身につけ、骨の健康も守りましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る