平熱が低い人はどうやって新陳代謝を上げればいいの?

低い平熱と新陳代謝を改善させるには血行を促進させましょう


現在は低体温と呼ばれる人が増えていると言われています。

低体温というのは、平熱が36℃未満のことです。

平熱が低いと新陳代謝が悪くなり、肌荒れを引き起こしやすくなる、太りやすくなる、免疫力が低下して病気にかかりやすくなる、などといったデメリットが多くなります。

平熱を上げるにはまず血行をよくすることが必要です。

血行をよくするために、規則正しい生活をするとともに運動をする、食事に気を付けるようにしましょう。

冷房や暖房の使いすぎは平熱を低くして新陳代謝を悪くします

平熱が低くなる原因は主に生活習慣にありますが、冷房や暖房の使い過ぎも平熱を低くする低体温の原因になります。

冷房や暖房は快適なものですが、それに慣れてしまうと体温調節ができなくなってしまうのです。

そのため、体が熱を放出したり、発生させたりする機能が衰え、低体温を引き起こすのです。

平熱を上げて新陳代謝を正常にするには血行をよくすることが大事です

平熱が低いままだと、新陳代謝が低くなり、肌荒れ、内臓機能の低下、脂肪の燃焼がされにくくなるなどといった問題がたくさん出てきてしまいます。

病気にもかかりやすくなり、ますます新陳代謝が悪くなります。

平熱を上げて新陳代謝を高めるには、生活習慣を見直すとともに、血行をよくすることが必要です。

ホットヨガを習慣にする

ヨガは深く呼吸を繰り返しながらポーズをとっていきます。

そうすることで、リラックス効果が得られるとともに、血行がよくなるという効果も期待できます。

ストレスでイライラしていたり、心配ごとがあっても、ヨガをしているときにはそういった嫌なことも忘れられて、ストレス解消になったりするとも言われています。

美容と健康にヨガを行っている人も増えていますが、ヨガにはホットヨガという種類があります。

ホットヨガは室温38~40度、湿度が60%前後に設定されている環境の中で行うヨガです。

筋肉が最も動きやすいと言われる室温と、汗が蒸発しやすい湿度の中で行うため、快適に気持ちよくヨガができるのです。

ホットヨガは通常のヨガよりも発汗作用が高いのがメリットです。

大量の汗を流すことができますが、その分、水分補給には気を付けなければなりません。

ヨガの途中で、上質な水分をこまめに摂取することで、デトックス効果を高めることも可能です。

さらに、ホットヨガは筋肉が柔軟に動きやすいので、ポーズのより高い効果を得られると同時にケガをしにくいというメリットがあります。

ホットヨガスタジオも増えていますので、一度挑戦してみるといいでしょう。

呼吸法をマスター

ストレスが溜まっていたり、イライラしていたりすると、交感神経が優位に立ち、呼吸が浅くなりやすいです。

呼吸が浅いと、酸素を十分に体内に取り込めないため、血行が悪くなる、新陳代謝が悪くなる、といったことになります。

深い呼吸ができるようになれば、新陳代謝が促され、また、血行もよくなります。

深く呼吸をするには、腹式呼吸をマスターしましょう。

横になってお腹に手を当てて、口から息を吐き出します。

お腹がぺったんこになるまで、息を吐き続けましょう。

限界まで息を吐きだしたら、今度は鼻なら息を吸い込みます。

息を吸い込むときには、お腹を十分に膨らませるようにします。

これを1日5回行います。

腹式呼吸が自然とできるようになれば、血行もよくなり、新陳代謝も高まります。

さらに、ポッコリお腹も改善されますよ。

腹八分目にする

お腹いっぱいご飯を食べていると太ってしまいますね。

脂肪がつくと血液の中の脂肪も増え、血流が悪くなります。

また、その分内臓は消化のために働かなければならず、負担が大きくなります。

食べ過ぎると胃がもたれてしまうのは、消化しきれていない証拠です。

食べる量を少し減らして、腹八分目にすることで消化がよくなりダイエットになります。

さらに、消化酵素をムダに減らさないことにもつながります。

食べ過ぎを避けることで、血液循環も改善されるのです。

腹八分目に抑えるには、まずゆっくり噛んで食べることです。

満腹中枢に情報が伝達されるまでには20分かかると言われています。

早く食べてしまうと満腹中枢が満足するまでに、たくさんの量を食べることになります。

また、食事はカロリーの低い野菜やスープなどから食べるようにしましょう。

さらに、食事の前に白湯をコップ1~2杯飲むといいでしょう。

腹八分間ですむとともに、水を飲むことで老廃物を流しやすくして、血行不良を改善することにつながります。

運動不足を解消して平熱を上げ新陳代謝を高める


平熱が低くなり低体温になる原因は運動不足にもあります。

運動が足りないと、運動をすることで生み出される熱が減ってしまいます。

筋肉量も減少するため、熱を作り出すことができずに平熱も低くなってしまうのです。

運動をする時間が取れないという場合は、エレベーターではなく階段を使う、早歩きをする、仕事の休憩時間にストレッチをする、といった日常生活で体を動かすようにするといいでしょう。

血行をよくして新陳代謝を上げ新陳代謝を高めましょう

平熱を上げるには体を動かすこと、食事や生活習慣に注意することが大事です。

体を温めるホットヨガや太らないように腹八分目にするなど、日常生活の中で取り入れやすいもの、自分が興味を持ってできるものを実践してみるといいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る