秋の水分補給で大切なポイントは?

秋こそ脱水症状に気をつけましょう


熱中症や脱水症状など、暑い中で水分補給を怠ってしまうと大変な事態に陥ります。

特に夏はこのような症状で緊急搬送されるケースが多いため、厚生労働省でも注意喚起がなされているほどです。

しかし夏が終わり過ごしやすい秋へ変わると、喉が渇いたと感じにくくなり水分補給への意識が薄れていきます。

炎天下ほどの陽射しはなくとも人間の体は全く汗をかかないわけではありません。

そのため秋でも脱水症状に陥るケースがあり、涼しいとからといって水分を摂らないのは体に毒なのです。

汗をかいたことに気づきにくい季節が秋です

秋は特に汗をかいている実感がない季節です。

これは秋に入ると徐々に空気が乾燥し始めるため、汗がすぐに蒸発してしまうからなのです。

気温の高い季節とは違い、それほど暑くない季節は発汗量が少ないことが多いため、水分不足にも気づきにくくなります。

脱水症状を避けるには、夏同様に水分補給を心がけることが大事になってくるのです。

秋の水分補給で守っておきたいポイントを知っておきましょう

秋に水分補給をおろそかにしてしまう理由としては、喉が渇かなかったり汗をかかなかったりというものがあるのではないでしょうか?
秋も水分補給を心がけようといっても、どのようなタイミングで水分を摂取すべきかいまいち分かりません。

水分もお水でいいのか、とにかく何か飲み物を飲んでおけばいいのかその点も気になるところです。

水分不足を避けるために、いつ、どんな時に水分補給をしておいた方が良いのか、どのようなものを飲めばいいのかなど摂取するポイントを押さえておきましょう。

秋の水分補給はとにかくこまめに行う

夏が終わると、湿度が徐々に下がっていき冬には50%を下回るほど乾燥した気候が続きます。

秋は乾燥し始めの季節ですが、それでも気づかぬ間に体内から水分は失われていくものです。

体内の潤いを保つためには、まず水分補給をこまめに行ってください。

そして、秋といえば「スポーツの秋」です。

野外でスポーツを楽しむ機会も多くあるのではないでしょうか?

運動をしてたくさん汗を流すことはリフレッシュにもなりますし大切なことですが、運動時は脱水症状になりやすくもあります。

スポーツを楽しむ際は特に水分補給をこまめに行い、十分な量の水分を摂取しましょう。

秋は喉が渇いていなくても水分補給を行う

水分補給を行うタイミングとしては、喉が渇いたかどうかを目安にしている方もいるでしょう。

実は喉が渇いてから水分を摂るのでは遅いのです。

「喉が渇いた」という感覚は体内で脱水症状が始まっている証拠で、脱水症状が起こってから水分補給をするのでは手遅れにもなりかねません。

できるだけ喉の渇きを覚える前に水分補給を行うことが大事になります。

特に入浴の前後は水分不足になりやすいので、入浴後だけではなく入浴の前にも水分を摂取しておくことをおすすめします。

また就寝前後や飲酒中、その後も体は水分を必要としているため、寝床の近くに水分をおいて眠る習慣をつけておくと良いでしょう。

自分が思っている以上に体は水分が不足していることがほとんどです。

毎回気持ち多めに水分補給をしておくと、脱水症状にもなりにくくなります。

糖分や塩分が多いものはなるべく避ける

飲み物の中にも水分補給には適さないものがあることをご存知でしょうか?

たくさん運動した後にコーラなどの炭酸飲料を飲みたくなる時があるかもしれませんが、実際のところジュースは水分補給には適していません。

糖分や塩分を多く含んでいる飲み物は、体が水分を吸収するまでに時間が長くかかってしまうのです。

また、アルコールや多量のカフェインを含む飲み物もできるだけ避けてください。

このような飲み物には尿の量を増やす効果があり、これによって体内の水分も多く排せつしてしまうので、かえって逆効果になってしまいます。

お茶にもカフェインが含まれているため水分補給には、お水や糖分や塩分を含みすぎないスポーツドリンクを用いるようにしましょう。

汗が拭き取れなくても水分は不足している場合があります


秋は空気が乾燥しているため汗が蒸発してしまうということは既にお伝えしている通りですが、汗も出ないほど体が渇き切っている場合は注意が必要です。

そもそも水分が不足していれば、熱を汗で発散することができず脱水症状に陥ります。

つまり、「汗をかかないから水分補給をしなくてもいい」ということはいえません。

体にとって水分を摂取して汗をかくことは大切なことですので、汗をかいたらまた水分補給を行ってください。

秋でも水分補給を大事にしましょう

夏に熱中症や脱水症状にかからなかったからといって、秋も油断はできません。

運動時の水分補給は必須ですが、普段通りに過ごしていても水分は常に失われていくものです。

寒いからといって水分補給を怠らず、できるだけ喉が渇く前にお水を摂取して水分不足を回避しましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る