授乳中のダイエットで水分摂取は控えたほうがいい?

授乳中は水分不足になりやすいため水分摂取は大事です


授乳中は赤ちゃんにたっぷり母乳をあげるので、ママも自然と体重が減り、ダイエットしやすい時期です。

またこの時期水分を摂りすぎると、太りやすいといわれているので控えたほうがよいかと思われがちです。

しかし、授乳中は水分不足になりやすいので水分を控えてしまうと、ママの体は水分不足になってしまいます。

更に母乳も出にくくなり、母乳育児にも支障が出てしまいます。

そのため、授乳中はしっかり水分補給を行うことが大事なのです。

授乳中に水分不足になるのはなぜ?

母乳は、乳房の中の乳腺という器官で作られています。

乳腺が血液を取り込んで、たんぱく質や炭水化物、ビタミンやミネラルなどの栄養素を含んだ母乳を生成します。

血液の主成分が水分であることからも、母乳の約8割は実は水分でできています。

そのため、1日数回授乳を行うと、ママの体がその度に水分を失ってしまうというわけです。

授乳中のダイエットのおける水分補給のポイント

授乳中はダイエットに向いているといえますが、母乳の出が悪くならないように水分補給に注意する必要があります。

そこで、授乳中ダイエットで気を付けたいことや上手な水分の摂り方を紹介していくので、参考にしてみましょう。

授乳中に必要な水分量は?

体重などによっても多少違いはありますが、1日の大人が必要とする水分量は約2.5リットルとされています。

そのうち、約1.5リットルは食事から摂取できるので、飲み物からは少なくとも約1リットルは水分補給しなければなりません。

一方で授乳中だと、赤ちゃんの月齢によっても哺乳量は異なりますが、大体赤ちゃんの体重1kgにつき約150から200mlとなります。

たとえば生後半年の赤ちゃんだと1日で約900mlから1リットルもの母乳を飲むことになります。

そうなると、通常の大人が必要な1日水分量約1リットルに、赤ちゃんの母乳分1リットルを足した約2リットルもの水分量を摂取する必要があるのです。

約2リットルもの水分を摂取したら、ダイエットにならないのでは?と思われがちですが、母乳や汗、尿として摂取した分は体外に排出されてしまうので心配はいりません。

授乳中ダイエットに良いとされる飲み物は?

ママが摂取する水分は、すぐに母乳の主成分として赤ちゃんが摂取することになります。

そのため、赤ちゃんの体に入っても悪影響のない飲み物を選ぶ必要があります。

不純物など余分なものが入っていない、体に優しいピュアウォーターなどのお水がおすすめです。

しかし、お水だけを約2リットルも毎日飲むのは、飲み慣れていない人だと難しいかもしれません。

そんなときは、ミネラルや食物繊維が豊富な麦茶や、お肌にも良くて免疫力を高めるビタミンCや、鉄分などをたっぷり含むローズヒップティーも、授乳中の飲み物としては適しています。

他にも、授乳中は水分不足により便秘になるママも多いので、食物繊維が豊富で血液の流れを良くするごぼう茶もおすすめです。

これらのお茶を、ピュアウォーターを使って淹れると、体にも優しく気分転換も図れて、水分を摂りやすくなるでしょう。

糖分の多いものやカフェイン入りの飲み物は控えましょう

飲み物というとジュースやスポーツ飲料、炭酸飲料などは飲みやすいのでついがぶ飲みしがちです。

しかし、糖分が多いので授乳中と言えどもダイエットの効果が得られにくく、逆に太る可能性もあります。

また、糖分でおっぱいが詰まってしまうリスクも高まります。

更に、コーヒーや紅茶、緑茶やウーロン茶などにはカフェインが多く含まれます。

妊娠中と同様にカフェインは利尿作用があるので、せっかく摂取した水分が尿になってしまい、体の水分不足が解消できません。

また、カフェインは30分程度で母乳へと移行してしまうので、赤ちゃんが母乳を通じてカフェインを摂取することになり、興奮して眠れなくなるなどの悪影響が出る可能性があるのでやめましょう。

更にミネラルウォーターは、たくさん飲むと腎臓がミネラルを分解しきれずに負担がかかる場合や、お腹を壊す場合もあるので飲む量に注意する必要があります。

授乳中ダイエットで水分を摂らないと乳腺炎になる可能性もあります


授乳中にママの体が水分不足になると、母乳の主成分が水分であるため、母乳の生成量が減ります。

母乳は血液からできているので、血液の流れが悪くなりドロドロになってしまいます。

すると、母乳の分泌成分が乳腺内で詰まってしまい、乳腺炎になる可能性があります。

乳腺炎になると、おっぱいが張って熱や痛みが出る、母乳が出にくい、悪寒や頭痛などの症状が出ます。

母乳育児に支障が出るので、水分不足にならないように注意が必要です。

授乳中はお水やお水を使った体に優しいお茶でしっかり水分を摂りましょう

授乳中にダイエットを目指すうえで、水分補給は欠かせません。

体に取り込んだ水分は母乳を作り、ママの体を健康に保つことに全て消費されます。

1日必要な量を体に優しいピュアウォーターや麦茶などでこまめに水分補給してあげることが大事です。

関連記事

ページ上部へ戻る