夏の便秘の原因は水分不足って本当?

夏の便秘の原因は水分不足です


夏になると便秘をしやすくなる、という人は少なくないでしょう。

原因の一つは水分不足です。

夏は喉も渇きますし、水分もたくさん飲むので水分不足になるとは思わないでしょう。

水分不足が原因になるとは意外に思われるかもしれません。

しかし、水分をたくさん摂っているからと安心していると便秘になりやすくなります。

夏こそ、意識して水分を摂ることが便秘の予防になります。

夏に便秘をしやすい人は、水分をしっかり摂るようにしましょう。

夏は水分が不足しやすい季節です

夏は水分をたくさん摂るものです。

そのため、体が水分不足にならないと思っている人も多いでしょう。

しかし、夏は汗をかくため体は他の季節よりも水分が不足してしまいます。

食欲不振も水分不足になり、便秘の原因になります。

また、冷房などで体を冷やすことも便秘につながってしまうのです。

夏は意識して水分を摂取しないと便秘になります

便秘の主な原因は水分不足や運動不足です。

特に体内の水分が不足すると便秘をしやすくなります。

その点、夏はお水などの水分をたくさん摂るので便秘にはなりにくい、と思っている人も多いでしょう。

しかし、夏は意外にも水分不足が原因で便秘になりやすいのです。

夏はなぜ便秘になりやすいのか、夏の水分不足対策について知っておきましょう。

夏の便秘のいろいろな原因

夏は熱中症などを避けるため、水分をこまめに摂る必要があります。

しかし大量の汗をかきやすい夏は水分不足になりやすく、便秘の原因になります。

夏の便秘は食欲不振も原因の一つです。

暑さのせいで食欲がなく、食事の量が減ります。

食事の量が減ると食べ物から摂取できる水分も少なくなり、水分不足になってしまいます。

食欲不振は夏バテを引き起こし、運動不足になります。

運動不足は便秘の原因となり、便秘が悪化してしまうのです。

さらに夏は冷房の効いた部屋にいることも多いでしょう。

冷房で体が冷えると血行が悪くなります。

血行不良は腸の蠕動運動が低下し、便を押し出す力が弱まります。

そのせいで、便秘になってしまうのです。

夏の便秘対策としての水分補給のコツ

夏は水分をたくさん摂取しているつもりでも、体内は水分不足になっています。

水分はこまめに摂るようにしましょう。

喉が渇いたと感じる前の水分摂取が大切です。

夏だからといって冷たいものばかり飲んでいると、体を冷やし、腸内も冷やしてしまいます。

腸内が冷えてしまうと、腸の蠕動運動も低下し便秘の原因になります。

お水はキンキンに冷えたお水よりも常温のお水を飲むようにしましょう。

また、喉が渇いていると一気に水分を摂りたくなります。

大量のお水を一気に飲むと、胃腸に負担がかかります。

大量のお水で胃液が薄まると食べ物がスムーズに消化できずに、消化不良を起こしてしまいます。

それが便秘につながります。

体には水分と塩分が必要です。

お水だけだと体液が薄まってしまうので、お水のほか、時にはスポーツドリンクも飲むようにしましょう。

夏は体を冷やし過ぎないことが便秘対策になります

夏の便秘は体を冷やすことも原因になります。

暑い夏はシャワーだけですませてしまう人も多いと思いますが、湯船にゆっくりとつかることをおすすめします。

血行をよくして、便秘予防になります。

冷房の効き過ぎる部屋に長時間いる場合は、ひざ掛けやカーディガンなどを用意して、体を冷やさないようにしましょう。

夜寝る時に冷房をつけて寝る際には、タイマーを利用することが大事です。

食欲がなくなってしまう夏は、トマトやキュウリ、麺類などさっぱりしたものが食べたくなります。

もちろんそれらも栄養豊富な食べ物ですが、食べ過ぎると体を冷やしてしまいます。

特に夏に収穫される野菜は、体を冷やす役割があるのです。

食欲がないときにはおすすめですが、食べ過ぎは控えるようにしましょう。

汗をかいた後は、すぐに汗をふき取ることも忘れないようにしましょう。

冷たい飲み物は便秘を悪化させることがあります


冷たいお水や冷やしたビールなど、夏はとてもおいしく感じられます。

しかし冷たい水分は胃腸に負担をかけるとともに、蠕動運動を低下させてしまうことがあります。

冷たいものばかり飲んでいると、便秘をしやすくなるのはそのためです。

できるだけ常温のお水がおすすめですが、温かい飲み物は飲む気がしない、という場合は、冷たいお水などを飲んだ後に、温かい飲み物や常温の水分を摂るようにしましょう。

お腹が冷えていると感じたら、体を温めるショウガドリンクなどもおすすめです。

夏の便秘対策のポイントは水分補給と体を冷やさないことです

夏の便秘対策は、水分不足をしないことです。

摂取のポイントとしては、こまめに摂ることと、冷たすぎる飲み物ばかり飲まないことです。

また、体を冷やさないよう、冷房の効いた部屋にいるときなどはひざ掛けなどを使い、体を冷房の風から守るようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る