子供が水分不足になると便秘になるの?

子供の便秘の原因の一つは水分不足にあるといえます


子供のお通じがなかなか来ないので困っているという親御さんはいませんか?

子供の便秘の原因の一つに、水分不足があります。

十分な水分量を摂取していないと、体外に排出する水分をセーブしようとします。

私たち人間にとって、水分は非常に重要な成分の一つだからです。

便に含まれる水分量も少なくなって硬くなります。

便は硬くなると排出しにくくなるので、便秘の症状が悪化してしまいます。

ですから水分をこまめに摂取することが大事です。

子供の便をチェックすれば水分不足か判断できる

子供の便をチェックすることで、腸の状態を確認できます。

通常は皮をむいたバナナのような形状・色は黄土色から茶色にかけた便をしているはずです。

しかしコロコロ・表面が凸凹した便であれば、便秘気味の可能性が出てきます。

水分不足を起こしている恐れがありますので注意しましょう。

子供が水分不足を起こさないための便秘対策

子供のお通じがなかなかないようであれば、水分不足を起こしている可能性があります。

そこで子供に水分を摂取させるように心がけることが大事です。

ここでは水分不足による子供の便秘対策について、詳しく見ていきましょう。

お水もしくは麦茶などで水分補給すること

子供に水分を摂取させることは大事ですが、お水もしくは麦茶を試すことが大事です。

ジュースは子供が好んで飲むし、水分補給も無理なくできるからいいのではないか、このように思う親御さんもいるかもしれません。

ジュースでも水分補給できるかもしれませんが、ほかの健康リスクを高める可能性が出てくるのでお勧めできません。

ジュースの場合、糖分が多く含まれています。

このため日常的にジュースを水分補給のために摂取させていると、糖分過多になりかねません。

その結果、肥満を引き起こしてしまいます。

また内臓脂肪が増えると、かえって便秘の症状を悪化する恐れも出てきます。

ですからジュースは便秘対策のために飲ませるのは避けたほうがいいです。

お水や麦茶であれば、含まれる当分がほとんどないので水分補給させるのにお勧めの飲み物なのです。

ジュースの代わりに果物を食べさせて水分補給

上で紹介したように、便秘対策のために子供に水分補給させたければ、お水もしくは麦茶などを飲ませることが大事です。

しかし中には普段から頻繁にジュースやソーダなど甘い飲み物を飲ませて、その味に慣れてしまっているお子さんもいるかもしれません。

するといきなりお水や麦茶にスイッチしても、子供が思うように飲んでくれない恐れがあります。

もしお水や麦茶をどうしても飲んでくれないようであれば、ジュースではなく果物を与えるといいでしょう。

果物であれば、ジュースと比較すると含まれる糖分が少ないです。

また果物にはかなり多くの水分が含まれています。

このため、無理なく水分補給ができるはずです。

またジュースから砂糖やカロリーの少ないお水や麦茶に徐々に変更することも大事です。

砂糖やカロリーの少ない飲み物で満足させる習慣を早い段階で付ければ、将来の肥満・生活習慣病対策の意味でもポイントになります。

食物繊維の含まれる食べ物を摂取させる

便秘対策には食物繊維を摂取させることが大事という話を耳にしたことはありませんか?

食物繊維を多く摂取させると便の量が多くなって、排出しやすくなります。

また大腸内で発行することで大腸の働きを活性化して、便を外に押し出す力が回復します。

食物繊維は腸で吸収されることはないです。

その結果、便に含まれる水分量を一定に保つ働きがあるといわれています。

便が硬くなるのを防ぎ、お通じのなくなる可能性も低減できます。

そこで食物繊維を多く含む食材を使った料理がおすすめです。

食物繊維を多く含む食材ですが、野菜や果物、海藻、芋類、豆類などが挙げられます。

野菜の中でもスイートコーンやモロヘイヤなどは食物繊維の量が高いので、より大きな便秘対策効果が期待できます。

中には野菜ジュースを飲ませて食物繊維を摂取させようと思っている人もいるでしょう。

しかし野菜ジュースには、食物繊維をほとんど含んでいません。

ですから便秘対策という意味ではあまり効果が期待できないので、誤解のないように注意しましょう。

便の多くが水分によって構成されている


便秘と水分に密接な関係のあるのは、便の構成でも証明できます。

ある文献によると、便のうち実に3/4が水分によって構成されているといいます。

固形物は全体の1/4にすぎません。

つまり便に含まれる水分量によって、便の状態は大きく変わってしまいます。

特に夏場は汗を大量にかく傾向がみられます。

脱水状態になると便に含まれる水分量が少なくなって、便が硬くなり便秘に陥りやすくなるので特に注意が必要です。

子供にはこまめな水分摂取を心がけましょう

このように子供の便秘の原因の一つに水分不足は十分考えられます。

水分不足に心当たりがあれば、こまめにお水を与えて水分不足の状況に陥らせないように心がけましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る