妊婦の便秘時における水分の関係性とは?

妊婦は水分不足が起こりがちであるため便秘になりやすいといえます


便秘は、女性にとって悩ましい症状でしょう。

普通に生活しているだけでも、起こることが少なくありません。

そこへきて、妊娠中は体内の水分が不足しがちとなるため、より一層起こりやすくなります。

適切な対策が欠かせません。

理由は、女性ホルモンの変化にあります。

妊娠期ならではのホルモン変動によって、体内の水分が不足しやすくなるのです。

その他、子宮に赤ちゃんがいるということ自体も影響しています。

メカニズムを把握して、水分補給への意識を持ちましょう。

赤ちゃんを産む準備には水分が多く必要

ホルモン変化による水分不足は、赤ちゃんを産むための準備です。

赤ちゃん本人に送る分もそうですが、子宮を羊水で満たす上でも欠かせない存在であるためです。

体としてはしんどいかもしれませんが、それも愛する我が子を健康に産むためと考えて、あまり悲観し過ぎず適切に対策しましょう。

こまめな水分補給ができれば、水分不足傾向でも比較的便秘になりにくくなるので安心してください。

妊娠中の便秘対策には適切な水分補給を

妊娠だけでもしんどいにもかかわらず、便秘も伴えばとても大変でしょう。

ですが、特別な薬や運動、病院の受診などに頼る必要はありません。

多くの場合、身近な存在である水分の補給程度で解消を目指すことが可能です。

腸の状態には、精神面も大きく影響しています。

便秘でストレスがたまれば、一層症状は悪化してしまうことでしょう。

適切な解消法で、効果的な便秘対策をおこなってください。

便秘と女性ホルモンの関係性

妊娠時に重要となる女性ホルモンとして、プロゲステロンが挙げられます。

妊娠中の胎児を成長させるため、体内にあらゆる変化をもたらします。

元気な赤ちゃんを産むために欠かせないホルモンである一方、便秘の原因ともなるため特徴を押さえておきましょう。

このホルモンには、消化器平滑筋を弛緩させる働きがあります。

これにより、腸の機能を低下させるのです。

こうすることにより、体内への水分吸収を抑えて羊水の保持がおこなわれます。

ですが、腸の動きが悪くなるということは、同時に便秘が起こりやすくなるに他なりません。

こうしたプロゲステロンのメカニズムこそが、妊娠時に便秘が起こりやすくなる大きな理由となっているのです。

女性ホルモン以外の原因

妊婦が便秘になりやすいのは、プロゲステロンの作用だけでもありません。

他の原因も伴うことで、さらに解消が難しい状態にしてしまっています。

たとえば、胎児を包む子宮そのものによる圧迫です。

膨れ上がった子宮によって、腸や胃が大きく押し込まれます。

これにより、重要な消化器官である胃腸は働きが低下してしまうのです。

また、水分補給不足になりやすいことも理由のひとつです。

妊娠期の特徴的な体の状態として、つわりが挙げられるでしょう。

妊娠の伴い、吐き気をもよおす現象です。

これによって、食欲が出ない、水分を吐き出してしまうといった症状が起こると、より一層体内の水分は減少してしまいます。

一度便秘になると便秘グセがつき、よりさらに治りにくくなるという点も気をつけるべきポイントでしょう。

このように、妊婦の便秘における原因は女性ホルモン以外にも複数見られます。

普段以上の正しい対策で、予防や解消を考えておくべきです。

妊婦の便秘を防ぐには

日常における便秘の対策同様、やはり水分摂取が鍵になります。

動きの悪くなった腸でもしっかり排便がおこなわれるよう、普段以上に心がけましょう。

水分の種類としては、普通のお水がおすすめです。

ジュースや乳製品などは、お水以外の成分が伴うため吸収されにくいためです。

また、妊娠中の体にも安心なピュアウォーターを選べるとより効果的でしょう。

ミネラルによる刺激を抑えられるので、腹痛や胎児への影響も防げます。

そして妊娠中は、お水だけでなく食物繊維の摂取も大切です。

普段以上に便が出にくい状態であるため、排便を後押しする要素もしっかり摂るべきです。

意識してみてください。

妊婦の便秘には普段以上の水分と食物繊維の摂取が大切


妊婦が便秘になるのは、女性ホルモンのプロゲステロンの作用が大きな理由です。

胎児を育てたり守ったりするため、胃腸の働きを弱めて水分の保持を促します。

このとき、便が運ばれにくくなる、水分が減少しやすくなるといった現象が生じるため、便秘がちとなるのです。

ですが、普段以上に水分補給や食物繊維の摂取が意識できていれば、予防や解消も可能となるでしょう。

妊婦だからこそ重要であることを理解して、積極的におこなってみてください。

つらい妊娠期の便秘は普段以上に気をつけましょう

ただでさえ負担が大きい妊娠期において、便秘はやっかいな存在です。

身体的にも、そして精神的にもしんどく感じられることでしょう。

ですが、上記のようなメカニズムを理解して適切な水分摂取ができていれば、症状は軽減できます。

普段以上に、気をつけましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る