赤ちゃんの便秘対策に有効な水分は母乳?

赤ちゃんの便秘には母乳の水分が効果的です


人工ミルクも多様化していますが、やはり健康を考えると母乳の方が有効に感じられるかもしれません。

そもそも、人工ミルクを自分たちで作って使用しているのは、哺乳類の中でも人間だけです。

そのため、やはり健康を考える上では、母乳の方が魅力的であるといえます。

母乳の方が愛情が伝わって良い、そんな風に感じる人は多いでしょう。

ですが感覚的なものだけでなく、事実便秘対策に繋がる成分も含まれているので、栄養学的に考えても有効といえます。

ぜひ、進んで与えてあげてください。

母乳には天然のオリゴ糖が含まれている

オリゴ糖という成分を聞いたことがあるでしょうか。

腸内環境を整える糖類として、健康食品などで広く使用されています。

明確には、単糖が2個から数十個繋がった糖と定義されています。

母乳には天然のオリゴ糖が含まれている、それこそが、赤ちゃんの便秘対策に効果的である理由です。

母乳の有効性や注意点を知って便秘対策に適した水分として役立てよう

母乳は、出る人と出ない人に分かれるかと思われます。

ですがもし出るようであれば、ぜひ進んで与えてあげてください。

赤ちゃんの便秘対策になるので、健康を守ってあげる上で有効に感じられます。

とはいえ、それでもなお便秘が起こる場合もあります。

効果的な役立て方や注意点を理解して、ベストな活用に繋げてみてください。

赤ちゃんの便秘対策にこだわるべき理由

便秘の苦しさは、大人にとってもおなじみかと思われます。

便が出ないことのしんどさはもちろん、体調全体、さらには精神面にも不調を来す原因となります。

そのため、さまざまな対策法や薬が登場しています。

ですが、赤ちゃんの場合は大人の症状以上に注意が欠かせません。

なぜなら、しんどさや苦しさを自分で訴えられないためです。

便の量や質、表情、泣き声といった要素を逐一見極めて、適切に対応してあげることが大切です。

赤ちゃんの便秘の見極め方

言葉発せぬ赤ちゃんの便秘を見極めるのは、ひと苦労です。

ですが、以下のようなポイントを覚えておけば、比較的楽に調べることができます。

主には、お腹が張ってつらそうである、食欲がない、排便の回数が極端に減った、詰まった便の硬さでお尻が切れて血が出るなどです。

回数については分かりやすい指標に感じられるかもしれませんが、1日10回あったものが突然1、2回になるなど、結構な差を意識してチェックしてください。

5~6回が1回になった、お尻を刺激しても出ないといった程度では、まだ便秘と確信を持つには早いかもしれません。

正しいチェック方法を、把握しておくことが大事です。

母乳不足のチェック方法

母乳で育てていても便秘がちである、そんな場合は、もしかすると出が悪くなっているのかもしれません。

とはいえ、赤ちゃんは吸い付いて母乳を飲むため、実際どれくらい出ているのかはチェックが難しいです。

そんな中、以下の点を意識すると判断しやすくなります。

たとえば、母乳を与えたあとなのに機嫌が悪い、飲むときにコクコクという飲み込み音が発されていない、元気な声で泣かない、尿が少ないといった点です。

また、長時間与えたにもかかわらずなかなか乳首を離さないといった場合も疑わしいです。

このような場合は、体質改善を検討するべきかもしれません。

便秘対策に適した母乳を出すための準備

オリゴ糖が豊富で便秘になりにくい母乳を出すには、どうすれば良いのでしょうか。

実はこれは、母親の意識ひとつで改善が可能となってきます。

たとえば、母乳をどろっとさせる食事はできるだけ避けましょう。

揚げ物や甘いもの、肉類、乳製品などは、母乳をどろっとさせてしまいます。

そうなってくると、赤ちゃんは必要以上に吸う力を要するため、発汗によって水分不足に陥りやすくなります。

その結果、便秘を起こしてしまいやすくなるのです。

次に、体の冷えを予防してください。

体内機能低下に伴い、母乳の質や量を下げる要因となりかねません。

また母乳自体の温度が下がるという点でも、便秘を引き起こしやすくなります。

その他、良質な水分をしっかり摂ることも大事です。

母乳も水分であるため、やはり母親自身が水分不足では出が悪くなってしまいます。

自身の体、そして赤ちゃんにもやさしいピュアウォーターは、数ある中でもおすすめのお水です。

ぜひ、赤ちゃんの便秘対策に取り入れてみてはいかがでしょう。

便秘対策に適した水分である母乳の質を上げよう


母乳は、ただそれだけでも赤ちゃんの便秘対策に適しています。

天然のオリゴ糖が、腸内環境を整える作用を担うためです。

ですが、合わせてぜひ質や量についても意識してみてください。

母乳の効果をさらに高めたり、また質の低さを解消したりする上で役立ちます。

自分が摂る食事や水分をしっかり工夫して、赤ちゃんの体をいたわってあげましょう。

もちろんこれらの意識は、母親自身の健康にも繋げられます。

実践して損のない、対策といえるのではないでしょうか。

良質な母乳で快便を後押ししましょう

言葉話さない赤ちゃんにとって、親の気遣いはとても重要です。

便秘症状の見極めや、母乳育児にこだわって、ぜひ便秘のしんどさから開放してあげてください。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る