幼児は水分不足で大人以上に便秘になりやすい?

幼児は水分が不足すると大人以上に便秘になりやすいといえます


幼児は、大人や高齢者よりも身体の水分量が豊富です。

ですが、だからといって水分不足による便秘が起こりにくいわけではありません。

それどころか、大人以上になりやすくもあるため注意が必要です。

とはいえ、原因が大人とすべて一緒というわけでもないのが幼児における便秘の注意すべき点です。

幼児ならではの原因も伴うため、正しい知識のもと健康管理してあげることが大切です。

大人と幼児では身体の機能に大きな違いがある

大人と幼児では、あらゆる点が異なります。

身体の大きさや内臓器官、また知能、コミュニケーション面など、数えだすときりがないでしょう。

便秘もまた、そういった違いに伴い大人以上に幼児の方が発症しやすいです。

また、感覚を伝える力の乏しさに伴い、つらさをうまく伝えられないケースについても注意しておくべきです。

周りの親が、変化を見極めてあげることが欠かせません。

幼児が便秘にならないようしっかり水分を与えよう

誰でも起こるような身近な症状のひとつである便秘も、幼児が発症するとなると軽視できません。

前述の通り、大人の症状以上にやっかいであるためです。

とはいえ、幼児ならではの便秘の特徴を理解していれば、ちょっとした工夫によって対策することも可能です。

愛する我が子の健康をしっかり守ってあげられるよう、正しい知識を頭に入れておきましょう。

幼児ならではの便秘の特徴って?

幼児と大人では、身体の特徴に大きな差があります。

中でも便秘に大きくかかわっている点として、力の違いが挙げられます。

大便をするといっても、便秘気味のときには結構力がいる作業でもあります。

その点、排泄力の弱い幼児はしっかり出し切ることができず便秘になりやすいので、注意してください。

また、幼児期はトイレ・トレーニングが始まる時期でもあります。

このトレーニングが影響して便秘になることも多いので、注意が必要です。

トイレがうまくできなかったとき、親ははしつけをおこなうことでしょう。

中には、少し怒り気味であやまちを正すような親もいるかもしれません。

そうなってくると、幼児はストレスを感じてしまい、神経性の便秘に陥ってしまいがちです。

幼児の便秘は、このようなケースについても注意しておくべきです。

便秘にならないよう対策するには

まずはやはり、水分摂取への意識です。

幼児は、喉が渇いたとき自分から進んで水分を摂れません。

そのため、親が一定時間おきに優しく勧めてあげることが欠かせません。

次に、トイレ・トレーニングでの教え方も重要となってきます。

失敗しても、ストレスを与えるようなしつけ方は避けてください。

叱らず忍耐強く見守って、そしてちゃんとできたときにはご褒美を用意してあげましょう。

そうすることで、進んで上手くなろうという意識を持つことに繋げられます。

また、夜更かしはさせないよう注意してください。

というのも、交感神経優位の状態となり、良質の便が出ないようになるためです。

早い時間にちゃんと寝かせて、内臓機能がスムーズに機能するよう心がけてあげてください。

水分を与えるときのポイント

排泄力の弱い幼児においては、大人以上に水分への意識が欠かせません。

幼児は大人より多い約65%もの水分を身体に保持していますが、それでもなおスムーズに排便できるよう適切な水分を与えてあげるべきです。

ポイントとしては、まず与えるタイミングが挙げられます。

特に大事なのは、朝起きてすぐの水分摂取です。

コップ1杯分ほどのお水を与えて、そして朝食を食べさせてください。

これにより、腸が目覚めて機能を活発化させられます。

また、胃腸にやさしいお水を選ぶということも重要です。

大人と違い、幼児の内臓はまだ完成しきっていません。

そのため、大人にとって有効な栄養成分が、逆に刺激となることもあります。

おすすめは、ミネラル分の少ない軟水を選ぶという方法です。

不要な刺激を与えることなく、スムーズに水分補給をさせられるため、健康的な便秘対策が可能となります。

幼児ならではの便秘の原因を知って適切な便秘対策を


幼児は、排泄力が弱いため便秘になりやすいです。

また、トイレ・トレーニングに伴いストレスを溜めやすい時期であるという点も、影響するケースが少なくありません。

そのため、便秘対策への意識がとても重要になってきます。

十分な水分を与える、そしてトイレ・トレーニングでは過度に怒り過ぎず、優しく教えるようにしましょう。

そうすることで、身体面も精神面も、スムーズな排便がしやすい状態に近づけられます。

幼児に合った対策で便秘解消を目指しましょう

幼児期には、何かと教えることが多いはずです。

ですが、だからといって無理な教え込みはストレスの原因となるため理想的といえません。

排泄力の弱さも伴い、便秘が起こりやすくなってしまいます。

正しい方法で、無理のない対策をおこないましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る