水分不足と血圧の関係とは?

血圧の問題がある人は水分不足にならないよう注意が必要です


血圧の問題と聞くとどうしても年配の方の問題という気がしてしまうかもしれませんが、女性を中心に若い方でも血圧の不安定さに悩まされている人は多くいます。

頻繁に立ちくらみがするなど日常生活に支障が出るレベルで悩まされている人もいます。

特に夏は血圧の変化で体調を崩しやすい季節でもあります。

室内外の温度差などが激しいからです。

血圧のこうした不安定さに対処するためにも十分な量の水分補給が大切と言われています。

夏は水分不足で血圧が下がりやすいのです。

水分不足を解消して血圧を安定させる

血圧の問題の厄介なところは高すぎても低すぎてもまずいということです。

さらに季節によって血圧が上がりやすかったり、下がりやすかったりと不安定な要素が多いです。

基本的に普段から生活習慣を良く保つことが重要ですが、水分補給は特に大切で、血流の流れも良くなります。

逆に血流が悪くなると心臓が活発にポンプ機能を働かせようとして高血圧のリスクが高くなってしまいます。

血圧の問題は若いうちから気にしましょう

血圧が高い、低いという話しをよく聞きますが、そもそも血圧というのはどのくらいで正常なものなのか、若い方だと意外と知らないことも多いのではないでしょうか。

しかし血圧に関する知識は早いうちから取り入れておいて損はない事柄です。

一般的に成人の血圧の正常値というのは「140/90mmHg未満」とされています。

年配になると自分の血圧をしっかりと意識していて、家庭でも自分で測れるようにしている人が少なくありませんが、若い方はそれほど頻繁に測る機会がないかもしれないので、一度意識的に測りに行ってみてもいいかもしれません。

血圧が高いとどんな問題が起こるのか

さて正常値よりも血圧が高くなってしまうとどんな問題が起こるのでしょうか。

よく「高血圧で困ってる」というような言い方をしますが、基本的に血圧が高い状態が長く続くと血管の壁が傷つきやすくなり「動脈硬化」の恐れが高まります。

これは命に関わる事柄なので、血圧が高い状態を放置するというのは非常に危険なことと言えます。

もしも年齢的にまだ若いのに高血圧に悩まされているとしたら本当に注意が必要です。

若いからといってこうした問題に直面しないという保証はないので、定期的な健康診断をして自分の血圧の状態を把握しておくようにしたいものです。

水分補給や生活習慣を見直しましょう

現代人にとって生活をしっかり律して規則正しい健康的な毎日を送るというのは一つの挑戦です。

仕事自体も最近は夜勤を含め不規則なシフトの仕事がたくさんあり、そうした仕事をしている人たちはどうしても生活習慣が崩れやすくなってしまうでしょう。

さらにジャンクフードばかり食べて食事が偏ったり、運動不足などが続いたりすると血圧の上昇へとつながってしまう可能性があります。

確かに食事の習慣や運動不足などを変えるのは大変なものです。

それに対して水分摂取の習慣というのはその気になれば今日すぐにでも変え始めることが可能です。

本来であればウォーターサーバーなどがあるとベストですが、とりあえず思い立ったら今日からお水をこまめに摂取するように心がけてみると良いでしょう。

自宅でも職場でもウォーターサーバーが人気です

ウォーターサーバーの需要はますます広がっており、一般家庭での普及も進んでいます。

一般家庭でウォーターサーバーを導入している家庭ではお母さんがお料理の時なども使いやすいようにキッチンに設置しているところも多いようです。

あるいは家族全員がいつでもお水を飲めるようにリビングに設置している家庭もあります。

いずれにしても買ってまでお水を飲む今の時代においていつでもきれいなお水を使用できるウォーターサーバーはこれからますます人気が出て行くかもしれません。

特に子供たちの水分補給までしっかりと気を使っている親御さんは学校に持っていく水筒に入れるお水や、麦茶を作るためのお水にもウォーターサーバーのきれいなお水を使いたいとゆう方が多いです。

血圧と体内水分は密接な関係


よく血液がドロドロとか、逆に血液がサラサラとかいった表現を聞くことがあるでしょう。

実際に心臓が身体中に血液を送って必要な栄養素や酸素を届けるわけですが、そのために血液がサラサラでなければいけないわけです。

もしもこの血流が停滞してしまうと心臓に負担がかかってきて高血圧の危険が高まってきます。

血液をサラサラにする食べ物とか料理などが紹介されていることが多いですが、それよりもなによりもまずはしっかりと水分補給して血流をスムーズにしてあげるほうが簡単でしょう。

こまめな水分補給で血圧を改善しましょう

お水をしっかり飲んで水分補給をする場合でもやはり適量をこまめに摂ることが大切になってきます。

またお水やスポーツドリンクではなくジュースやコーヒーで水分補給の代わりにしてしまうと、糖分やカフェインの摂り過ぎにもつながるので、注意しましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る