水分不足は腎臓の機能を低下させますか?

水分不足は脱水になり血液量が減って腎臓を傷めます


身体で水分不足が起きると、脱水症状になります。

それは血液量が減っていき、次第に血液が濃くなって、血液の流れが悪くなっていきます。

血液の流れが悪いということは、酸素や栄養が細胞の隅々まで十分に届かなくなり、腎臓も例外ではありません。

酸素や栄養の供給が滞ると、腎臓はダメージを受けます。

ダメージをうけた場合の症状として、怠惰感、嘔吐する、微熱が出る、頭痛やめまいが起こるなどあります。

最悪の場合は、死に至ることもあり、水分不足は軽く見てはいけません。

水分不足は腎臓にダメージを与えるため水分補給するようにします

水分不足は腎臓にダメージを与えるために、日頃から水分補給を十分に行うようにします。

夏の暑い日で汗を沢山かけば、自覚できるぐらい脱水症状になることもあります。

しかし、脱水症状は自覚が無くても起こることがあり、普段から注意が必要です。

例えば冬であっても暖房によって、自然と汗をかいて、自覚症状のない脱水状態になることもあるのです。

脱水を防止するために水分補給を行いましょう
腎臓にダメージを与えないためにも、日頃の水分補給は重要です。

普段からお水などを飲むようにする他に、軽い脱水症状であれば、身体に素早く吸収される経口補水液を飲むという方法もあります。

経口補水液ならば、水分と同時に、身体から汗として失われやすいミネラルも補給できます。

脱水症状には種類があります

身体は60%以上が水分で構成されており、水分は身体で重要な働きをします。

腎臓の機能を維持するほかにも、汗を出して体温調節を行う、血液となり身体の細胞に酸素と栄養を送るなどもあります。

脱水症状は、水分とミネラルの一種のナトリウムが身体から失われることで起こります。

水分とナトリウムの2つが身体から失われるのが低張性脱水と呼び、これは汗を多くかくとなりやすく、運動や真夏の発汗などのときに起こりやすいです。

身体から水分のみ失われる場合は高張性脱水と言い、水分補給が少ないときに起こりやすく、こちらは汗をかかなくても起こる場合もあります。

脱水は汗をかく場合以外にも、部屋が乾燥していて身体から水分が失われやすいとき、風邪などで発熱しているとき、水分をあまり摂取しないときなど、日常の中でも起こる場合があるのです。

水分不足は日常の中でも起こります

身体が水分不足になるのは、運動したときなど大量に汗をかくとわかりやすく、自覚もしやすいです。

特に汗をかくと、ミネラルも汗で身体から出ていくので、水分補給と同時にミネラル補給もするようにします。

激しく運動して汗を大量にかいたなら、水分補給にはスポーツドリンクがおすすめです。

夏場の暑い時期に汗をかいた場合や、お風呂に入って汗をかいたときなども、同じように水分補給します。

そして冬場も、一見すると汗をかかないように思えますが、脱水症状になることがあります。

冬は乾燥するので身体から水分も失われやすく、汗と違い徐々に身体から失われるので、脱水症状になっても気づきにくいです。

冬はインフルエンザや風邪にかかることもあり、発熱すると体温を下げようと大量の水分を使い、これによっても脱水症状になることがあります。

脱水症状になる前に、予め水分補給して、対策しておくようにしましょう。

身体に1日に必要な水分量があります

人間の身体には、1日に必要な水分の量があります。

成人であれば、1日に必要な水分は、体重1kgに対し、50mlが目安となります。

例えば、体重が50kgの人であれば、1日に2.5Lの水分を摂取しないとなりません。

しかし2.5Lを全て飲み物から摂取する必要はありません。

体内で代謝されて生成される水分が12%であり、食事に含まれる水分からは40%摂取できます。

そのために、1日に飲み物から摂取する目安としては、必要量の半分ぐらいになります。

成人の体重50kgの人であれば、2.5Lの半分の1.25Lが目安です。

この身体に必要な量は、汗をかかなくても必要なので、毎日の中で運動などして汗をかくかかないにかかわらず、必要な分は飲み物から摂取するようにします。

もちろん、汗を沢山かくようなときは、普段以上に意識して水分補給はすべきです。

決まったタイミングに、こまめに水分補給します


腎臓にダメージを与えないように、水分不足にならないようにするには、決まったタイミングでこまめに水分補給することです。

朝起きたときや眠る前、食事のとき、お風呂に入ったときなど、コップ1杯程度の水分を補給するようにしましょう。

毎日決まったタイミングで、水分補給をするようにすれば、1日に必要な水分も自然と補給できます。

間食などのときにも、一緒に飲み物を飲めば、日常生活の中で水分を補えます。

意識して水分補給しましょう

日常の中でも水分を摂取しているつもりでも、不足気味のことも多いです。

普段から決まったタイミングで水分補給するようにすれば、忘れずに水分摂取できて、水分不足も防ぎやすいです。

日頃から常に意識して、タイミングを見て、水分補給するようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る