冬に水分不足の症状になることはありますか?

冬は乾燥によって水分不足の症状になりやすいです


水分不足というと、夏の暑い日になるようなイメージがありますが、実は冬も水分不足になる可能性はあります。

冬に水分不足になる原因としては、部屋の空気の乾燥があります。

特にエアコンやファンヒーターなどの暖房を使うことによって、乾燥した環境が作られ、自然と皮膚や呼吸から水分が失われるのです。

夏に比べると、水分不足を感じにくいために、自覚無く症状になっているような場合もあります。

冬は寒い時期なので、体温が低いと喉の渇きを感じにくいのも、水分不足を誘発します。

冬の水分不足の症状は、ゆっくりと進行します

冬は、空気が乾燥していることや、喉の渇きを感じにくいということにより、水分不足の症状になります。

これは夏であれば汗をかいて一気に水分が失われますが、冬だと皮膚や呼吸によって少しずつ失われます。

このために、冬の水分不足の症状はゆっくり自覚無く進むことが多いのです。

また、冬はインフルエンザなどによっても、大量の汗と嘔吐によって、水分不足になることもあります。

早めに水分補給しよう

冬は日常的に水分不足になりやすい環境が整っているので、普段から意識して早めに水分補給しましょう。

また風邪やインフルエンザで高熱を出したときは、いつも以上に水分を摂らないとなりません。

早めの水分補給で水分不足を予防します

冬は暖房の効いたような部屋で長時間過ごすときは、喉が渇く前に、早めに水分補給をします。

空気が乾燥している自室やオフィスにいるときなどに、こまめに水分補給します。

そのような環境の中にいるときは、コップ1杯のお水を飲むだけでも、脱水症状になるリスクを減らせます。

ゆっくりと身体から水分が失われるような環境では、早めの水分補給が必要です。

身体から1%の水分が失われると喉が渇き、2%の水分が失われると強い喉の渇きを感じ、3%以上失われると吐き気などを感じて危険です。

特に水分不足になっているのに、そのまま放っておくと、血液が濁っていき、脳梗塞や心筋梗塞になる可能性もあります。

喉の渇きを感じるということは、すでに身体から水分が多く失われているということです。

そのために、そのまま放っておくと身体に良くないので、冬場であっても喉が渇く前に水分補給をします。

温かい飲み物で水分補給しましょう

冬は身体が冷えやすいので、身体を温めるような温かい飲み物がおすすめです。

身体を温めるのは、内臓などの機能を高めることにつながります。

そして喉の渇きも感じやすくして、水分不足を防ぎやすくなるのです。

もちろん、温かい飲み物を飲めば、水分補給にもなります。

ただ温かい飲み物というと、お茶や珈琲を考える人もいるでしょう。

しかしこれらにはカフェインが含まれており、カフェインには利尿作用があるので、摂取した水分以上の水分を尿として出してしまいます。

おしっこを沢山出すと、水分と同時に電解質も排出するので、脱水症状になりやすいです。

温かい飲み物を飲むならば、カフェインの入っていない白湯がおすすめです。

白湯はお水をヤカンで沸かせば作れます。

または、カフェインの入っていない麦茶などのお茶でも良いでしょう。

水分不足の症状になっとたきは経口補水液を飲みます

普段からこまめに水分補給していれば、冬でも水分不足にならずに、脱水症状になることはありません。

しかし、もしも脱水症状になった場合は、軽い症状であれば、水分とミネラルを補給して、安静にしていれば、10分か20分で症状は収まります。

ただミネラルも補給するとなっても、ミネラルウォーターでは、ほとんどミネラルは補給できません。

そこで、経口補水液を飲むのが良く、これなら水分もミネラルも補給できます。

経口補水液はお店に売っているので、購入すればいつでも飲むことができます。

しかし、手元にないというときであれば、自分でも経口補水液は作れます。

作り方は、水1Lに砂糖20gと塩3gを加え、最後にレモンを搾ってレモン汁を入れます。

これを飲めば、経口補水液の代わりとなります。

水分不足になる前に飲み物を飲みましょう


冬場の水分不足はゆっくりと進行します。

口の中が乾燥する、身体がだるい、頭痛がする、トイレの回数が減る、尿の色が濃いなどの症状があれば、すでに水分不足になっている可能性があります。

そのために、このような症状になるまえに、水分補給はすべきです。

また、冬場に水分不足を防ぐ方法としては、部屋を加湿して湿度を高めるのも良いです。

湿度としては、50%程度を維持するのが良いので、湿度が低いならば、加湿器を使ったり、部屋の中で洗濯物を干したりすると加湿できます。

こまめな水分補給がかかせません

冬場は水分不足の症状を自覚しにくいので、水分補給はこまめに行うべきです。

普段から水分補給を意識するようにして、食事のときや、起きたとき眠る前などに、飲み物を飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る