水分不足は風邪になりやすいですか?

水分不足になると体が乾燥し風邪になりやすいといえます


水分不足になると、特に空気が乾燥しやすい時期は、風邪を引きやすくなります。

インフルエンザウイルスなどは、空気が乾燥しているほど活発に活動します。

ウイルスは、口や鼻から体内に侵入し、気道の粘膜がキャッチし、咳や痰として体外に排出し、風邪を引くのを防いでくれています。

しかし、水分不足になると、粘膜が乾燥し、ウイルスが粘膜に付着せず、そのまま体内に入りやすくなります。

水分補給をしっかりと行うことが、風邪予防の1つのポイントと言えます。

水分不足は鼻水など出にくくなり、風邪になりやすくします

水分不足になると、汗をかきにくくなる、鼻水などが出にくくなる、ということも起こります。

鼻水が出るのは、これは体内に侵入したウイルスを流して排出する役割があります。

また、汗は体内の老廃物などを排出し、体温を調節する役割もあります。

水分不足になると、ウイルスが体内に入っても外に出しにくくなり、体内で活動しやすくなるので、風邪を引きやすいのです。

風邪になりやすい体を作っていきましょう

風邪を予防するならば、風邪になりにくい体を作っていくことです。

それには、沢山水分を摂取する、栄養バランスの良い食事をする、体を冷やさないようにする、というのが大切です。

水分補給するようにしましょう

風邪を予防するならば、まずは気管や鼻の粘膜を乾燥させないようにすることです。

それには水分不足にならないように、水分補給を沢山行うようにします。

1日の目安としては1Lから2Lぐらいの飲み物を飲むようにしておくと良いです。

冬場だと空気が乾燥しやすく、喉の渇きも感じにくいので、ゆっくりと体から水分は失われます。

そうすると、ゆっくり体から水分が減っていくので、水分不足になっても、自覚できないこともあります。

意識して気がついたときには、こまめに水分補給をするようにしましょう。

また沢山水分を補給することは、沢山おしっこを出すことにも繋がります。

おしっこは体内にある悪い物を出す効果もあるので、沢山おしっこを出すことは風邪に良いです。

栄養バランスの良い食事をしましょう

風邪のときでなくても、普段から栄養バランスの良い食事をすることは、健康のためです。

ただ体の調子が悪かったり、風邪を引きそうだったりと言う場合は、普段通りの食事よりも、体に負担の少ない、消化の良い食事の方が良いです。

消化の良い食べ物であれば、体が弱っていても、十分に栄養を摂取できます。

特に重要な栄養素としては、ビタミンAとC、亜鉛があります。

ビタミンAは粘膜を強くする効果があり、レバーやうなぎなどに多く含まれます。

ビタミンCは体内にあるウイルスを除去する効果を高め、野菜に多く含まれます。

亜鉛は、細胞分裂と新陳代謝を促し、牡蠣や卵、鮎、牛肉などに多く含まれます。

またおかゆやうどんなどの粉物は、消化に良く体も温めて、早くエネルギーになり、体調の悪い体を回復させるのに良いです。

風邪を引くようなときであれば、温かく消化によい食べ物を食べた方が、体のためです。

体を温めましょう

冷え性の人や、体が冷えやすいような人は、風邪を引きやすいです。

それは体温が低いと免疫力が低下してしまうために、風邪になりやすいのです。

体温が1度下がれば、免疫力は30%落ちると言われており、逆に体温を1度上げれば、それだけ免疫力を高められます。

体を温めるならば、芯から温めるには、お風呂に入って湯船に浸かるのが良いです。

リラックスして湯船に浸かれば、体の芯まで温まり、隅々まで温まります。

シャワーだけで済ますよりも、浴槽にお湯を張って入った方が風邪予防には良いです。

お風呂から出たときは、湯冷めしないように、すぐ体を拭いて髪を乾かしましょう。

また体を温めるならば、ストレッチなどをして体を動かす、温かい服装をして体から熱が逃げないようにする、温かい飲み物を飲むなどの方法もあります。

特に温かい飲み物を飲むのは、手軽に体を温められる方法です。

栄養ドリンクが風邪予防に良いです


風邪を防ぐには、栄養を付ける、水分補給をする、体を温めるというのがポイントです。

この3つを同時に行えるのが、栄養ドリンクを飲むことです。

温めた栄養ドリンクを飲むのが良く、市販品が手元に無ければ、自分で作っても飲むことができます。

作り方としては、喉によい生姜、頭痛によいレモンをお湯に加えて、味付けにハチミツなどを入れます。

もっと栄養を付けるならば、野菜などを使ったスープや鍋などの食事をしても良いでしょう。

スープや鍋だと、食べ物を茹でるので、消化しやすくなります。

水分補給して体を潤しましょう

インフルエンザウイルスの侵入する経路としては、口と鼻があります。

風邪予防するにはまずはこの2つの部分を乾燥させないようにすることであり、普段から水分補給して、体を潤わすようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る