水分不足になったときはお茶ではなくお水がいいの?

水分不足の解消はお茶ではなくお水が適しています


人間の生命活動という意味で水分不足になったとき、一体何を飲むのがいいのか考えていかなければいけません。

水分不足なのですからお水を飲むことは基本ですが、お茶という選択肢も出てくるでしょう。

水分補給をするためには、吸収を妨げ体に対して負担がかかるものがないという点では、お水になってくるでしょう。

さまざまな成分を抽出するお茶ではなく、お水を飲むことの意味が大切です。

お茶が水分不足に向かない理由は抽出された栄養素

お茶では水分補給に問題が出てくるのは、なにも水分ではないということではありません。

さまざまな栄養素を抽出されたものであり、妨げになる部分もあることを理解するべきでしょう。

利尿作用の問題や、種類によって異なる栄養素が、水分の吸収自体を妨げることがあるからです。

1度に飲むのではなくこまめに飲むのがポイント

水分補給ということでは、こまめに飲んでいくのが一番です。

一度に大量の水分を補給すれば、体に取り入れにくくなってしまい、体に必要な栄養素も排出してしまうデメリットが出てきます。

この水分が、吸収されるかどうかということでは、お茶とお水は全く異なります。

お茶にはさまざまな栄養素が含まれていますが、種類によっても構成も異なるものです。

水分の吸収効率という点でも、お水が一番となるのは、本来メリットになりそうな部分がデメリットになってしまうところにあります。

その働きを理解しておけば、もっと楽しんでいけるでしょう。

カフェインの問題

水分補給をすることを考えれば、不純物の含まれていないお水が一番です。

お水はそのまま吸収できますが、お茶にはカフェインが含まれているところに問題があります。

メリットもあり、すべてが悪いわけではありません。

集中力を高め、覚せい作用もあるため、仕事をするときや勉強しているときにはいいでしょう。

その一方で、利尿作用が問題視されることがあります。

体の中の水分を排出させる働きがあり、必要な水分も出してしまうことになるのが、水分不足を加速させるところが問題です。

その反面で、日常的に飲んでいる人は、カフェインで高い利尿作用が発生しないという研究結果もあります。

普段飲まない人が、突然お茶を飲んで水分補給をしようというのは、問題が出てくるというところになるでしょう。

不純物の入っていない水であれば、そもそもこうした問題を考える必要もありません。

水分不足の面で考えれば、補給するのにお茶よりお水のほうがいいといえる点です。

貧血にも要注意

お茶とお水の違いとして、カフェインがあげられますが、これだけではありません。

麦茶などには体を冷やしやすい成分があるのが特徴です。

暑い最中に飲めば、体もすっきりとしますが、血行を悪化させることになるでしょう。

水分不足になっているときには、全身に水分が巡っていくことが重要になっていきますが、冬場に冷えてしまえば血行をさらに悪化させます。

これでは、水分不足の体をいやせなくなってしまうでしょう。

夏場には向いていますが、冬場に飲むのであればお湯で抽出したりする必要も出てきます。

同様に水も温めて飲めば、副交感神経を刺激するといわれており、体も温めながら補給ができるようになるでしょう。

温かいものを飲むことがメリットにもなってくるため、麦茶を温めるよりも手軽に摂取できる方法となります。

水分不足を補うことが大切な目的

水分補給を考えなければいけない状態の時には、お水を摂取するのが理想的でしょう。

水分以外のものが含まれるお茶は、どうしても阻害される可能性が出てきます。

水分を排出する可能性は否定できませんし、目的ともマッチしてきません。

お茶に含まれる栄養素を目的としているときであれば、有効なのは確かです。

しかし、水分不足という目的であれば、やはりお水のほうが適しているのは間違いありません。

体を冷やさないように白湯にしたりするのもいいでしょう。

不純物が邪魔しないようにすることを考えても、お水はぴったりの条件を持っているといえます。

水分不足に対する補給ならお茶ではなくお水


お茶は、素晴らしい力を持っていることは間違いありません。

カフェインに関しても、マイナスばかりではなく、運動時にはパフォーマンスを高めることも知られてきています。

集中力を高める意味では、大切な飲み物であるのも確かです。

ただし、体を潤すという意味では、お水が適しているというところがポイントになってくるでしょう。

ミネラルも摂取できるという考え方もありますが、もっとも体になじむのはお水であることは間違いないからです。

こまめな水分補給が大切です

お水をこまめに補給していくことは、体の負担もありません。

飲みすぎることは、お茶も水も変わりませんが、上手に補給していけば、健康にも大きなメリットになります。

吸収の効率としてもお水が適しており、定期的に補給を続けていくことが、体の水分不足を補う最良の手段となるしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る