水分不足で体脂肪率が上がるって本当?

水分不足は体脂肪率を高める肥満の原因のひとつです


みなさんはダイエットを始めようと考えたとき、どのような意識を持つでしょうか。

多くの場合、できる限り口にするものを減らす、食事制限から入るかと思われます。

ですが、水分に関してはむしろ不足することが肥満の原因となる場合もあります。

つまり、体脂肪率の上昇に繋がってしまいます。

こうした状況を防ぐには、水分と体脂肪率の関係を理解して、正しいダイエットをおこなうことが大切です。

適切な分量や注意点を押さえて、理想のスタイルを目指してください。

水分不足は代謝を低下させる

効率的なダイエットを目指す上で、代謝が欠かせないポイントとなってきます。

代謝によって不要な老廃物をスムーズに排出することで、健康的なスタイル作りに繋げられます。

つまり、体脂肪率を下げることにも期待がもてるのです。

この代謝を理想的な状態に維持するには、十分な水分が必要となってきます。

だからこそ、逆に水分不足が起こると、体脂肪率が上がってしまうのです。

体脂肪率を下げたいならまず水分不足の解消を

体重を減らしたいからといって、口から入れるものすべてを減らしてはいけません。

水分に関しては、むしろ十分摂ることの方がダイエットに繋がるためです。

とはいえ、摂り過ぎもまた不健康の原因となってしまいます。

詳しいメカニズムや注意点なども理解して、正しいダイエット方法を実現してください。

そもそも体脂肪率とは

体脂肪率という考え方は、比較的新しい存在でもあります。

そもそも体型維持に役立つ計測法といえば、体重測定のみが一般的でした。

そんな中体脂肪率にも注目されはじめたのは、脂肪の性質を活かして作られた、体脂肪率計が登場したためです。

体内において、脂肪のみが電気を通さない性質を持つため、体に微量の電気を流して割合を測定するといったものです。

その点、水分はこの割合を抑えるのに適しています。

体に電気が通りやすくなるので、相対的に値を下げられるというわけです。

とはいえ、体脂肪率を気にする人の多くは、ただ値を下げることを目的としているわけでもないでしょう。

やはり脂肪量を減らして、ダイエットや健康維持を目指しているはずです。

体脂肪率の値、そして脂肪の分量そのものも減らせるよう、効果的な対策が欠かせません。

代謝と水分の関係性

代謝は、人体がもつ基本的な機能です。

健康な状態であれば、意識せずとも自動的におこなわれます。

そのため代謝を高めたいのであれば、体を健康的に保って、総合的に機能を向上させることがポイントとなってきます。

そこで重要となる存在こそが、水分です。

人の体は、約60~65%が水分でできています。

ですがこの割合から少しでも減ってしまうと、体は機能を低下させてしまいます。

つまり、水分不足の防止は、人体が必要とする水分を十分に保ち、体内機能を維持させることに繋げられるというわけです。

それこそ、活発な代謝にも期待が持てるでしょう。

水分をしっかり摂取できていれば、数値上における体脂肪を下げられ、さらに代謝による排出も促進できます。

ダイエットや健康維持を考える上で、適切な水分摂取を意識しない手はありません。

効果的な水分摂取の仕方について

十分な水分が重要といっても、一度に大量に摂ればそれで問題ないのかといえば、そうでもありません。

その場合、細胞が保持できる水分量を超えてしまうので、むしろ不健康に繋がるともいい換えられるでしょう。

適切な摂取方法を知って、効率的な水分維持を目指してください。

まず1日に摂るべき分量は、1,500~2,000ミリリットルほどです。

大きめのペットボトル1本分ですから、結構な量に感じられるでしょう。

ですが、安心してください。

代謝を高める上で有効な飲み方は、コップ1杯程度を複数回に分けて摂取する方法であるためです。

1日6~8回程度飲めば、必要量に達せるでしょう。

無理のない程度に続けて、楽に体脂肪率低下を目指しましょう。

適切な水分摂取で水分不足を解消して体脂肪率低下を目指そう


体脂肪率の低下は、多くの女性の目標ではないでしょうか。

健康志向の高まる昨今においては、男性でも気にしている人が多いことでしょう。

ですが体脂肪率の低下は、水分という身近な存在をしっかり摂るだけで、結構手軽におこなえます。

これにより、体内の代謝を高められるためです。

また体内に電気が通りやすくなるので、数値上の体脂肪率も抑えられてモチベーションも高められます。

理想のスタイルや健康を目指すなら、実践しておいて損はないといえるでしょう。

十分な水分を摂って気になる体脂肪を減らしましょう

体脂肪率の低下は、簡単なことでもありません。

それこそ、食事制限や激しい運動を日々続けてもなかなか実現できない人も多いほどです。

ですが、水分に着目することで、比較的手軽に実現することが可能です。

特徴を押さえて、効率的に実践してみてはいかがでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る