汗が原因で水分不足になってしまうことはある?

汗をかくことで水分不足を招くことがあります


汗をかくというのは、暑いからと考えます。

これは、ある意味では間違ってはいません。

ですが、冷え性の人が汗をかかないのかといえば、そんなことはないでしょう。

汗を放出することで、水分不足になってしまうということを考えていかなければいけません。

汗をかく時間が長くなれば、その量はどんどんと増えていくのですから、体内の水分を維持していくためにも、水分不足に対する対策をしていくことが必要です。

汗をかくことで水分不足から熱中症にもなりえます

汗をかくことは、何も悪いことではありません。

体温が上がれば、下げようとする正常な働きだからです。

他にも、多汗症のように、精神的な緊張によって発汗が増えるといったこともあります。

この状態をそのままにすれば、体内は水分不足に陥り、血液はどろどろになっていき、体温調節もできなくなります。

これが、熱中症にもつながっていくことを考えておくべきでしょう。

人間の汗と大きなリスク

汗をかく原因にはいくつかあります。

多汗症のように汗の量が極端に多い症状もありますが、運動した時や、気温が上がり体温が高いときに体の中ら水分を出し、体の表面上で揮発することによって熱を下げるという生理現象が中心となるでしょう。

その分だけ、水分の代謝も活発になってくるという状況ですが、その分だけ水分を使っていきます。

体の体液の中でも60%は水分とミネラル、たんぱく質などでできていることを考えれば、水分不足に陥ることは大変危険な状態となってくるでしょう。

汗をかくプロセス

汗をかく理由は何かといえば、運動で代謝が促進されて、体温が上昇すると、体温の上昇を抑えるように発刊します。

熱を放出するようにしていく自律神経の交感神経による働きであり、生理現象として考えることができるでしょう。

汗をかかなければ、そのまま熱中症になってしまう可能性も出てきます。

精神的な発汗もあります。

緊張したりすれば汗をかきますが、ここにも交感神経がかかわっており、刺激を受けて発汗を促すのが仕組みです。

辛いものを食べた時にも汗をかきますが、これも交感神経に対する刺激がもとになっています。

汗をかく場所が違い、頭部や額などに汗が出てくるようになるのが特徴です。

どんな状況としても、体からは水分が失われていく状態であり、その分を補給しなければいけません。

水分不足に陥れば、大きなダメージを受けるようになるからです。

寝ているときにも危険がある

水分不足を引き起こすと、体内からナトリウムも失われてしまうことがあります。

大きなダメージにもつながる問題にもつながりますが、熱中症を引き起こすからです。

長時間のスポーツなどで起きますが、これを低張性脱水と呼び、だるさや吐き気が症状としておきます。

気温の高い時に熱中症がニュースになりますが、これは高張性脱水と呼ばれる状態です。

体内の水分が不足して起きる状態で、発熱や激しいのどの渇き、意識の混濁まで引き起こしてしまいます。

日常生活の中でも十分に起こってしまう可能性に注意しなければいけません。

水分不足が無意識の中で進んでしまっても起こることから、睡眠時でも起こす可能性が指摘されるようになりました。

脱水症状にまで至る瞬間は

脱水症状が起きてしまうタイミングにもいろいろとありますが、スポーツをしているときには、十分に気をつける必要があります。

大量の発汗は、水分とともに、ミネラルも失ってしまう危険があります。

屋内でも起こる可能性が高いため、水分補給が重要になってくるでしょう。

運動前に十分な水分補給をしながら、運動中にもお水のように不純物のないものを摂取するといいでしょう。

日常生活の中でも、水分は代謝によってどんどんと消費されています。

特に就寝時や入浴の前後、飲酒後にも利尿作用によって大量に排出して起こることが問題です。

摂取した飲酒量よりも多くの水分を排出することは理解しておかなければいけません。

気温にも反応することになるため、水分補給とともに温度調節が大切です。

服装も重要ですが、クーラーなどで体温が上がらないようにする必要もあります。

人間は水分が必要です


水分不足に陥るのには、それぞれ理由が存在します。

人間は常に水分を必要としているため、水分補給が重要となってくるでしょう。

汗をかくことは悪いことではなく、生理現象としては正しいことですが、過剰に汗をかいたりしたときには、熱中症に対する予防は常に行っていかなければいけません。

糖分の入ったものや、塩分も必要になったりしますが、過剰にならないように注意するとともに、余計なものが含まれないお水を摂取するようにするといいでしょう。

汗による水分不足はこまめな水分補給がポイントです

水分不足にならないようにするには、こまめな水分補給が重要です。

汗をかいたときには、その分の補給をすることを忘れないようにするだけでも、効果を発揮するでしょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る