水分不足によって不調になることはありますか?

水分不足は不調と関係あります


人間の体は、60%以上が水分で構成されており、水分は体にはなくてはならない存在です。

2%水分が不足するだけでのどが渇くようになり、それ以上の脱水は体に不調を表していきます。

最悪の場合は、死に至ることもあり、水分不足は侮れません。

水分は体の中で血液となり栄養や空気を運び、汗として体温を下げ、尿として体の老廃物を出すなど、色々な役割を果たします。

またそれ以外の体液も水分が元となるので、水分不足は体の機能低下や機能不調を引き起こします。

水分不足により体の不調を引き起こします

水分は体に入ると血液や汗など体液となり利用されます。

水分不足で汗が出にくくなると体温調節ができなくなり、体の機能を低下させます。

何より血液も水分が元となっており、さまざまな役割を血液は果たします。

水分不足になると血液が濁り血行が悪くなり、体の隅々まで栄養や酸素を運べないばかりでなく、血行不良により、血管が詰まり病気を起こし、死に至ることもあるのです。

水分不足は様々な不調を誘発します

水分は体にとって潤滑油のような役割を果たします。

水分不足によって潤滑油が少なくなり濁ることは、体の機能をスムーズに働かせなくなり、不調の引き金となります。

頭痛を引き起こします

頭痛が起きる事は、水分不足と関係ないように思えますが、実は密接に関わってます。

もちろん頭痛の原因は色々考えられますが、その1つが水分不足です。

血液のほとんどは水分で構成されており、水分不足は血液を濁らせ、血流を悪くします。

血流が悪くなると、体の隅々まで栄養や酸素を送ることができなくなり、脳にも栄養や血液が不足することにより、頭痛が起こるのです。

頭痛だけだとまだ軽度の症状ですが、さらに水分不足により血流悪化が進むと、脳への血液や酸素の巡りが悪くなり、脳梗塞などになる可能性があります。

または脳の血管が詰まり、破裂してしまい、記憶や言語障害を引き起こす可能性もあります。

脳のこのような不調は夏場に起こりやすいと言われており、水分不足や高温が原因の1つと考えられます。

頭痛が起きれば水分不足のサインとしてとらえ、水分補給をするようにしましょう。

水分不足は便秘を招きます

便秘になるのも、水分不足が関係しています。

食べ物を摂取すると、胃で消化されて、やがて腸に到達し、そこで便になり排泄されます。

最初はどろどろの状態の便も、次第に水分を失っていき、固まっていきます。

その中で水分不足の状態であると、便はかちかちに固まり、腸内を通りにくくなり、便秘になりやすくなります。

腸内にとどまった便は、更に水分を失っていき、更に固まり出にくくなると言う悪循環になります。

無理にダイエットするなどして、水分を摂らないようなときにも、このような原因で便秘になりやすいです。

便秘予防のためにも、水分補給をこまめに行うべきです。

また便秘は食物繊維を摂取するのも改善に良く、食物繊維は胃で消化されず腸に届きます。

腸内にある食物繊維は、便の量を増やし、水分を吸収して柔らかくして、排便しやすくしてくれます。

むくみの原因も水分不足が関係します

むくみは体に不要となる水分が溜まる症状であり、飲み物を飲みすぎるとむくむと考える人もいるかもしれません。

しかし実はむくみの原因は、水分不足にあり、水分摂取を少なくするとなりやすいのです。

一度に沢山飲み物を飲むと、体に水分を溜めることとなりますが、健康な方であれば、体にとって余分な水分は、排出してくれます。

逆に水分補給を少なくするような方は、体が水分不足を察知し、より多くの水分を体に溜めようとします。

尿の量を減らして、体から出ていく水分を少なくするために、自然と体に水分が溜まりむくんでいきます。

水分不足は代謝機能低下も引き起こし、余計にむくみやすくなります。

体の中を水分を循環させて洗うような気持ちで、必要な量の水分を摂取すれば、体の機能と代謝も回復し、むくみも改善されていきます。

むくみが気になる方は、積極的に飲み物を飲んでいきましょう。

1日に必要な水分量があります


人間には1日に必要な水分量が決まっており、日常的に飲み物を控える方は、水分不足になりやすいです。

目安としては、体重1kgに対し40ml前後の水分が1日に必要とされており、体重40kgの方であれば、目安は1,600mlです。

この目安の量を、お水やお茶などで、1日の中で飲むようにしていきます。

もちろん沢山飲み物を飲めば、それだけトイレに行く回数は増えて近くなります。

トイレに行く回数が多くなれば、尿として体の老廃物を排出し、体の中を綺麗にして不調になりにくくしてくれます。

沢山飲み物を飲みましょう

体の不調は、水分不足が関係しており、水分不足を解消すれば、不調も改善できます。

1日に体に必要な水分量は決まっているので、こまめに水分補給し、沢山飲み物を飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る