老人は水分不足になりやすいですか?

老人になるほど水分不足になりやすいです


人間の体は60%以上が水分で構成されており、水分はなくてはならない存在です。

年齢を重ねるほど体から水分は失われていき、老化は水分不足であるとも言えるのです。

加齢と共に体に蓄えられる水分量は減っていき、また水分の大半は筋肉に蓄えるので、筋肉が少なくなる老人ほど、体内の水分は少なくなります。

また年を取るほど体の中に老廃物は溜まっていき、その老廃物を排出しようと尿の量が多くなるので、体から水分は出ていきやすく、水分不足になってしまいます。

老人はのどの渇きを感じにくくなり、水分不足を招きます

老人になると体の衰えと共に、体の感覚器官も衰えて鈍くなっていくために、のどが渇くという感覚も感じにくくなります。

認知症の方だと、余計にのどが渇かず、体から水分が少なくなっても、飲み物を飲もうとしません。

また老人になると、水分補給をしようとしない方が多く、果物を食べているから大丈夫だなどと勝手に思いこむのも、水分不足を招きます。” “■積極的に水分補給をするようにします
水分不足を解消するならば、飲み物による水分補給がもっとも効果的です。

食事でも水分の多い食べ物からも水分を摂取することはできますが、それだけでは1日の必要量を満たすことができません。

こまめに飲むようにしていきましょう。

1日に必要な水分量があります

人間には1日に必要な水分量があり、この量を水分摂取しないとなりません。

体重1kgに対して、およそ40mlが目安となっており、体重50kgの人だと1日2,000mlが目安となります。

この量を目標として、1日に飲み物を飲むようにしていきます。

食べ物からも水分補給は出来るので、目安としては飲み物で1,500mlぐらい飲むようにします。

食べ物からも工夫して水分補給を沢山行うならば、水分の多い料理にしたり、水分の多い食べ物を活用したりすると良いでしょう。

鍋やスープなどを献立に取り入れる、ゼリーなど水分の多い食べ物を食べるようにするなどが良いです。

ただこのような食べ物を食べたとしても、水分補給は忘れずに行うようにします。

飲み物は少しずつ飲むようにします

水分補給を意識して飲み物を飲むときは、少しずつこまめに飲むようにします。

これは効率よく体に水分を補給するためです。

たとえば1度に1Lも2Lも一気に飲み物を飲んだとしても、体で1度に吸収できる水分の量には限界があります。

飲み物を飲むと、胃を通り腸でほとんどの水分は吸収されますが、吸収できなかった水分は、そのまま尿として出てしまい、無駄になります。

目安としては、1度にコップ1杯程度の飲み物を、時間をかけてゆっくりと飲むようにすると良いです。

体は水分の2%を失うと通常の方はのどの渇きを感じ、それ以上水分を失うとめまいや吐き気などが出てきます。

水分不足は痴呆にも関係しているので、体調を悪くしないためにも、病気予防のためにも、こまめに水分補給をしましょう。

また、朝起きたときやお風呂上がりなどは、意識して飲み物を飲むようにしましょう。

汗をかいたときも、体から水分が出ているので、忘れずに飲み物を飲むようにします。

お水を飲むようにしましょう

水分補給のために飲む飲み物は、何でも良いとは限りません。

飲み物の中でもカフェインを含むお茶や珈琲、アルコールを含むお酒は、利尿作用が強いので、飲んだ量以上に水分を体から出すので、おすすめできません。

アルコールは、体内で分解する時に大量に水分を使い、また二日酔いになり体に負担をかけるので、楽しむために飲むにしても、少量にすべきです。

ジュースなどは砂糖が含まれており、カロリーが多いので、毎日水分補給のために、大量に飲むのは良くありません。

水分補給のために飲むとすれば、お水が一番であり、利尿作用もなく、体に負担になりません。

夏ならそのままお水として飲んでも、また冬であれば気温が低く寒いので、白湯など温めて飲んでも良いでしょう。

麦茶などカフェインの含まれないお茶にして飲んでも良いでしょう。

お水を飲みやすい状況を作りましょう


水分不足を解消するには飲み物を飲むしかなく、飲み物ならばお水が良いです。

1日に1Lや2Lぐらいは飲まないとならないので、普段お水を飲む習慣のない方は、大変でしょう。

そのために、少しでもお水を飲みやすい環境をつくっておくと良いです。

たとえば、水筒にお水を入れて持ち歩く、テーブルにポットを置いてお水を入れておくなど、常に近くにお水を用意しておきます。

お水のままだと味が無く飲みにくいというならば、梅干しを入れたり、レモンなどを入れたりして味付けして飲むと飲みやすいです。

沢山お水を飲みましょう

水分不足解消には、お水を沢山飲むようにします。

朝起きたときや、お風呂に入ったとき、食事の時など、1日の中でタイミングをみて、飲むようにしていきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る