水分不足のサインには何がありますか?

水分不足のサインは喉の渇きです


人間の体は、60%以上が水分で構成されており、少しでも水分が不足することは、脱水を起こし、体に良くありません。

水分不足になると、最初に体に表れるサインが、喉の渇きです。

喉が渇いて、飲み物を飲みたいと感じるようになると、すでに体から水分が失われている証拠です。

体から1%の水分が失われると喉が渇くようになり、同時に大量に汗をかくこともあります。

この時に水分補給を行わず、さらに体から水分が失われると、めまいや吐き気、動悸などが起こり、体の調子はどんどん悪くなります。

水分不足のサインは喉の渇きだけではありません

水分不足のサインとして、一番わかりやすいのは喉の渇きですが、それ以外にもいくつかあります。

唇や口が渇く、肌がかさかさしている、体がだるい、便秘や下痢気味なども水分不足のサインです。

さらには水分不足になると、いつもよりも尿の量が減るので、トイレに行く回数も減り、これもわかりやすいサインと言えるでしょう。

水分補給を行うようにします

水分不足を解消するには、水分を摂取するしかありません。

それは食べ物や飲み物から摂取することになり、特に飲み物は意識して飲むようにしないと、水分補給は出来ないです。

1日に必要な水分量があります

人間の体には、1日に必要な量は決水分まっており、その量を摂取しないと水分不足になります。

体重1kgに対しては、およそ40mlが1日の目安です。

そのためにたとえば、体重50kgの人であれば、1日に2Lが水分補給の目安の量となります。

ただし水分補給を行うならば、1日の中でまんべんなく平均して、水分補給をしないとなりません。

たとえば朝だけ、2Lの水分を摂取し、次の朝まで何も飲み物を飲まないというのは、良い水分補給の仕方とは言えないです。

朝昼晩と、こまめに水分を摂取するようにしましょう。

また毎日きっちり目安量を飲まなくても、平均して目安の量の水分を摂取できていれば良いです。

昨日は1.5Lの水分を補給し、今日は2.5Lの水分を補給するなど、平均して目安の量になれば良く、多少多い日や少ない日があっても構いません。

水分は飲み物からも食べ物からも摂取できます

水分補給というと、飲み物を飲むことがメインとなりますが、食事でも食べ物にも水分は含まれており、水分を摂取できます。

およそ0.5Lは、食べ物からも水分補給はしていると言われます。

なかでも水分の多い食べ物ほど、多くの水分を補給できるのです。

特に、果物や野菜ジュースは水分が多く、ビスケットやパンなどは、含まれる水分は少ないです。

水分不足を防ぐために、水分の多い食べ物を利用すると、より多くの水分を摂取できるでしょう。

ただ1日に必要な水分を、すべて食べ物から摂取することは難しいです。

そのために、水分補給を意識するならば、飲み物も飲むようにします。

食事の時に、飲み物も用意し、飲みながら食べ物を食べると、より多くの水分を摂取できるでしょう。

飲み物なら何でも水分補給になります

飲み物にはいくつか種類があり、珈琲、紅茶、お茶、ジュース、お酒、お水などがあります。

これらには水分が含まれるので、どのような飲み物を飲んでも、水分補給になり、水分不足を防ぐのに役立ちます。

ただ1日に1Lや2Lの水分補給が必要なので、体に良いか悪いかは別です。

ジュースには砂糖が含まれており、1日に何Lも飲むと、カロリーオーバーになるばかりでなく、糖尿の危険もあり体に良くありません。

お酒にはアルコールが含まれており、これも沢山飲むと体に負担をかけて、二日酔いにもしてしまいます。

さらには毎日、アルコールばかり飲むと、肝臓に負担をかけて、命の危険もあり良くないです。

そのために水分補給として、日常的に飲み物を飲むならば、体に負担のかからない飲み物が良いでしょう。

お茶や珈琲、さらにはお水があり、お水ならば何も含まれておらず、体への負担はありません。

毎日飲むならお水が良く手軽に飲むことができ、また時にはお茶や珈琲を飲んでも良いかもしれません。

沢山水分を摂取しましょう


水分不足を防ぐには、毎日必要量の水分を摂取するようにします。

1日の中で、朝起きたときや食事の時、お風呂の時や休憩時、眠る前などに飲み物を飲むようにします。

ただ沢山飲むと、水分の取りすぎになるのではないかと、心配する人もいるかもしれません。

人間の体は、必要な分の水分は体に取り込み、不要な分の水分は尿などとして体外に排出できるようになっています。

そのために多少沢山、飲み物を飲んだとしても、水分の取りすぎにはなりません。

飲み物を飲む習慣を付けよう

水分不足を防ぐには、飲み物を飲まないとなりません。

普段から飲み物を飲む習慣がないと水分補給はしにくいので、飲み物を飲む習慣をつけましょう。

そしてお水などを飲んでいきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る