水分不足とはどのような時に起こりやすいですか?

水分不足とは体に水分が不足している状態です


水分不足とは、体に水分が不足している状態であり、一定量体から水分が無くなることを意味します。

人間の体は60%以上が水分で構成されており、1%以上水分が無くなると水分不足の状態です。

水分が体液となって体の機能を維持し、血液や汗、その他の体液として重要な役割を持っています。

水分が不足することは、体の体液が不足することに繋がるので、体の不調を引き起こす原因となってしまうのです。

水分不足とは体の不調に繋がる状態です

水分不足になると、もっともわかりやすい体の症状として、喉が渇くことがあります。

1%以上体から水分が失われると、喉が渇くようになり、それはすでに水分不足であるということです。

さらに水分が体から失われると、めまいや吐き気など体の不調が酷くなり、20%水分が失われると生命の危機になります。

水分不足はいつでも起こる可能性があります

人間は汗をかけば体から水分が失われますが、汗をかかなくても水分不足になる可能性はあります。

毎日の生活の中で、呼気や尿などとして汗以外にも水分は体から出ていくので、水分補給しないと水分不足になります。

運動すると汗をかき水分が失われます

水分不足は、体から水分が失われていくことです。

もっともわかりやすい水分不足になる原因として、汗をかくことが挙げられます。
運動をすると汗をかくので、水分不足になりやすいです。

特に汗をかいたときは、汗には水分の他に、塩分も含まれており、ミネラルも含まれているので、これらも一緒に失われます。

そのために汗をかいたときは、スポーツドリンクなど、水分と一緒に塩分やミネラルを補給できる飲み物を飲むのが良いです。

運動をするときは、体を動かせば汗をかくとわかっているので、運動前にも少し飲み物を飲むようにすると良いでしょう。

そして運動をした後も、体が落ち着き汗をかかなくなったら、少し飲み物を飲むと水分不足を防げます。

運動をするにしても、長い時間体を動かすならば、運動中も水分補給をして、汗で出た分の水分は補給した方が良いでしょう。

十分に水分を摂取しない状態での運動は体への負担が多く、水分を摂取した状態で運動をするようにします。

ただしちゃぷちゃぷと胃の中で水分の音がするぐらい飲んでは運動しにくいので、適量を飲むようにしましょう。

日常生活を送っても自然と水分は体から失われます

人間は生きていると呼吸をして呼気を吐き、また皮膚呼吸も行っており、自然と体から水分は失われます。

このために日頃から、水分補給をしないような人は、水分不足になりやすいです。

生活を送る中でも、水分が体から失われやすい時があります。

お風呂に入ると汗をかくので体から水分が失われ、汗をかきやすく、汗として目に見えるので、水分不足になりやすいとわかりやすいでしょう。

さらには眠っている間にも、汗や呼気として体から水分は失われます。

そのためにお風呂上がりや、起きたときにも、水分補給を行った方が良いです。

もちろん、1日の中で、こまめにタイミングを見ては水分補給を行った方が良く、飲み物をこまめに飲むと、水分不足を防げます。

夏や冬は、水分不足になりやすいです

運動したときやお風呂に入ったときは、汗をかくので、水分が体から失われたことはわかりやすいです。

似たような事として、夏も同じように気温によって体が温まり、汗をかくことが多いので、水分不足になりやすいです。

特に直射日光を浴びるような状況では、自然と汗をかいていきます。

汗をかいていることに気がつかないと、体から水分が失われていることにも気づかないかもしれません。

逆に冬は、気温が低いので、汗をかくようなことは少ないでしょう。

しかし冬も意外にも、自然と体から水分が失われやすいです。

冬は乾燥しやすく湿度が低くなるので、そのために体からも水分が抜けやすいのです。

特に冬は汗をかかず、呼気や皮膚呼吸で体から水分が出ていき、水分不足になっていることに気づきにくいので、注意しましょう。

飲み物を飲むようにしよう


水分不足を防ぐならば、飲み物を飲むしかなく、飲み物を飲まないと体から水分は出ていくばかりです。

喉が渇いたと感じたら飲み物を飲むようにして、めまいや吐き気など体への症状があるときは、ゆっくりと飲み物を飲み、経口補水液などを飲んで、ミネラルも補給します。

普段から水分不足を防ぐには、1日の中で朝起きてから眠るまでの間に、こまめに飲み物を飲むようにします。

飲み物としては何でも良いですが、お水やお茶などは手軽に用意できるので、このような飲み物を飲むのが良いでしょう。

水分不足にならないように飲み物を飲みましょう

水分不足は軽度だとめまい程度の症状ですが、重度となると痙攣や失神、さらには生命の危機になります。

水分不足を防ぐために、普段から飲み物を近くに用意して、お水やお茶を飲むようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る