水分不足になると、疲労感を覚えやすいの?

水分不足は疲労感と関係します


私たちの体は、60%以上が水分で構成されており、水分はなくてはならない存在です。

体に水分が不足すると、体液が不足することとなり、脱水症状になります。

体から1%水分が失われると喉が渇き、さらに失われると、めまいなどを起こします。

脱水症状になると体の不調を起こし、疲労感を抱きやすくなるのです。

そして水分は、人間の体の中で、血液や汗、尿として、健康を維持するのに使われます。

そのような健康を維持する元となる水分が不足すれば、やはり疲れは感じやすく、疲れも溜まるでしょう。

水分不足は疲労感を抱きやすくします

体の中で水分は体液や汗として使われ、それはまさに潤滑油のような役割を果たします。

水分が不足することは、血液が濁り流れにくくして、汗や尿を出しにくくします。

血液が濁ると、栄養や酸素を体の隅々まで届きにくくしてしまい、尿や汗が出ないと、体外に老廃物を出しにくくしてしまい、疲れやすい体にします。

そのために水分不足は、疲労感を抱きやすくするのです。

水分は体液として体で重要な役割を持ちます

体内にある水分は、血液・尿・汗など体液として重要な役割を持っています。

水分不足になることは、体での体液の働きを鈍くするので、疲労感に繋がります。

水分不足は血液循環を悪くします

人間の体には血液が流れており、血液はほとんどが水分で構成されています。

血液の役割としては、呼吸で得た酸素を体の細胞に届ける、食べ物からの栄養を細胞に届ける、体で発生した老廃物を運んでいます。

水分が不足すると、血液は濃く濁り、流れにくくなってしまいます。

血液が濁ると、粘性が高くなり、そのために流れにくくなるのです。

血液の流れが滞ると、全身に酸素や栄養を届けにくくなり、体が疲れやすくなるので、疲労感も感じやすくなります。

また老廃物も運びにくくなり、体に溜めるので、余計に疲れやすい体にします。

血液が濁って巡りが悪くなることは、体を疲れやすくするばかりでなく、心筋梗塞や脳梗塞などの病気になるリスクも高めてしまい、体にとっては大変良くないです。

血液循環が悪くなる原因は、水分不足の他に、乱れた食生活や生活リズムの乱れ、ストレスなど、複合的に要因が重なっていることも多いです。

水分不足は尿の量を減らします

水分を摂取すると、体に必要な分は取り込まれ、不要な分はやがて尿として体外に排出されます。

体の中で尿は重要な役割を持っており、体の中の老廃物は代謝によって、血液で腎臓に運ばれ、尿になり、体外に排出されます。

体の中の老廃物を排出するには十分な量の尿が必要であり、水分不足は尿の量を減らし、老廃物が体内に残ってしまいます。

老廃物が溜まればやはり体は疲れやすくなり、疲労感も感じやすいです。

老廃物が体の中に溜まることは、血液や水分の循環を阻害し、循環を悪くするために、むくみなども発生させ、疲れやすい体にします。

疲れやすい体になると、肩こりや頭痛などを起こすようになり、疲労も溜まりやすいです。

体の中から老廃物を出すには、十分に水分を摂取する必要があるのです。

多少多く水分を摂取しても、不要な分は全部尿などで体外に出るので、多めに水分摂取しても問題ありません。

汗をかくと水分不足になりやすいです

皮膚からは汗が出ますが、汗もほとんどが水分で構成されています。

汗の役割としては、体内の老廃物を排出することもありますが、それ以上に体温調節という重要な役割を持っています。

体温を下げるには、汗は必要と言えるでしょう。

しかし水分が体で不足している状態であっても、人間は体を動かすと、汗をかき体温を下げようとします。

そのような状態で汗をかくと、余計に水分不足になってしまいます。

それは、脱水症状になる可能性もあるのです。

脱水症状になると、めまいや頭痛、怠慢などを感じ、やはり疲れにも関係します。

体から水分が沢山失われると、汗もかきにくなり、体温が上がってもなかなか下がらない状態を作るので、体には良くないです。

汗は夏の暑いときばかりでなく、冬でもかくことがあり、気がつかない間に水分不足になっていることもあるので、注意が必要です。

水分を摂取して疲れにくい体にしましょう


水分不足は体にとって疲れを誘発しやすくするばかりでなく、体調不良を引き起こす可能性もあるでしょう。

そのために日頃から、水分を摂取し、水分不足にならないようにします。

1日の目安としては、1.5Lの水分を摂取するようにします。

トイレに行く回数が少ないような人も水分不足になっている可能性があり、注意しましょう。

水分摂取のためには飲み物なら、何を飲んでも構いません。

しかしお水やお茶ならば、手軽に飲むことが出来るので、いつも手元に用意して飲むようにすると良いでしょう。

飲み物を飲みましょう

水分不足を防ぐには、飲み物を飲むしかないので、こまめに飲み物を飲むようにすると良いです。

ポットや水筒などにお茶やお水を入れて用意するなど工夫して、飲み物を飲むようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る