水分不足は幼児の発熱の症状を悪化させますか?

幼児の発熱時に水分不足は注意が必要です


幼児は風邪などで発熱することもあり、通常時でも大人より体温が高い傾向にあります。

大人に限らず幼児や子供でも、発熱すると余計に体から水分が失われ、水分不足になりやすいです。

特に体の小さい幼児は、蓄えられる水分量も少なく、また大人よりも1日に多くの水分を必要とします。

風邪などを引いたときは、体は防衛反応で発熱し、体温が上がるとそれだけ体から水分も失われやすいです。

体の小さい幼児は、余計に脱水症状になりやすいので、発熱時の水分不足には注意しましょう。

幼児が発熱したときは、水分不足にならないようにします

幼児が風邪などで発熱したときでも、水分不足にならないようにします。

十分に水分を摂取していれば問題ないですが、飲み物をあまり飲まないようなときは、工夫して水分を与えます。

シャーベット状にした果物や、お水に砂糖や塩を入れて電解質飲料など、飲みやすく、体に必要な水分と、電解質を補給できるようにしてあげましょう。

幼児は大人よりも水分を沢山必要とします

子供の体は大人よりも小さいですが、幼児などは大人よりも1日に水分を多く必要とします。

そのためにこまめに、多めに飲み物を飲ませるようにしましょう。

幼児の1日に必要な水分量

子供の1日に必要な水分量は、年代ごとに違います。

乳児であれば体重1kgあたり150ml、幼児であれば体重1kgあたり100ml、学童であれば体重1kgあたり80mlと、大人の1kgあたり40mlとは大きく違い、沢山の水分を必要とします。

子供でも、喉が渇くような状態ではすでに体から多くの水分が失われているので、喉が渇く前に、飲み物を飲ませるようにしましょう。

特に乳児であれば、喉が渇いていても、上手に意志を伝えることが難しく、親が気づかないこともあります。

さらに乳児は喉の渇きを感じにくいという事もあり、余計に脱水になりやすいです。

おしっこの量や回数が少ない、尿の色が濃い、唇が乾燥しているなどは脱水になっている可能性のある状態です。

常に親が乳児には飲み物を与えるようにして、このような症状が出る前に飲み物を飲ませて、脱水を防止すると良いでしょう。

いつでも水分補給できるようにします

乳児は大人と違い、蛇口をひねって自分でお水を飲むのは難しく、親が飲み物を与えるしか水分補給は出来ません。

まだ母乳だけの乳児であれば、母親の母乳や、ほ乳瓶に作ったミルクで、水分補給することになります。

大人と同じように発熱したときはもちろん汗を沢山かくので、汗として体から水分が出ていきます。

そのために日頃から、親がいつでも授乳できる状態にしておき、汗をかいているようであれば、速やかに水分補給をさせましょう。

親がタイミングをみては、乳児に水分補給をさせるようにします。

朝起きたときや、体を動かしたとき、食事やおやつの時、お風呂に入ったとき、眠る前などに水分を与えましょう。

こまめに、いつでも水分補給出来るようにしてあげると良いです。

与える飲み物を親が管理しましょう

乳児でも、白湯やお茶など、ミルク以外も飲むことが可能です。

一般的には母乳や人工ミルクだけ、乳児が欲しいというときだけ与えていれば心配ないと言われています。

しかし大量に汗をかくなど、すぐに沢山の飲み物を必要とすることもあります。

特に発熱していれば、常に体から水分は出ていくので、こまめに定期的に水分を与えないといけません。

このために白湯やお茶も、飲めるようにしておくと良いでしょう。

ただし飲み物として、ジュースは乳児では早いことが多いです。

子供用のジュースもありますが、消化器官の未発達の状態では胃腸に負担となり、アレルギーの原因となることもあります。

さらには砂糖が含まれており、甘い味になれると、ジュースしか飲まなくなり危険です。

このために親が、与える飲み物を管理してあげましょう。

もしも乳児がジュースを欲しがるようなことがあっても、ジュース以外の飲み物を与えて、水分補給させるようにします。

母乳以外の水分補給も出来るようにします


乳児は生後1ヶ月を過ぎると、お水や子供用のお茶を飲めるようになります。

沢山の水分を必要とする時のために、日頃から母乳以外の水分も飲めるようにして、母乳以外にも慣れさせると良いでしょう。

お茶ならば、乳児用が売られているので、それを飲ませましょう。

お水であれば、水道水でも良いですが、水道水は一度煮沸して、カルキを飛ばさないと与えることは出来ません。

そのためにいつでも、手軽にお水を飲めるように、何も含まれない、ピュアウォーターなどを用意すると良いでしょう。

お水を用意しましょう

発熱したときは、沢山の水分を与えるようにして、水分不足にならないようにします。

常に日頃からお水に慣れさせて飲めるようにしておき、お水を近くに用意して、いつでも飲めるようにしましょう。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る