水分不足で脱水症になったときのリスクは何?

水分不足でのリスクは体調不良があります


体にとって水分はなくてはならないものであり、少しの水分不足でも脱水症状になります。

体から水分が不足し脱水すると、食欲減退、気分が悪い、怠慢感、関節が痛いなど、体の不調が出る可能性があるのです。

脱水症状の初期段階だと、体の軽度の体調不良となり、さらに脱水が進むと生命の危機のリスクも高まります。

人間は生きていれば、自然と体から水分は失われるので、知らずに脱水症状になっている可能性もあります。

もしも、体の不調が出たなら、それは脱水が原因かもしれません。

水分不足で脱水症状が進むと死のリスクがあります

体から1%水分が失われると、喉が渇き、これは脱水症状の初期段階です。

脱水が進むと、めまいや吐き気、食欲減退、尿の量が少なくなる、などの症状が出ます。

そのまま体から水分が失われると、頭痛や痙攣、痺れ、皮膚のひび割れなど、顕著な症状が出てきます。

そして体から、20%水分が失われると、重度の脱水症状となり、生命の危機が高まり、死亡する可能性があり危険です。

脱水に気づきにくいことがあります

脱水症状は、体の不調を引き起こす原因ともなることがあります。

ただ自覚できるような時は対処しやすいですが、気づきにくく、知らずに脱水症状になっていることもあります。

汗をかいても気づかないことがあります

激しく運動して沢山汗をかいたときや、お風呂に入って汗を沢山かいたときは、体から汗として水分が出ていっているので、水分補給は必要だと感じ、脱水も防ぎやすいでしょう。

しかし運動しないようなときでも、汗をかくことはあり、汗をかいたことに気づかないと、知らずに脱水症状になっていることもあります。

特に夏場であれば、炎天下の中では、直射日光を浴びて、頭や脇下などに汗をかいていることも多く、気がつかない間に、体から水分は出ていっています。

汗をかいたときには、できるだけ早い段階で、水分補給するようにしましょう。

特に汗をかいたときは、汗には水分が含まれていますが、その他にもミネラルの電解質も含まれています。

そのために水分補給を行うのと同時に、電解質も同時に補給すると良いです。

スポーツドリンクや経口補水液など、またはレモンや梅干しなどから電解質は補給できます。

乾燥した時期は脱水になりやすいです

乾燥して湿度の低い中では、洗濯物が速く乾くように、人間の体も乾きやすいです。

人間は生きていれば、呼吸を行い、皮膚呼吸も行うので、呼気でも体から水分は失われます。

このために冬など湿度の低い時期は、汗をかかなくても、水分補給を行わないと、自然と体から水分は失われ、脱水症状になっていることがあります。

汗をかかないときでも、日ごろから水分補給をこまめに行うと、脱水を防げます。

汗をかいていないのに、頭痛やめまいなどが起こるという方であれば、脱水症状になっているかもしれません。

冬の気温の低い時期であれば、飲み物としては、温かい飲み物を飲むと水分補給できるのと同時に、内臓を冷やさずに済みます。

白湯や温かいお茶であれば、内臓を温めて、冷やさずに済むでしょう。

のどの渇きを感じにくいと気づかず脱水になります

水分が体から失われても、喉の渇きを感じにくいような方は、脱水症状になるリスクがあります。

特に感覚器官が鈍くなっている高齢者の方は、喉の渇きを感じにくいので、脱水症状になりやすいです。

普段から飲み物をあまり飲まないような方も、脱水症状になりやすいです。

人間は毎日の中で、飲み物以外にも、食べ物からも水分は補給しています。

確かに食べ物にも水分は含まれているので、食事でも水分補給は可能です。

しかし食べ物だけで、1日に必要な水分を補給するのは難しく、やはり飲み物からも水分補給しないとなりません。

野菜や果物、ゼリーなど水分の多い食べ物を食べているから、飲み物はあまり必要ないという人は、脱水症状になりやすいです。

特に高齢者だと飲み物を飲むことを嫌がり、ほとんど飲まないこともあるので、無理してでも飲ませないとなりません。

近くに飲み物を置いておくなど、飲み物を飲みやすくする工夫をすると良いでしょう。

飲み物を飲むようにします


水分不足を防ぐためには、毎日こまめに飲み物を飲むようにします。

目安としては1日2Lであり、この量の飲み物を飲むようにしましょう。

飲み物でも、砂糖の多いジュースや、アルコールの入っているお酒は、大量に飲むと体によくないので、水分補給としての飲み物には適していません。

水分補給のために飲むならば、何も含まれないお水を飲むのが良いです。

ただお水を沢山飲むのは大変なので、朝から晩までの間に、こまめに飲むようにすると、1日2Lでも飲めるようになります。

お水を飲みましょう

水分不足を防ぐために、毎日お水を飲んでいきましょう。

沢山お水を飲むために、水筒やペットボトルに入れて持参するなどして、いつでも飲めるようにして、お水を飲んでいきましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る