水分不足に気づかないと体に不調が出ますか?

水分不足に気づかないと体に良くありません


人の体は60%以上が水分で構成されており、水分はなくてはならない存在です。

体から1%水分がなくなると喉が渇き、それは体から水分が失われ、水分不足になっている証拠です。

水分不足に気づき飲み物を飲めば水分補給できますが、気づかないと水分は体からどんどん失われていきます。

軽度の水分不足であれば、怠慢感や精神不安定、便秘、頭痛、肩こりなど、水分不足でなくても起こるような軽度な症状が発生します。

しかしそれでも、水分不足に気づかないと、さらに症状は悪化していくでしょう。

水分不足に気づかないと、命に関わる危険もあります

軽度の水分不足では、すぐに水分補給すると、不足状態を解消できます。

しかしそのまま水分を補給せず、体から8%水分が失われると呼吸困難、10%失われると痙攣が起こってきます。

この状態では、相当な水分が体から失われているので、良くありません。

そして20%失われると、生命の危機になり、脱水により死に至ることもあります。

水分不足に気づきにくい時があります

水分不足は、体から汗が沢山出るなど、見た目でわかりやすいと気がつきやすいでしょう。

しかし、汗が出ないときでも、水分不足は起こることがあり、それは気づきにくい水分不足と言えます。

水分不足になっている状態

体から汗を沢山かく以外にも、体の状態を見ると、水分が不足しているかどうかわかります。

まず一番わかりやすいのは汗の状態であり、汗を大量にかくのはもちろん、逆に汗をほとんどかかないというのも、水分不足になっている可能性があります。

運動しても汗をあまりかかず、体温が高い状態が続くなどは、気をつけた方が良いでしょう。

もう1つわかりやすい状態というと、尿に関してです。

尿の量が減っている、トイレに行く回数が少ない、そして尿の色が濃い黄色であると、水分不足の可能性があります。

夜眠っている間は水分補給を行うことは出来ず、朝起きてトイレに行くと、尿は濃い黄色をしています。

これが昼間など眠っていない時でも、同じように濃い黄色だと、水分不足かもしれません。

このような状態に気がついたならば、すぐに飲み物を飲むようにしましょう。

季節によっても水分不足に気づかないことがあります

沢山運動をすると汗をかきますが、運動をしなくても汗をかくことはあります。

特に夏の暑い日であると、冷房のない気温の高い空間にいるだけでも、じわりと汗をかくでしょう。

また外にいれば、直射日光に照らされるので、これでも汗は出てきます。

そのような状態の中では、汗をかいたことに気づかないとき、または汗をかいても少しぐらいだと気にしない人もいます。

そのために、汗をかいて体から水分が出て行っていることに気がつかないこともあるのです。

逆に冬は気温が低く、汗をかきにくい時期です。

しかし、冬は湿度が低くなっており、人間は呼吸や皮膚呼吸でも、水分が自然と体から失われていきます。

特に乾燥している時期だと、体も早く乾燥しやすく、それだけ水分不足にもなりやすいです。

そのために、汗をかかずとも水分が体か失われ、冬も水分不足に気づくにくいときがあります。

普段から水分をあまりとらない人は、水分不足になりやすいです

水分不足を防ぐには、飲み物を飲んで、水分を体に補給するしかありません。

しかし普段から飲み物をあまり飲まないような方は、水分不足になっている可能性もあります。

特に、眠っている間やお風呂に入ったとき、運動した時などは体から水分が出ていきやすいので、タイミングを見ては水分補給をした方が良いです。

また食べ物にも水分は含まれており、野菜や果物などは、沢山の水分が含まれます。

このような食べ物を食べても、水分補給をすることは可能です。

しかし、人間に必要な量の水分を、食べ物だけで補給するのは難しいです。

そのために、日頃から飲み物を飲まずに、果物などを食べているので、水分補給できていると思いこんでいる方は、水分不足になることがあります。

食べ物を食べながらも、飲み物を飲むようにして、飲み物でも水分補給をするようにしましょう。

飲み物を飲みましょう


日頃から水分不足を解消するには、飲み物を飲むようにします。

出来るだけこまめに飲むようにして、いつでも水分補給をしていきましょう。

意外に自分では飲み物を飲んでいるつもりでも、それほど飲んでいないこともあるので、意識して飲むようにした方が良いです。

飲み物としては、珈琲やジュースなど砂糖の入った飲料よりは、お水やお茶の方が体に負担が無くて良いです。

近くに用意しておけば、いつでも手軽に飲むことができ、水分不足を防げるでしょう。

水分不足に気づく前にお水を飲みましょう

水分不足に気づかないのは、体から水分が出ていっても飲み物を飲まないからです。

普段からこまめに飲み物を飲めば水分不足を防ぐことができるので、こまめにお水などを飲むようにしましょう。


著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る