水分不足と塩分過多が体に及ぼす影響とは?

水分不足と塩分過多はさまざまな健康被害の原因になるといえます


水分不足になると脱水症状を起こしてしまいます。

脱水症状を起こすと喉の渇きや吐き気、ふらつき、呼吸困難といった症状を起こすこともあるので特に夏場など汗をかきやすい時期にはしっかりと水分補給することが大切です。

また塩分過多も、同様にいろいろな健康被害を引き起こす原因になりかねませんし、高血圧やむくみの原因にもなってしまいます。

塩分過多と水分不足、どちらも健康に気遣うことを常日頃から意識することが大切です。

人間の体はほとんどが水分です

水分不足がどうしてさまざまな健康被害を起こしてしまうのかということですが、まず人間の体はそのほとんどが水分でできています。

人体のおよそ6~7割以上が水分と言われていますから、その大切な水分が少なくなってしまうと健康被害を引き起こすというのは十分理解できるでしょう。

また塩分を、とりすぎると高血圧をはじめとしたさまざまな生活習慣病の原因に繋がることもあります。

水分不足と塩分過多を防ぐには

水分不足と塩分過多は切っても切れない関係にありますが、健康を気遣うのならどちらも日頃から意識して生活する必要があります。

ここでは水分不足と塩分過多を防ぐためにできることについてお伝えしましょう。

意識的に水を飲む

日頃から意識的にお水を飲むことは大切です。

水分不足に陥ってしまう方の多くは日頃からあまりお水を飲まない傾向にありますし、必要最低限のお水しか補給していない傾向にあります。

では具体的に、どれくらいのお水を一日に飲めばいいのかということですが、目安としては1.5リットルと言われています。

これくらいの量のお水を意識的に飲んでいればしっかりと水分を補うことができますし、血液の循環も良くなるでしょう。

また塩分過多になっている場合でも、体内で塩分濃度をお水が薄めてくれますし、適度に体外へ排出してくれます。

人間は排泄だけでなく発汗によっても水分を失ってしまいますし、知らず知らずのうちに水分が失われていることも多々あります。

そうした失われる水分を補うためにもしっかりと意識的に水分補給を行うことが大切です。

生活習慣を見直す

塩分過多に陥ってしまう原因の多くは食生活に偏りがあるケースです。

昔のような一汁三菜のバランスがとれた食事を日頃から心がけている方もおられるでしょうが、現在では手軽に食べられるものもたくさんありますし、ファーストフード店やコンビニへいけばいくらでも手軽に食べれるものが手に入ります。

ファーストフードやコンビニ弁当などにはたくさんの塩分が使われていますし、こうした食生活を続けているとどうしても塩分過多になりやすいのです。

そのためまずは、日頃の生活習慣、食生活を見直すということが大切になってきます。

自分で思っている以上に塩分を過剰に摂取しすぎていることも多々ありますから、一度日頃どんなものを食べているのかノートなどに書き出してみるのも良いかもしれません。

最近では減塩をアピールした調味料なども市販されていますから、そうした調味料を使うのもおススメです。

日頃から塩分過多にならないよう注意しながら生活しましょう。

危険性を意識する

水分不足や塩分過多になったところで大したことはない、と高を括っている方が多いのも問題です。

ここまででお話してきたように塩分過多や水分不足にはさまざまな健康被害をもたらす可能性がありますし、時に重大な病気を引き起こすようなこともあります。

実際にそのような状況に置かれてから後悔しても遅いですから、水分不足や塩分過多によって重大な健康被害が起きる可能性、危険性があるということを意識することが大切です。

こうしたリスクを意識できていれば生活習慣にも気を使うようになるでしょうし、こまめな水分補給を行うようにもなるでしょう。

また減塩に対する意識も芽生えるでしょうし、健康体に一歩近づくことができます。

水分不足や塩分過多によってどのような健康被害が起きるのかを知り、危険性を熟知していれば今後に活かすことができるでしょう。

お水は人間の源


すでにお伝えしてきたように、お水は人間にとってとても大切なものです。

人体のおよそ6~7割を水分が占めているのですから、その水分が足りなくなってしまうと健康に害を及ぼすのはある意味当然のことと言えるでしょう。

また塩分過多になると、体が自然と塩分を欲するようにもなりますから、常に良質なお水を飲めるような環境に整えておくことも大切かもしれません。

水分不足と塩分過多が健康被害を引き起こすということをしっかりと認識しましょう。

水分不足と塩分過多に注意しましょう

健康的な毎日を送るためにも水分不足と塩分過多にならないよう十分注意する必要があります。

体内の水分が少なくなることと塩分量が多くなってしまうことにはさまざまなリスクがあります。

健康生活のためにお水の大切さと減塩の必要性をしっかり考えてください。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る