水分不足の解消は生理痛の解消にもなる?

水分不足解消で生理痛も改善できるといえます


結論からお話しすると、水分不足を解消することによって生理痛を改善することが可能です。

生理中には血液の流れが滞りやすくなります。

これをうっ血と呼びますが、うっ血が起きると腰のだるさや冷え、むくみといった症状が現れます。

また、下腹部に鈍痛を生じますし、鈍い痛みがしばらく続くことも少なくありません。

うっ血は水分不足によって血液がどろどろになり、血流が悪くなることによって生じますから水分不足を解消することによって生理中も改善できるのです。

血行不良が引き起こす生理痛

先ほど少しお話したように、血行不良が原因で生理痛になることは少なくありません。

水分をあまり摂らないようだと体内の水分量が少なくなり、血液もどろどろになってしまいます。

また、うっ血になると体が冷えてきますし、それがまた原因となって血行不良が進みさらに生理痛を酷くしてしまうという悪循環に陥ってしまうこともあります。

生理痛を改善するために

生理痛の原因には水分不足もある、ということが理解できたと思いますが、ここからは具体的な生理痛への対策についてお話したいと思います。

女性によっては生理痛が酷くて日常生活に支障をきたしてしまうようなことも少なくありません。

集中力の乱れにも繋がりますし、仕事に悪影響を及ぼしてしまうこともあるでしょう。

ここでは具体的な生理痛の改善策についていくつかご紹介しますので、生理時の痛みに悩まされているという方はぜひ今後の参考にしてください。

冷え対策をきちんとしよう

女性は男性よりも体が冷えやすいといわれています。

冷え症を自覚している女性はたくさんいますし、小さな頃から冷えに悩まされているという方も少なくないでしょう。

生理痛の原因はいろいろあるのですが、冷えも原因の一つです。

すでにお話したように血行不良が生理痛に大きく関わってきますが、手足や足先などの末端部分を冷やしてしまうと血流が悪くなってしまいます。

全身をくまなく血液が流れることによって冷えを改善できますし、血行不良にならないような対策が必要となるでしょう。

冷え対策の方法もいくつかありますが、普段デスクワークをしている方だと定期的にストレッチをしたり、体を少し動かしたりすることによって冷えの改善効果が期待できます。

また、日ごろから薄着をすることが多いという方はそこも見直してみましょう。

水分補給をしっかりすること

人間にとってお水はとても大切なものです。

人間の体のほとんどは水分によってできていますし、水分不足になることは命にも関わってきます。

しっかりと水分を摂るということはとても大切なのですが、生理痛を改善するためにも水分はきちんと補給しなくてはなりません。

水分不足になってしまうと体内の水分量が少なくなってしまいますし、血液もドロドロになってしまいます。

血液が水分不足によってドロドロになってしまうと自然と血流が悪くなってしまいますし、それが冷えに繋がります。

それが原因になって下腹部の鈍痛につながることがありますから、生理中にはしっかりと水分補給することがおすすめです。

血流が悪くなってしまうとそれが冷えも引き起こすことになりますし、体が冷えるとさらに血流が悪くなってしまうというのは先ほどすでにお話しました。

どんどん負のスパイラルに陥ってしまいますから、悪循環を断ち切るためにもしっかり水分補給しましょう。

食生活も見直そう

食生活を見なおすことも大切です。

現代では食べたいものをすぐに手に入れられるような環境が整っていますし、毎日ジャンクな食べ物ばかり口にしているという方もおられるでしょう。

毎日自宅で食事を作っているという方がいる一方で、コンビニのお弁当やファーストフード店の食事で済ませているという方もいるはずです。

ジャンクフードやケーキ、お菓子などにはたくさんの脂肪分が含まれていますが、脂肪分は肝機能を低下させてしまう恐れがあります。

肝機能が低下するとホルモン代謝に影響を与えてしまいますし、それが生理痛に関わってくることもあります。

女性だと甘いものが好きという方は多いと思いますが、せめて生理中くらいは脂肪分の多い食事を回避してみてはいかがでしょうか。

水分不足が生理痛を引き起こす


すべての生理痛が水分不足によるもの、とは断言できませんし、実際生理痛になってしまう原因は水分不足以外にもいろいろ挙げられます。

しかし、ここまででお話してきたように生理痛と水分不足には切っても切れない関係があるのも事実です。

水分不足になると血液がどろどろになり血行不良が起こり、それが冷えの原因となり結果的に生理痛が酷くなるという流れです。

このように、水分不足が一つの原因であることは明らかですから、そこを改善してあげれば悩める生理痛も改善は可能でしょう。

しっかり水分補給しましょう

体を冷やさないため、血流をよくするためにも水分補給はしっかりと行いましょう。

1日に2リットル程度のお水を飲むのがよいといわれていますから、これくらいのお水の量を目安にしてみてはいかがでしょうか。

きちんと水分補給をしてツライ生理痛から解放されましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る