こむら返りの原因の一つに水分不足があるの?

水分不足で栄養不足になりこむら返りが起こるといえます


こむら返りとは、足の筋肉がけいれんを起こしてつったような状態になることを指します。

こむら返りの原因の一つに、水分不足があります。

水分不足が起こると血液が濃縮され、いわゆるドロドロした状態になり、
その結果、筋肉が収縮を起こしやすくなってこむら返りになるのです。

また大量の汗をかいて水分不足でこむら返りが起こることもあります。

汗をかいた場合水分だけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養分が不足するからです。

栄養不足もこむら返りの原因になる

大量の汗をかくと水分不足になるだけでなく、ビタミンやミネラルなどの栄養分も不足します。

ビタミンやミネラルが体内で不足すると、筋肉や神経が興奮しやすくなります。

また疲れやすくなることから、こむら返りが起きると考えられているのです。

水分だけでなく、ミネラルを補給することが大事です。

水分不足を起こさずにこむら返り対策をしましょう

こむら返りが起きると、足をしばらく動かせなくなります。

こむら返り対策をするためには、水分不足を起こさないように心がけることが大事です。

では具体的にどのように水分補給をすればいいか、以下で詳しく紹介します。

のどが渇く前にこまめに水分摂取すること

こむら返り対策をするためには、とにかくこまめに水分を摂取することが大事です。

水分摂取の基本は、のどが渇く前にこまめに飲むことがポイントです。

のどの渇きを感じてから水分を摂取してもすでに遅いといわれています。

しかし、一度に大量の水分を摂取するのは難しいでしょう。

そこでおすすめなのが、一度当たりの摂取量を少なくして、頻繁にお水を飲むように心がけることです。

たとえば朝起きた時や夜眠る前にコップ1杯のお水を飲むように習慣づけます。

また食事の前後にコップ1杯のお水を飲むように気をつければ、1日当たり十分な水分を摂取できるでしょう。

ただしアルコールやコーヒーなどのカフェインが多く含まれている飲み物で水分摂取を賄うのは、あまりお勧めできません。

アルコールにもカフェインでも、利尿作用があるからです。

水分を摂取しても、尿でどんどん水分が出ていってしまうため、こむら返りのリスクを軽減できません。

就寝中にこむら返りが起きることに注意

こむら返りの起きるシチュエーションとして、運動中とともに多いのが就寝中です。

就寝中にこむら返りが起きるのは、水分不足が関係しているかもしれません。

そこで眠る前に水分摂取する習慣をつけることが大事です。

医師の見解としては、おちょこ2杯程度の水分を眠る前に摂取するのがおすすめだそうです。

また人によっては、眠っているときにトイレに何度か起きるという人もいるでしょう。

トイレで排尿すれば、その分体内から水分が失われているわけです。

ですからトイレに起きた時には、2~3回うがいをしましょう。

そのうえで先ほど紹介した、おちょこ2杯程度の水分を摂取することです。

このように就寝中に水分が失われることを想定して、お水を飲むように心がけましょう。

こむら返り対策にはミネラルウォーターがおすすめ

水道水などでこむら返り対策をするのも効果があります。

しかしより理想的なのは、ミネラルウォーターを使って水分補給することです。

こむら返りは水分不足のほかにも、ミネラルやビタミンが不足していることも原因の一つとなっています。

ミネラルウォーターであれば、ミネラルも同時に摂取できるわけです。

ミネラルにはいくつか種類がありますが、その中でも筋肉の収縮にかかわっているのがカルシウムとマグネシウムです。

カルシウムには筋肉の収縮・マグネシウムは筋肉の弛緩に関係しているといわれています。

ミネラルウォーターの摂取だけでなく、カルシウムとマグネシウムを多く含む食品を普段から意識して食べるのもおすすめです。

カルシウムは乳製品や小魚に多く含まれています。

また干しシイタケにはカルシウムの吸収効率を高める効果があるといわれているのです。

一方マグネシウムは貝類や納豆、昆布、魚類に多く含まれています。

また梅干しやレモン、リンゴ、オレンジにはマグネシウムの吸収を高めるので、これらを意識して摂取していきましょう。

高齢者に起こりやすいこむら返り


こむら返りは一般的な傾向として、年齢が高くなればなるほど起こりやすいといわれています。

ですから中高年に差し掛かっているのであれば、意識して水分補給するように心がけた方がいいでしょう。

では若い人にはこむら返りが起こらないかというとそうではありません。

過激なダイエットをしているなどで食生活の栄養バランスが崩れている、運動不足になっているとこむら返りの起きる可能性は高まります。

そのほかには肝臓病や糖尿病で薬物療法を行っていると副作用としてこむら返りが起こりえます。

こむら返りを起こさないためにはこまめに水分摂取をしましょう

このようにこむら返りと水分不足は密接に関係しています。

もしよくこむら返りを起こすようであれば、コップ1杯のお水を摂取するように心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る