SPサイトはこちら

ウォーターサーバーでの災害備蓄

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
お水について-アルピナ災害備蓄

いつ来るか分からない災害に備えて、備蓄用のお水にアルピナウォーターを

地震、洪水、大雪など大きな災害が起こりライフラインが寸断されると、「お水」の確保が困難になります。
国や自治体の公的支援が始まるまでには約3日かかると言われ、それまでの間、自力で持ちこたえるための備蓄が必要です。

アルピナウォーターが災害時に強い理由

普段使いでそのまま備蓄水に

普段使いでそのまま備蓄水に

備蓄には保管場所や賞味期限の管理が必要です。アルピナウォーターは未使用のお水をストックするのとは違い、普段使いしているお水がそのまま備蓄に使えるので、非常時でも新鮮なまま(賞味期限は未開封の状態で1年間)。過剰な保管スペースも不要です。

停電しても使えるウォーターサーバー

停電しても使えるウォーターサーバー

ウォーターサーバーは、停電時でもボトルがセットされていればお水が出る構造です。電気を必要とするのは冷水・温水の利用時だけで、常温水は停電しても変わらずお使いいただけます。

備蓄に必要な量は?

1人1日3リットルのお水を人数分×3日分用意

1人1日3リットルのお水を人数分×3日分用意

人が1日に必要なお水は約3リットルと言われています。応急給水が始まるまでに約3日かかることを考えると、4人家族の場合、最低でも36リットルの備蓄水が必要。アルピナ12リットルボトルなら3本分に相当します。

オフィスでの災害に備えて

備蓄イメージ

リスクマネジメントの観点から、「水」を備蓄する法人様が増えています。帰宅困難になった社員の対応や、緊急時の事業継続のためなど、備えの有無が被害の大きさにも影響します。

地震で断水してしまいましたが、アルピナがあったおかげで、飲み水が確保でき大変助かりました。
皆様のおかげです。どうもありがとうございました。

千葉県 T様

帰宅難民になりましたが、会社にはアルピナがあったので、飲料水の心配もなく、皆で非常食のカップ麺を食べました。緊急時でしたが、備えがあるということだけで、気持ちにゆとりが生まれました。

東京都 H様

先日の震災日、帰宅困難の方を30名程受け入れた際、高校生~会社員・高齢者と年齢幅がありましたが、皆様に”命の水”と喜ばれました。

神奈川県 C様

大雪で道路事情も悪いのに、きちんと届けて下さって本当にありがとうございます。
雪で買い物に出ることもままならなかったので大変助かりました。

埼玉県 Y様

震災で自宅は半壊しましたが、ウォーターサーバーがあったから断水しても大丈夫でした。
行列に並び、水を買いに行かなくて済んでいます。

茨城県 K様

震災後しばらくの間、どこのお店に行ってもお水のペットボトルはなくなっていましたが、アルピナのおかげで子供のミルク用のお水は確保できていました。
常にお水があるのはとっても心強いです。

東京都 E様