コーヒー豆のオークション「カップ・オブ・エクセレンス」|アルピナ小径-椎名香のおいしいコーヒーコラム|ウォーターサーバー・水の宅配、-アルピナウォーター【公式サイト】

アルピナ小径 - 椎名香の美味しいコーヒーコラム|ウォーターサーバーの宅配

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
自家焙煎コーヒーショップ「南青山マメーズ」椎名香の美味しいコーヒーコラム

自家焙煎コーヒーショップ「南青山マメーズ」椎名香の美味しいコーヒーコラム

mixi
Vol.007
コーヒー豆のオークション「カップ・オブ・エクセレンス」
2011.11.9 written by Shiina Kaoru
コーヒー生豆

生産国の多くで、今やコーヒー豆のオークションが行われています。

このオークションも、コーヒーの味を客観的に評価する「スペシャルティ・コーヒー」が定着したからこそ、コーヒー豆の評価に序列をつけることができるようになり、可能になったことなのです。

現在オークションで有名なのは、「カップ・オブ・エクセレンス」というオークションで、ブラジルはじめ、コロンビア、グアテマラなど、各国の優秀なコーヒー豆が、国ごとに毎年ノミネートされ、その味の優劣を競い、インターネットを通じて、世界中から買い手が集まっています。

前回お話した平和と豊かさに加え、このインターネットの産地への普及というのも、美味しいコーヒーを産み出すには、非常に大きな力となりました。

特に標高の高い山間部の農園では、仲買人がコーヒー豆を買い集め、港に集積して輸出するのが一般的だったのに対し、インターネットオークションでは、最終顧客である消費国の人々が直接買い付けるのですから、その評価と対価は、非常に高いものとなり、良いコーヒー豆を生産しようという気概をさらに高めることとなったのです。

昨今の美味しいコーヒー豆の背景には、このような大きな流れがあること、お分かりいただけたでしょうか。

では、次回からは、そろそろ焙煎の話に入ってゆきましょう。

border

Profile

南青山マメーズ 椎名香

椎名香

Kaoru Shina

新しいスタイルの自家焙煎ブランド「南青山マメーズ」を主宰。


ブレンドを全てスペシャルティコーヒーで構成し、その内容をすべてオープンにするなど、今までのコーヒー業界の常識にとらわれず、「美味しさ」をいかに納得できる形で実現できるか、日々探究している。


業務用まで含めて「焙煎日」を明記する鮮度へのこだわりなど、「南青山マメーズ」の商品、そしてセミナーなどを通じて、もっとも新しい「コーヒーの今」を伝えることに邁進中。

http://www.mames.jp/

〒144-0052

東京都大田区蒲田1-18-5

 

(JR蒲田駅東口より徒歩7分、京急蒲田駅西口より徒歩7分)

border