アルピナ小径 - アルピナウォーターのおいしいレシピ|ウォーターサーバーの宅配

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
  1. ウォーターサーバー|ホームの中の
  2. お水についての中の
  3. アルピナ小径の中の
  4. アルピナウォーターのおいしいレシピ
アルピナウォーターのおいしいレシピ

アルピナウォーターのおいしいレシピ

mixi

Vol.040

冷やしジェノベーゼはじめました

2017.8.22 written by Hajime Yokoe

暑いときにはどうしても冷たいものが食べたくなりますね。麺類が好きな方には、そば、ひやむぎ、そうめん、冷やし中華は夏の定番メニューでしょう。 今回はバジルでスッキリした冷製のパスタを作ってみました。バジルはトマトやオリーブオイルととても相性が良いです。材料は少し多めですが、作り方は簡単です。


ジェノベーゼ

【材料(2人前)】

パスタ(細めのフェデリーニもしくはカッペリーニ) 160g
トマト 100g
オリーブオイル(エクストラバージン) 大さじ2
レモン汁 少々
少々
こしょう 少々
   
■ジェノベーゼソース(少し多めに作ります)
バジル (葉のみ) 30g
パルメザンチーズ 40g
松の実 40g
クルミ(無くても可) 15g
ニンニク 1/2片
オリーブオイル(エクストラバージン) 150ml
少々
こしょう 少々
1.

ジェノベーゼソースを作る

ジェノベーゼソースは非常に使い勝手が良いので少し多めに作っておきます。
くるみ、松の実は、軽く煎って、バット等に広げて冷ましておきます。ニンニクは荒みじんにカットします。全ての材料をミキサーなどでなめらかになるまで撹拌します。ミキサーがない場合はすりこぎでなんとか頑張りましょう。最後に塩、こしょうで味を整えて出来上がり。
出来上がったら冷蔵庫で冷やしておきます。


2.

ジェノベーゼソースとトマトを和える

トマトをさいの目にカットし、作っておいたジェノベーゼソース(大さじ4くらい)を加え、さらにレモン、オリーブオイルを加え、塩、こしょうで味を整えておきます。
出来上がったら冷蔵庫でよく冷やしておきます。


3.

パスタをゆでる

たっぷりの湯に塩(湯量の約1%程度)を加え、少し固めになるまでゆでます。
ゆで上がったら冷水で冷やしておきます。


4.

仕上げ

冷やしたパスタの水をしっかりと切って大きめのボウルに移し、予め和えてあるトマトの半量程度とジェノベーゼソースを加えます。加えるジェノベーゼソースの量はお好みで調整して下さい。
更に盛り付け、残りの和えてあるトマトをのせ、バジルの葉(分量外)を一枚のせて飾り付けて出来上がり


5.

余ったジェノベーゼソースの保存

ジェノベーゼソースは使い勝手がよく、パスタ以外にもカルパッチョやサラダに使用しても美味しいです。作ったら早いうちに使い切ってしまうのでベストですが、冷凍保存も可能です。保存袋などに入れ、薄く広げて冷凍すれば解凍も早いですし、使う分だけ包丁で切り出すことも簡単です。

横江 肇

Hajime Yokoe


北海道札幌市生まれ。

上京後、出版社にてカメラマン、WEB制作業務に13年間携わった後「株式会社イタレリ」を設立。

料理、水耕栽培、機械加工、ガラス工芸、彫金、船舶、釣りなど、多種多様な趣味を持つ。自宅の一室は工場のようになっており、引っ越しの度に業者につらい思いをさせてしまっている。

また、最近は会社のバルコニーを野菜農園にしようと企てている。