アルピナ小径 - 水のある暮らし|ウォーターサーバーの宅配

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
水のある暮らし

水のある暮らし

mixi
09.6.25
地下の川
written by alpina water staff-ASH

あたたかくなってくると、いつもニューヨークの地下鉄を思い出します。

鉄柵の囲いと「M」印の看板のついた無愛想な入り口から階段を下りると、薄暗い照明のむき出しの鉄骨とコンクリートのさらに無愛想な空間。

時々パフォーマーがいて音楽をやっていたりする。

夏は強い消毒薬の匂いとかすかな饐えたにおいが混じりあって漂ってきます。

それというのもニューヨークの地下鉄は大変湧き水が多く、メンテしないで放っておくと一週間で全てが地下の川になってしまうからだそうです。

八十年代の地下鉄は危険の代名詞でしたが、九十年代に入ってから改善が進み、今ではそれほど危ない思いをしないで済むと思いますが、くれぐれもご用心を。

あるとき午前1時ごろとあるミッドタウンの駅に入ったところ、頭から血を流した若いおねえさんが「強盗に会ったの。」とチケット売り場に助けを求めていたのを目撃してしまいました。

ホームで待っていると、ステンレス製のぎらぎらした車両がやってきます。

座席はいたずらを防ぐためか公園のベンチのようなプラスチック製。

「Stand clear! Doors’ closing. 離れて下さい。

ドアが閉まります。」というブッキラボウなアナウンスのあと、凄い勢いでドアが閉まり、「Next XX street! 次はXX丁目」というアナウンスとともに、ガガガガガなどとという音とともにジェットコースターも真っ青な強烈な加速が始まります。

日本の最近のモダンな洗練された地下鉄駅とは恐ろしく異なるのですが、あの日常の生活に根を下ろしている感じを懐かしく思い出します。

そういえば、モスクワの地下鉄は駅構内は彫刻やらシャンデリアやらで超豪華、でも乗車すると「アスタロージナ・ドヴェーリ ザクリバーイェッツァ 注意してください。

ドアが閉まります」というやけに甘ったるい声のアナウンスのあと、本当に凄い勢いでドアが閉まり、ガガガガガなどという音とともにジェットコースターも真っ青な強烈な加速が始まるのでした。

ニューヨークの地下鉄
border

Profile

アルピナウォータースタッフASH

ASH

アルピナウォータースタッフのASHです。


昔昔、貧乏旅行が趣味でした。

暇をみつけては色々な場所に出かけたものです。(とはいっても本格的な旅人の方々から見ると、お笑いなのですが)

私の今の旅行はもっぱらGOOGLE EARTHです… 早いし安いし。


そんな中から『水』にまつわる思い出を書いてみたいと思いますので、お付き合い下さい。

情報は古いですから、ご旅行の参考にはなりませんっ。

border