アルピナ小径 - 水のある暮らし|ウォーターサーバーの宅配

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
水のある暮らし

水のある暮らし

mixi
09.8.13
本屋さんとカフェとCDショップと
written by alpina water staff-ASH

本屋さんが好きです。

書棚の前で面白そうな本を物色し、表紙のデザインを眺め、手にとって中のレイアウトや段組を眺め、内容をざっと斜めに見て、真新しいインクの匂いを嗅ぎながらさて何度も読み返す気になるような本なのかどうか悩んでいるのはとても幸せな時間です。

しかし本屋さんを利用する際の不文律は「できるだけ早く内容をチェックし、できるだけ多くの必要な本を、できるだけ短時間に購入すること。」というもの。

立ち読みは罪悪ですが、かつては座り込んで未購入の本を読むなどは人倫に悖る大罪でした。

いまでこそ大型の本屋さんに行くと椅子やソファが設置してあることがありますが… アメリカの本屋さんでは、さらに小型のかばんでも入店の際に預ける必要がある場合があり、場合によってはお店を出る際にレシートとショッピングバッグの内容を照合されることすらあります。

ある日、マンハッタンのBではじまる書店に始めて連れて行ってもらったときの事、「ここでは座り読みOK、売り物の本の店内カフェ持込OK、CD、パソコンソフト併売。」などと聞いていて、大変楽しみにしていました。

実際にその広大な店内を覗き込むとソファに寝っころがるようにして立ち読みならぬ寝読みをしていたり、併設カフェで本を開いたりしている人たちが多数。

ところが友人の一人がかなり大型のボストンバッグを持っているのです。

そこで入り口の店員さんの黒人青年に「これは預けた方がいい?」と聞いたところ、彼はにっこり笑って首を横に振り、「必要ないよ。どうぞ持っていて。」とのこと。

一瞬彼が本の楽園からきた天使のように見えました。

しかしその後すぐネットでのオンライン書店が立ち上がりはじめて、ネットビジネスのさきがけとしてもてはやされる時代がやってきます。

IT関連のセミナーなどに出席すると、有名オンライン書店と対比されて、B社がネットへの取り組みの少ない「遅れた」企業に分類されていて、なんだか自分の価値観を否定されたような気持ちになったものでした。

angel
border

Profile

アルピナウォータースタッフASH

ASH

アルピナウォータースタッフのASHです。


昔昔、貧乏旅行が趣味でした。

暇をみつけては色々な場所に出かけたものです。(とはいっても本格的な旅人の方々から見ると、お笑いなのですが)

私の今の旅行はもっぱらGOOGLE EARTHです… 早いし安いし。


そんな中から『水』にまつわる思い出を書いてみたいと思いますので、お付き合い下さい。

情報は古いですから、ご旅行の参考にはなりませんっ。

border