アルピナ小径 - 水のある暮らし|ウォーターサーバーの宅配

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
水のある暮らし

水のある暮らし

mixi
11.02.08
Wish Tree
written by alpina water staff-ASH

ペギー・グッゲンハイムさんのことは、昨年ご紹介させていただきました。

鉄鋼王、グッゲンハイム一族の「跳ね返り」お嬢さん、現代美術のコレクターとして ヨーロッパを舞台に活躍された方で、今そのお宅がグッゲンハイム美術館の分館になっています。

ペギーさんのお墓に詣でてきました。

お墓といっても、美術館の庭の一番端を区切って、壁に墓誌を刻んだだけのとてもシンプルなものです。

ご本人のほか、歴代の飼い犬たちの名前と生没年が「私の可愛い子供たち」と刻まれていて、中には似たような名前でほぼ同じころに亡くなっているものもいるので、非常な愛犬家だったことがわかります。

このお墓の隣に一本の木があります。

それはなんと呼ばれる種類かは分かりませんが、オリーブのような緑の濃い背の低い木で、木の下にはプラスチックの小さなカードケースにライトブルーの縁取りのあるカードと鉛筆が納められています。

これは実はオノ・ヨーコさんの「ペギーに捧ぐ」作品で、タイトルが「Wish Tree」と付けられています。

参観者が自分の願いをカードに記して、この木の枝に突き刺していくという参加型の作品になっています。

「木が皆の願いで一杯になるまで。

」カードを付けて欲しい、というオノ・ヨーコさんのメッセージがあり、見ていると若いカップルや子供たちが次々と願いをカードに記していきます。

木は、丁度日本の神社のおみくじを結ぶ木のように、もうすぐ願い事で一杯になりそうです。

プライベートでは結婚に破れたり、才能ある娘さんを早くに亡くしたりしたペギー・グッゲンハイムさんでしたが、愛犬たちや皆の願い事に囲まれて、少しもさびしくなんかない、という様子。

亡くなって後も、ハンサム・ウーマンです。

木
border

Profile

アルピナウォータースタッフASH

ASH

アルピナウォータースタッフのASHです。


昔昔、貧乏旅行が趣味でした。

暇をみつけては色々な場所に出かけたものです。(とはいっても本格的な旅人の方々から見ると、お笑いなのですが)

私の今の旅行はもっぱらGOOGLE EARTHです… 早いし安いし。


そんな中から『水』にまつわる思い出を書いてみたいと思いますので、お付き合い下さい。

情報は古いですから、ご旅行の参考にはなりませんっ。

border