アルピナウォーターのふるさと大町市

自然の呼吸を感じる町、大町 工場のある大町市について、詳しくご紹介します。

大町市は長野県安曇野市の北に位置する、人口約3万人の町で、西部には標高3000mの広大な北アルプス、そして東部には1000m近い山々がそれぞれ連なり、アルプス探訪の拠点、また立山黒部アルペンルートの玄関口として有名です。

自然豊かな北アルプスの麓に抱かれたこの地に生息する、ニホンカモシカやライチョウは国の特別天然記念物にも指定されており、工場付近にもその姿を現します。

毎年4月、雪の壁とともに始まるアルペンルートは、その圧倒的な迫力の絶景から見る者を虜にします。夏でも朝晩の気温は、平均15度程度と大変涼しく、下界の暑さと喧噪を忘れさせてくれます。秋には赤や黄色だけでなく豊富な色彩による紅葉が山々の頂から麓へと降りてきます。冬は工場付近の積雪は50cmから1メートルにもなり、夜には、満天の星空と静寂に包まれて、素晴らしい大町市の夜景を体感できます。

大町市出身の方が東京に引っ越されて、一番辛かったのが、なんと「お風呂」だそうです。それというのも東京の水道水で沸かしたお風呂は、カルキの匂いが強くてどうにもたまらなかったそうです。

また、ハワイウォーターの関係者が、大町工場を訪れた時は「実は東京に来ると、汚れた空気のせいで、三日間で体調が悪くなってしまうんです。大町に泊まっているとすっかり気分が良くなりました。ここの空気は本当ににすばらしいですね。」との話を聞いたことがあります。

こんな大町市ですから、アルピナの原料となる水のクオリティは日本屈指と言っても過言ではありません。

今後もこの素晴らしい環境を守りながら、皆様にアルピナをお届けしてまいります。

大町の観光スポット

スキー・スノーボード

雄大な北アルプスを背景に白銀のゲレンデでスキー&スノボをたっぷり楽しめます。

温泉

北アルプス山麓の雄大な自然に囲まれた湯の里大町温泉郷。日帰りでもお楽しみ頂けます。

登山

「岳都」とも愛称される大町。北アルプスの眺望や山懐の奥深い大自然を楽しめます。
長野県大町市観光協会公式サイトはこちら
12リットルボトル\995(税込)/1本