アルピナウォーターが届くまで

製品について

アルピナウォーターが届くまで

北アルプスの大自然に育まれ、徹底された品質管理のもとアルピナウォーターは生まれます。

誰でも安心して飲めるピュアウォーター【アルピナ】の、採水からお届けまでの工程をご紹介します。

①水源

水源

「日本の屋根」北アルプスに降った雪は、標高1220メートルのアルピナウォーターの水源地に大量の湧き水となって湧き出します。

②工場

工場

アルピナ工場は、普通の「工場」としての立地条件としては少し変わった場所にあるかもしれません。「水源」に極めて近いためです。

また、アルピナ製造工場(100%子会社アルプスウォーター(株))は、リターナブルボトルの製造工場としては日本で初めてISO22000(※)の認証を取得。その確かな品質が裏付けられました。


※ISO22000とは? ISO9001とHACCPの2つの概念を融合して開発されたフードチェーン(食品の生産から消費者に届くまでの全ての段階)全体における食の安全を守るための国際規格です。

③幾重もの濾過

幾重もの濾過

そのまま飲んでもおいしい原水ですが、活性炭やその他フィルターを通して不純物を除去します。