アルピナウォーターのウォーターサーバーってどんなもの?

ウォーターサーバーレンタルのアルピナウォーター
フリーダイヤル
webお申し込みはこちら!
ご注文の流れ
  1. ウォーターサーバーのアルピナウォーターTOP
  2. の中のウォーターサーバーについて
ウォーターサーバーについて

アルピナとウォーターサーバーのある生活

アルピナウォーターとサーバーのある生活

毎日の生活に欠かせないお水。ウォーターサーバーを使えば、毎日の暮らしがどう変わる?


すぐにお茶コーヒー、赤ちゃんのミルクが作れたり、重いものを運ばなくともよくなったり、


冷蔵庫がすっきりしたりと生活が便利・快適でハッピーになります。


そんなウォーターサーバーのある生活を少しのぞいてみませんか?

ウォーターサーバーがあることで便利になること
もう重くない 手間取らない ごちゃごちゃしない

アルピナならお電話、ネット、携帯などのご連絡一本でご自宅まで無料で配送します。もう重いペットボトルをスーパーやショッピングセンターから持って帰ることはありません。

ウォーターサーバーからは約5℃の冷水と85℃のお湯がいつでも使えますので、お湯を沸かす手間なくすぐにお茶やコーヒー、紅茶、赤ちゃんのミルクなどを作ることができます。

アルピナならもう冷蔵庫がペットボトルでいっぱいになったり、たくさんの空ボトルをゴミの日を待って処分したりすることはありません。

エコサーバー

床置き型

価格

1ヵ月レンタル料金 ¥872(税別)

サーバーの機能

温水/冷水機能
80度以上の温水、10度以下の冷水がいつでも使えます。
簡単ボタン操作により、給水・給湯します。


ダブルチャイルドロック
小さなお子様の手が届きにくいサーバー上部の温水ロックボタンに加え、操作パネル内にある2重のチャイルドロック機能で、お子様の火傷やイタズラを防止します。

※小さいお子様がいらっしゃるご家庭には、こちらのサーバーをお勧めします。


自動クリーニング
サーバー内部を温水循環により1週間に一度、自動的にクリーニング。サーバー内部を衛生的な状態に保ちます。

ECOモード
スタンダードサーバーと比較して約35%の消費電力をカット。 さらにECOモードの利用により、7%〜10%の節約、最大42%の省エネを実現しました。

洗練されたデザイン
やや丸みを帯びたデザインは、よりスリムな印象に。最新機能を搭載しながらも、そのシンプルなデザインは、リビングやキッチンなど、どんな空間にも馴染みます。

・サーバーレンタル料金は設置翌月より発生いたします。
・4年に一度、定期メンテナンス(無料)を行います。
・明らかに故意でないサーバー故障時のメンテナンス、修理は無料です。
・サーバーのデザインは変更になることがあります。
・設置時には放熱の関係上、サーバーの実寸よりひとまわり大きい設置面積が必要になります。

スタンダードサーバー

床置き型

卓上型

価格

1ヵ月レンタル料金 ¥572(税別)

サーバーの機能

温水/冷水機能
約85℃の温水と、約5℃の冷水がいつでも使えます。停電時でも、常温の水が使えます。


チャイルドロック
温水蛇口にはロック機能がついているので軽く触れただけではお湯が出ない仕組みになっています。
また、冷水蛇口にもオプションで取り付け可能です。

※ロック機能はついておりますが、お子様が蛇口を握ってしまうなどにより、お湯が出て火傷をする危険がございます。また蛇口にぶら下がる等、イタズラにより負荷がかかり、サーバーの転倒など起こる可能性がありますので、安全のためお子様だけでのご使用やイタズラには充分ご注意下さい。

・サーバーレンタル料金は設置翌月より発生いたします。
・2年に一度、定期メンテナンス(無料)を行います。
・明らかに故意でないサーバー故障時のメンテナンス、修理は無料です。
・サーバーのデザインは変更になることがあります。
・設置時には放熱の関係上、サーバーの実寸よりひとまわり大きい設置面積が必要になります。

ウォーターサーバーのメンテナンスについて

便利なウォーターサーバーですが、口に入るものを扱う製品である以上、プロのメンテナンスは必要です。
アルピナウォーターでは、2年に1回サーバーメンテナンスとして、サーバーをまるごと交換します。
交換された後のウォーターサーバーがメンテナンスされて生まれ変わる工程をご紹介します。

すべての部分を丁寧に外し、不具合のあるものや経年劣化のあるものをチェックして取替えます。

分解

取り外した部品を念入りに洗浄します。

パーツ
超音波と電解水による洗浄後、洗剤で念入りにこすり洗いしをしてすすいだのち、消毒します。

パーツ

ボディ
傷のチェック後、高圧洗浄機にて洗浄します。

ボディ

機械・配線部分
エアダスターでホコリをきれいに落とします。

機械

サーバー内部
温水で清掃後、オゾン水でタンク内をくまなくすすぎます。

サーバー内部

パーツ、サーバー内部共に水滴がなくなるまでしっかり乾かします。

乾燥

洗浄・消毒した各パーツとボディを元の形に組み立てます。

組立

部品の取付に緩みがないか検査をします。
また、温度に異常がないか、水漏れがないかなどの最後の点検をします。

検査・点検

全ての点検を完了し梱包してお客様の元にお届けする日まで保管します。

梱包・出荷