ミネラルウォーターで便通をよくし便秘を改善

ミネラルウォーターで便通を促して便秘改善

ミネラルウォーターで便秘改善
意外と多くの方が苦しめられているものとして便秘が挙げられます。
すぐに体調を崩すものではないにしろ、便通が悪くなってお腹が張っていく感覚は不快で苦しいものです。

その解消方法としてはいろいろとありますが、ミネラルウォーターを飲むと効果的という説もあります。

毎日一定量のミネラルウォーターを飲めば、便通がスムーズになって便秘が解消されるというのです。

これにはミネラルウォーターが持つパワーと、またこまめな水分補給ができるという点から注目される便秘解消法です。

便を柔らかくして腸の動きを促す

ミネラルウォーターがなぜ便秘改善に役立つのかというと、それは何よりお水であるということと、そこにミネラル分が多く含まれることによります。

お水を一定量飲むことで腸にたまった老廃物に水分が行きわたって固さを解消できるだけではなく腸の動きも促してくれる効果が期待できます。

さらに、お水に含まれるミネラル成分もスムーズな便通を助けてくれるのです。

より効果的な飲み方を覚えておけば、スッキリ快便が期待できます。

便秘を改善!ミネラルウォーターがもたらす便通効果

もともと、お水を飲むことが健康な体に導く方法であるとはよく知られている話です。
特にミネラルウォーターを毎日飲むと体がすっきりしてくるという効果は期待できるものです。

ではなぜすっきりするのか、その仕組みにミネラルウォーターと便秘の関係性の秘密が隠れています。

便の水分不足を解消する

便秘に陥ってしまう原因には、運動不足やストレス、バランスの偏った食事などいろいろなものがあります。

これらは腸の動きが鈍ることも一因ですが、便に水分が足りず固くなってたまってしまうことで、余計に排出しにくくなっていることも考えるべきなのです。

固い便はそのまま腸内にとどまりやすくなってしまいますが、便が水分を含んで柔らかくなるとその分腸内でも動きやすくなり、スムーズな便通につなげることにもなるのです。

ミネラルウォーターを飲むことで腸内に水分が行きわたるようになり、固くつまってしまった便を柔らかくすることができるというわけです。

腸の動きを活発にする

便秘とは、腸内につまってしまった便が固くなって出にくくなっていることはもちろんですが、腸が便を排出する蠕動運動が鈍くなっていることが大きな原因です。
そこで、鈍くなってしまった腸に適度な刺激を与えることで腸の動きを呼び覚ますと便通が促されやすくなります。

その起爆剤となるのがお水を飲むこととなるのです。お水の飲み方次第でより効果が発揮されますので、飲み方のコツは押さえておくのがよいでしょう。

ミネラル分が便通に効果

ミネラルウォーターは、地下からくみ上げられた水の中でもミネラル分を含んだ鉱水を指します。

つまり、ミネラルウォーターはカルシウムやマグネシウムといったミネラル分が大なり小なり含まれているのです。

その含有率は種類によって異なりますが、そこに含まれるミネラル分のうちのマグネシウムが便秘解消のカギとなります。

マグネシウムは市販の便秘薬にも配合されている成分です。このマグネシウムには腸内に水分を集める役割があり、たまっている便に水分を含ませることにつながるのです。

この効果によって便が柔らかくなり、便通をよくする作用があるわけです。

便通を整えるミネラルウォーターの飲み方

便秘状態を改善して便通を整えるには、ただミネラルウォーターを飲めばよいというわけでもありません。

その飲み方にはコツがあり、そのポイントを押さえることでより効果的な便秘解消効果が見込めるのです。

  • 基本は1日1.5~2リットル
    お水を飲むときには、目安として1日1.5~2リットルくらいがよいとされています。
    必要な水分量を満たし、また飲み過ぎにもならずといった適切な量がこのラインなのです。
    ただし、一度にこの量を飲むとお腹がお水でいっぱいになってしまい、現実的ではありません。
    そのため、1日のうちに何回かに分けてトータルで1.5~2リットルになる量に調整するのがおすすめです。
  • 朝起きぬけにコップ1杯のお水を
    朝起きたときは、体はまだ完全には起きていない状態です。
    そのため。腸をはじめとした内臓機能もまだ活性化していないのです。
    そこで、朝起きてすぐ、朝食を食べる前にお水をコップ1杯、約200mlを飲むことで適度に腸が刺激され、活動を始めます。
    お水を飲むことで腸の動きを呼び覚ますことができるのです。
  • 1日数回に分けて飲む
    朝一番にコップ1杯のお水を飲んだ後は、朝10時前後・お昼前・15時前後・夕方ごろ・夕食前といったように2~3時間ごとに飲むとより効果的です。
    さらに、汗をかきやすい入浴時の前後と就寝前にも1杯ずつ飲めば、だいたいトータルで2リットル程度のお水を飲めることになります。

このように1日数回に分けて飲むことで、コンスタントに水分補給ができることにもなり、急にたくさんのお水を飲まずともよくなります。
こうしたタイミングでお水を飲むことで、体内の活動も活性化できるのです。

また、運動の前後にもミネラルウォーターでの水分補給を行えば、体内の水分調整にも役に立ちます。

硬度が強すぎるものはお腹がゆるくなることがある

電解質を補給するには
お水の急激な摂取でもそうですが、ミネラルウォーターの中でも硬度がかなり高いものを選ぶのは避けた方がよいとされています。

急にお水を飲み過ぎたり、またマグネシウムを多く含む硬水を選んだりしてしまうと、お腹がゆるくなって下痢を起こしてしまう可能性もあるのです。

腸内に水分が過剰に取り込まれることで、たまっている便が水分を吸い過ぎてしまいます。
それが下痢を引き起こしてしまうことになるため、適量を守ることとできるだけミネラル分が少なめの軟水を選ぶことがポイントです。

適切な量を何回かに分けて飲むのがポイント

ミネラルウォーターが便通をよくして便秘改善につながるとはいえ、ただたくさん飲めばよいわけでもありませんし、場合によっては逆にお腹を壊してしまうこともあります。

快適で自然な便通を促すためには、まず朝一番に飲んで体を起こすことと、適度な量を何回かに分けて飲むことです。



関連記事

ページ上部へ戻る