”水とお茶”健康に良いのはどっち?

水分補給を重視するなら水を飲むこと

お茶とお水
水とお茶のどちらにも水分は含まれていますが、その成分には大きな違いがあります。

お茶は水の中に成分を抽出して作るため、水にはない成分を一緒にとれるメリットも。

しかし、お茶の種類によっては水分吸収を邪魔するものもあります。

おいしく味を楽しんで飲めるお茶ですが、メリットもあればデメリットもあるもの。

そのため、純粋に水分補給をするためであれば水を選んだ方が、きちんと体に水分を取り込めると言えるのです。

お茶よりも水の方が水分を吸収しやすい

例えば日本の水道水は軟水で、吸収の妨げになる恐れのあるミネラルは少量しか含まれていません。

しかしお茶は成分が抽出されて水やお湯の中に溶け込んでいるので、体の中に入ると水分の吸収を邪魔することもあるほか、消化しづらく体に負担がかかってしまう成分もあります。

その点、不純物がほぼない純水であれば体に負担が少なく、毎日の水分補給にはぴったりです。

スポーツ系の部活動を行なっている中学生、高校生にお茶を持たせているお母さんもいるかもしれませんが、スポーツにとってお茶は大事な水分補給の邪魔になりかねないので注意しましょう。

お茶より水が健康に良い理由

お茶は味や香りがついているので飲みやすいため、毎日こまめに飲むなら楽しくおいしく飲めるものを選びたいかもしれません。

しかしお茶は水分以外にさまざまな成分が含まれているため、水分吸収の妨げの恐れや摂り過ぎによる悪影響が出るおそれがあるのです。

それでは多くのお茶に含まれる成分の影響と水がなぜ良いかの理由を解説します。

カフェインのとりすぎは体に悪影響

お茶の中にはカフェインを含むものが多く、適度にとればあらゆるメリットがあります。

しかし摂りすぎると体に影響が出るおそれがあります。

利尿作用によって逆に水分不足を起こす

利尿作用とは体内にたまった余分な水分や老廃物を体外へ出す働きを促進させる作用で、適度に作用すればむくみ防止などに役立ちます。

しかし利尿作用が強すぎると水分が排出され過ぎて水不足になり、むくみを引き起こすという逆効果になってしまうことも。

また、ビタミンやミネラルも一緒に排出されてしまうため、栄養不足で肌荒れを招く可能性もあります。

カフェインで睡眠が妨げられる

カフェインは脳神経に働きかける成分で、一日2杯程度の適量なら眠気覚ましやリフレッシュに役立ちます。

ですが飲みすぎると目が覚めすぎて夜になっても眠れなくなることもあり、それでもたくさん飲み続けていると睡眠障害が現れることもあるのです。

胃酸の分泌を助長してお腹をくだす原因になる

胃酸の分泌促進作用もあるため、程よく飲めば食事の際の消化がスムーズに。

けれど、飲みすぎると胃液がどんどんでて食欲が止まらなくなったり、胃酸の出過ぎで胃痛や胸やけ、不快感など胃が荒れる原因になったりします。

カテキンは摂り過ぎると肝機能障害を引き起こす可能性がある

食事のあとに飲むお茶などとして高濃度カテキンが含まれたお茶が人気ですが、実は毎日たくさん飲むと健康に悪影響が出る恐れがあります。

茶葉からいれた緑茶であっても、毎日1.5リットルも飲んでいれば健康を害する可能性を否定できません。

カテキンは肝臓の働きで消化されますが、どんどんお茶を飲んで体内に入れると肝臓は休む暇がないのです。

それを長く続けていると肝臓は疲れて切ってしまい、肝機能障害を引き起こすことも。

特に一般的な緑茶よりも高濃度カテキンを含んでいるお茶の方が可能性は高くなります。

ちなみに海外ではカテキンを使ったサプリメントを使用した人に肝機能障害が起きた事例が報告されているのです。

このことから、成分の操作がされていない一般的なお茶であれば自然に近いため安心ともいえますが、カテキンが含まれているため大量に長い間飲み続けたことでの影響はないとも言い切れません。

純水ならしっかり水分がとれる

お茶には水分以外の成分が含まれるので、毎日のこまめな水分補給には水が安心です。

しかし水にも種類があり、中にはミネラルがたくさん含まれた水もあります。

すると体質に合わずお腹がゆるくなる人もいるので、せっかくとった水分がムダになるだけでなく体調を崩す可能性も。

そのため、飲む水は純水を選ぶことが大切です。

純水とはミネラルを初めあらゆる不純物をほぼ全て取り除いた水のことで、体への負担が非常に軽くなります。

例えば赤ちゃんの飲む水は体に無理のない純水を、と推奨されているほどです。

水分以外のものが入っていなければ、その吸収を邪魔する働きを持つ成分も入っていないということ。

きちんと体に水分を吸収でき、きちんと潤せることになります。

水分をとっているけれど水不足になることも

水分不足
お茶を水の代わりに水分補給に使っていると、例えば利尿作用のような働きによりせっかくとった水分が体の外へ排出されてしまう心配があります。

すると体は水分が足らなくなり、むくみや便秘などを引き起こしますし、水分はしっかりとっているけれど渇いているという不思議な状態に。

その点からも水分補給にはお茶より水が安心ですが、どうしてもお茶をとりいれたい時は1~2杯程度にしてあとは水を飲むことをおすすめします。

水そのものをこまめに飲むようにしよう

健康のことを考えるのなら、水を毎日こまめに飲みましょう。

少量で適量のお茶であれば嗜好品として楽しんでも構いませんが、水分補給にと考えない方が安心です。

さらに体に優しい水を選ぶ場合は純水にすると誰でも安心して飲むことができます。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る