水の飲み過ぎは健康に悪いって本当?

水の飲み過ぎは水毒症のリスクが高まり健康に被害をもたらします

水毒症
ダイエットのためと水を大量に飲む人も少なくありません。

水を飲むのは血行をよくして便秘の改善にもなり、老廃物も排出しやすくなるためダイエット効果も期待できます。

しかしそのような効果は適切な量の水を飲んだ場合です。

水の飲み過ぎは水毒症を発症することもあり、体にさまざまな被害を与えるのです。

水毒症になるとむくみや冷え性、頭が重い、疲労が抜けないなどといった症状を起こし、さらに自律神経のバランスを崩すことで、生理不順などのリスクも高まります。

水の飲み過ぎはなぜ健康被害を生むのでしょうか?

水を飲み過ぎると、体内に余分な水分が溜まり血液中の水分バランスが乱れてしまいます。

血液中のナトリウムバランスが崩れて、低ナトリウム血症を引き起こし、さまざまな症状を起こすのです。

健康のためには水分と塩分のバランスが大事です。

そのためには適切な量の水を摂ることが必要なのですが、飲み過ぎると塩分のバランスが乱れてしまうので、体調不良を起こします。

水の飲み過ぎで起こる水毒症の危険性を知っておきましょう

水は健康にいいもの、という概念もあり飲み過ぎても体に悪いとは考えにくいものです。

しかし健康にいいと言われる水でも、飲み過ぎると健康に悪いものになってしまうのです。

その一つが水毒症です。

水毒症になると体がむくみやすくなり、特に下半身のむくみやポッコリお腹、手足の冷えなどを起こします。

疲労がなかなか抜けず、口の中がネバネバして虫歯や歯周病などを起こすこともあります。

そんな水毒症にならないためにも、水の飲み過ぎには注意しましょう。

水の飲み過ぎで起こる水毒症の症状とは?

水毒症の大きな特徴はむくみです。

手足のむくみや顔のむくみ、夕方になると靴が窮屈になる、などといったむくみの症状が頻繁に起こる場合は注意しましょう。

また、分かりやすい症状として、胃のあたりに水が溜まっているような感じがする、という症状があります。

空腹時に確認してみましょう。

また、だるい、頭痛がする、めまいや耳鳴り嘔吐といった症状が出ることもあります。

風邪をひいているわけでもないのに、鼻水やくしゃみが出ることもあります。

水分代謝が悪いために起こります、
さらにアレルギー性皮膚炎や喘息などのアレルギー、生理不順なども起こりやすくなります。

これらの症状は水を飲み過ぎることで体が冷えてしまい、血流が悪くなることで起こります。

血流が悪くなると内臓の機能も低下し、体調不良を起こしやすくなるので改善していくことが大切です。

水毒症の改善方法

水毒症を改善するには、体内の余分な水分を排出できる体作りが必要です。

運動をしたり、岩盤浴や半身浴などをしたりして、汗をかくようにしましょう。

定期的な運動は血行不良の改善につながります。

血行をよくするためには、毎日の入浴も大事です。シャワーだけですまさずに、湯船に入り体を温め血液循環をよくしましょう。

アロマオイルなどを使うと香りのリラックス効果で、より血行もよくなります。

体を温める食べ物を摂ることも大事です。
ニンニクやショウガ、ネギ、カボチャやニラ、イモ類など、体を温める食材を積極的に摂るようにしましょう。

野菜はサラダで食べるよりも、蒸したりスープなどの温野菜と調理したりして摂ることをおすすめします。

老廃物を排出しやすくするためにも、リンパマッサージをするといいでしょう。

鎖骨の下、脇の下、股関節などのリンパ節をもみほぐしたり、足裏のマッサージをしたりして、リンパの流れを促しましょう。

水を飲み過ぎないために

飲み過ぎにならない適切な量は、体重などによっても多少は異なりますが、1.2~2リットルと言われています。

その量を目安にして水分摂取をしましょう。

水分の量だけではなく、水分補給をする際には注意したいポイントがあります。

一つは一気に大量の水を飲まないことです。
一気に飲むと胃にも負担をかけますし、腎臓にも負担をかけます。

消化も悪くなり、むくみなどの原因になります。

水は1回にコップ1杯程度を目安として、こまめに摂るのがポイントです。

また、冷蔵庫で冷やした冷たい水や氷水などを飲まずに、常温の水を飲むことです。
冷たすぎると体を急激に冷やしますし、体内に吸収しにくいと言われています。

冷蔵庫の水は取り出して5分程度置いてから飲むようにしましょう。

運動中は特に注意したい水の飲み方

運動中の水分補給
運動をしていると大量に汗をかき、水分を余分に摂ることが多いでしょう。

運動中は水分が大量に失われるので、水分の補給をしながら体を動かすことが大事です。

大量に水分が失われている時には、体内のナトリウムも失われています。
その状態で水を大量に摂っても、水は体に吸収されません。

運動中はナトリウムも入っているスポーツドリンクを飲むのがいいでしょう。

激しい運動もそうですが、ヨガやウォーキングなどの運動中も、水分はこまめに摂ることが必要です。

水の飲み過ぎは美容にも健康にも悪いので適量を飲みましょう

水の飲み過ぎは体に水分を蓄積させてしまう水毒症などの病気を引き起こします。

むくみや倦怠感、吐き気、頭痛などの症状を伴う水毒症は、悪化すると危険な病気です。

そうならないためにも、適量の水をこまめに摂ることを心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る