ウォーターサーバーの熱湯の出し方における注意点

ざっくりまとめると
ウォーターサーバーの熱湯は、80~90度に設定されている事が多く、熱湯事故防止のためにチャイルドロックが付いています。

お湯はレバー式の場合、通常はレバーを一度上に持ち上げて手前に倒す事でお湯が出ます。
レバーが上下2つに分かれている場合は、2つのレバーを上下から挟むように掴み、レバーを倒します。

冷水にチャイルドロックを無料で付けてくれるメーカーもあります。

ウォーターサーバーでの熱湯事故を防ぐために

ウォーターサーバーでの熱湯事故防止には
ウォーターサーバーから熱湯が出るのは非常に便利です。
すぐに一定の温度の熱湯を使えるので、いつでもお茶を飲んだり、コーヒーを淹れたりすることができます。

しかし、熱湯なので使い方に注意をしないと火傷などの怪我をすることもあります。

多くウォーターサーバーはつまんで初めて熱湯が出るようになっていて、触っただけではお湯が出ない仕組みになっていますが、触っているうちにお湯が出てしまったり、故障したけていたりすると、思わず事故につながります。

そういった事故を避けるためにも、使い方は十分に熟知することや、チャイルドロック機能がついたウォーターサーバーを選ぶようにしましょう。

チャイルドロックがあれば安心?

ウォーターサーバーの事故で多いのは、3歳までの乳幼児に関する事故です。

レバーを握ってしまい熱湯が出てしまったり、ウォーターサーバーに興味を持って触っているうちにお湯がかかってしまったりすることで、火傷などの事故を起こします。

ウォーターサーバーにはチャイルドロック機能がありますが、子どもを近づけないようにするなど、配慮をすることも必要です。

ウォーターサーバーの熱湯の出し方を知る

熱湯の出し方など、ウォーターサーバーの取り扱いは簡単と思っていると、思わぬ事故につながることがあります。

子どもへの配慮や注意をするためにも、正しい取り扱い方法を知っておくことが大事です。

チャイルドロック機能などについても、どのような機能か、どのような種類があるのか、などについても解説します。

ウォーターサーバーの基本的な熱湯の出し方

ウォーターサーバーのお水の出し方は、コックを押したり、ひねったりするだけでお水が出るようになっていることが多いです。

一方で熱湯はレバーの部分を押しながらコックをひねる、といった動作が必要なタイプがほとんどです。

このような構造で触っただけで熱湯が出ないようになっているのです。

子どもなどが間違って触って火傷をすることもありますが、大人でもうっかりレバーの部分を触ってしまい熱湯が体にかかってしまうのは危険です。
そういった事故を防ぐためにもそのような構造になっています。

ウォーターサーバーの熱湯の出し方は機種によって違う?

ウォーターサーバーの熱湯の出し方は、基本的には同じですが中には異なる場合もあります。

細かい点においては、チャイルドロックが自動で元に戻るものと戻らないものや、レバーを引くだけで熱湯が出るものなどがあります。

大切なのは正しい使い方を知ることです。
説明書をよく読み、正しい使い方をしましょう。

特にウォーターサーバーの熱湯による乳幼児の事故は少なくありません。
子どもが火傷などをしないよう、まずは大人がしっかりと使用方法を理解し正しく使うことが大切です。

チャイルドロックの安全性

ウォーターサーバーのお湯の温度は80~90度に設定されていることが多いです。
先にも述べているように、高温のお湯で火傷をする事故が発生しています。

熱湯による火傷を防ぐためにも、経済産業省ではチャイルドロックの工夫を提言しています。
提言しているのは、1歳以下の力ではお湯が出せないようにすることや、チャイルドロックを解除する手順を2回以上つけるということです。

チャイルドロックにも種類があります。

コックのレバーを押し込みながらレバーを下げなければお湯が出ないようになっているものや、ロックボタン機能があり、ボタンを押してチャイルドロックを設定してからお湯を出す方法などがあります。

また、温水の方にカバーを付けられるようになっているものもあります。

さらに、チャイルドロックは温水だけではなく、冷水にも付いているものもあります。
子どもがいたずらをしてお水を出し、服が濡れてしまったり、床が水浸しになったりしないように防ぐためです。

子どもへの教育で怪我をなくす

トラブル防止のため子供に教育を
チャイルドロックが付いていても、確実に安全というわけではありません。
子どもを火傷などのトラブルから守るためには、家族の配慮が必要です。

子どもの前ではお湯を出しているところを見られないようにする。また、チャイルドロックを解除する方法なども見られないようにしましょう。

子どもはマネをするのが好きです。
興味を持てば触りたがり、万が一熱湯が出てしまったら火傷などにつながります。

または、熱湯の危険性などを教え、熱湯がどれだけ危険かということを教育することも必要です。
興味本位だけで触らないよう、理解させることで怪我の予防をしましょう。

ウォーターサーバーの熱湯の出し方は正しい方法で

ウォーターサーバーの熱湯は間違った方法で使うと、大人でも火傷を負ったりすることもあります。

機種によっては使い方が異なるので、正しい使い方を理解して使うようにしましょう。

また、乳幼児が熱湯を触って火傷などのトラブルも少なくありません。
チャイルドロック機能を理解するとともに、子どもがいたずらをしないよう教育をして怪我などをしないようにすることも大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る