小動物にウォーターサーバーの水を与えても大丈夫?

小動物にも安心なウォーターサーバーのお水

小動物にもウォーターサーバーのお水
小動物は人間の体よりも小さく食べ物や飲み物などの害を受けやすいこともあります。

言葉が通じないのはもちろんですが、動作や表情から体調の変化が見つけにくいこともあって、病気の症状に気づかず悪化させてしまうこともあります。

そのため、いつも飲む水や食べるものには注意をしてやることが必要です。
ウォーターサーバーを利用している家庭では、その水の成分が小動物に影響を与えていないか注意が必要です。

小動物に余計な成分を与えていないかを確認

小動物にとって水は欠かせないもののひとつです。
この点では人間と変わらない性質ですが、その水の成分として必要なものは人間とは違います。

さまざまなものが含まれている水を与える際には、小動物が普段食べている餌の成分と水の成分が結合して小動物の体に悪影響を与えていないことが必須となります。

ミネラルウォーターを使っている場合には特に注意しましょう。

小動物にミネラルウォーターは必要?

ペットは私たちの生活を楽しくさせてくれるパートナーとして大切な存在になります。
そんなペットとして人気の高い小動物と良い関係で有り続けるためには、彼らの健康管理は欠かせないことです。

言葉も通じない小動物の健康を維持するためには、心を通い合わせることだけでなく、正しい知識を持って餌や水を与えることも必要となります。

小動物の体を心配するあまり、ウォーターサーバーの水を飲ませたりして安全を守ろうとすることも大切ですが、その成分が反対に小動物の体に危険となることもあります。

小動物に与える水の成分

小動物と人間では体に必要とする成分、栄養分も違います。
人間が好んで飲んでいるミネラルウォーターは基本的に人間に必要な栄養分を摂取するための配合となっています。

そのため、小動物に与える場合には、体に合わないこともあります。
小動物にもミネラル分は必要なものです。
体を作り、調子を整えてくれて、体に良いものです。

しかし、その栄養分に関しては餌に含まれていることも考えると、ミネラルウォーターでさらに摂取することで過剰となる可能性もあります。

また、餌に含まれている成分と結合して体の中に結石を作ったり、代謝や排出が間に合わなくなったりすることもあります。

小動物ごとに必要な栄養分

小動物をペットとして飼う場合には、ペット用の餌として売られている物を与えることが多くなります。
そのため、ある程度人工的にコントロールされた栄養分を摂取させることとなり、自然とは違う環境の元で生きることになります。

小動物の本来の生態を知り、体の性質に合った食物や水分の摂取を考えてやることが健康管理には大切なことです。

体に必要な成分であるミネラルであっても余分な摂取量を上手に排出できない種類の動物にとっては脅威となることがあり、わざわざミネラルウォーターで与えることで余分なリスクを高めることにもなりかねません。

ウォーターサーバーなどで小動物に与える水に気を遣う際には成分に注意して、本当にこのウォーターサーバーの水は小動物が飲んでも大丈夫なのか安全性を確認しましょう。

うさぎとミネラルウォーター

うさぎの本来の食物は野菜です。
草を食むことは、栄養分の摂取だけでなく、体を守ることにもなります。

しかし、現代日本で飼われているうさぎの主食はうさぎ用の餌であるペレットと呼ばれているものが多くなります。

ペレットは栄養分がコントロールされていますが、その反面、乾燥した餌であるため水分がありません。
そのため、血栓や結石ができやすくなります。

そこにミネラル分の豊富な水を与えることでよりこうしたリスクが高くなることがあります。
特にカルシウムの処理はうさぎと人の大きな違いのひとつです。

カルシウムを骨に蓄えられないうさぎは毎日カルシウムを摂取することが必要ですが、蓄えられないということは過剰な分は毎日排出されるということです。

ミネラルウォーターで取ったカルシウム分がペレットの十分な栄養と重なって過剰となると排出量が増えてしまいます。

さらに乾燥した餌によって水分量が減っていることで尿が濃くなり、腎臓に負担を与えることにもなるのです。

小動物ごとの性質を見極めて

性質を見極める
小動物の性質によってはウォーターサーバーの水に入っている成分が上手く処理できない場合があります。
そうした場合には、普段から与えている水によって体調不良の原因となってしまいます。

体の中に不要物が溜まってしまうと病気を引き起こします。
食品や水によって摂取することで不要物は毎日少しずつ蓄積することになります。

排出できない成分を蓄積しないためには、水にも注意を払うことが必要なのです。

小動物には余計な成分の少ない水を

小動物に与える餌や水は体に合ったものでないと思わぬ影響が出ることがあります。
体に悪い影響を与えないためには小動物の負担となるような成分は取り除かなければいけません。

ウォーターサーバーの成分はいろいろありますが、余分な成分の入っていない方が安全であると言えそうです。

関連記事

ページ上部へ戻る