ウォーターサーバーの選べるボトルの種類とは?

選べるボトルの種類


家庭にウォーターサーバーを設置する方は増えており、中には水素水を生成できるウォーターサーバーを使用している方もおられるでしょう。

このウォーターサーバーに設置するボトルには、使い勝手によって種類があります。
利用する方がより使いやすいものを選ぶことができるのです。

ミネラルウォーターやピュアウォーターなどお水の種類はありますが、その中でもボトルの種類は選択が可能です。
最初に導入する時点でボトルの種類を先に選んでおいて、それからウォーターサーバーを選べば安心です。

ボトルの種類の解説へ移動

収納場所や引き取りの手間を考えて

ウォーターサーバーに使用するボトルの種類は、利用者が使い勝手のよい方を選べます。

例えば、ストックしておく置き場所の問題や、またお水の配送形態で空のボトルを引き取ってもらうか、もしくはボトルが使い捨てになっているかなどを考えると、自分がより使いやすいボトルの形が見えてくるでしょう。

水素水サーバーを使用している場合、それに合ったボトルを選ぶことになりますが、その種類は各社で異なります。

お水のボトルの種類とは

ウォーターサーバーに使用するお水のボトルは、そのタイプからももちろん選べますが、容量にもいくつかの種類があります。

その種類にはどのようなものがあるか、下記に挙げます。

ボトルのタイプ

お水が入っているボトルは以下のようなものがあります。
こうしたタイプを幅広く取り扱っているメーカーなら選択肢も広がるでしょう。

ガロンボトル

比較的強度が高く、硬質なプラスチックなどでできたボトルです。
これはリターナブルボトルとも呼ばれ、空になったボトルを回収して再利用する形態を採っているものです。

もちろん、回収した後のボトルはきれいに洗浄され、殺菌消毒などの処理の後に使用しているため、心配はありません。

使い終わったボトルは回収してくれるため、自宅にごみとなって残らず、自分で処理する必要がないのが利点です。

ペットボトル

軟質なペットボトルを使用したもので、使い捨てタイプとなります。
使用後に回収されず自宅で処理する必要があることから、ワンウェイボトルとも呼ばれます。

多くのものは使い終わった後に小さくつぶせるようになっており、処理は比較的簡単です。

さらに、中のお水が減っていくにつれてしぼむように作られているタイプもあり、空気の侵入を極力避けることができます。

ウォーターパック

ビニールやアルミなどにパッキングされたタイプのものです。
開け口を差し込んでセットし、使い切ればパックを小さくたたんで捨てられるため、より簡単に処理することができます。

また、このパックが段ボールの箱に入ってその箱のままセットするタイプもあります。

このタイプは使用中の空気の侵入をさらに防ぐことができ、お水に不純物が混ざるのを避けられるようになっています。

収納場所やウォーターサーバーの種類で選ぶ

上記のようなボトルの種類によっては、ストックしたり使用後のボトルを処理するまで置いておいたりするときに必要な収納場所を確保しなければならないこともあります。

よりコンパクトにしたい、または処理するまで家に置いておきたくないといった希望によってボトルを選ぶことができるわけです。

また、最初にウォーターサーバーの機種から選ぶときには、その機種に合ったボトルの種類を選ぶ必要があります。
水素水サーバーを選ぶ場合はボトルが限定されることもありますから、注意が必要です。

既存のウォーターサーバーに、水素水キットを付けるだけで使えるものもあるため、そういったものを選ぶのも便利です。

容量の種類もいろいろ

これらのお水のボトルは、その容量にもいくつかタイプがあります。

一般的に広く用いられているのは12リットルのもので、家族2~3人程度の家庭に適していると言えるでしょう。
また、もっとたくさんお水を使用する、または家族が多い家庭になると、これよりも容量が大きい18.9リットルのものもあります。

さらに、1人暮らしの方などあまりお水を使わない場合は8リットルのサイズなども用意されており、それぞれの使い方に合わせて選ぶことができるようになっています。

使い方や人数はそれぞれ


お水をどのように使うか、またどれだけの量を使うかなどは、家族構成や個人の好みなどで分かれてきます。
そのため、ボトルの容量にもいくつかの種類が用意されているわけです。

また、ボトルの処理が面倒だからリターナブルタイプのボトルを選ぶ、もしくは小さくたたんで処理ができるからワンウェイタイプを選ぶなど、ボトルの処理方法で選ぶことも可能になります。

それぞれの使い方に合わせて最適なボトルの種類が用意されています。
それにより、快適で便利にお水を使えるということなのです。

選べるボトルで自分に合ったものを

このように、お水のボトルには種類があり、自分に合ったものを選択することが可能になっています。

大きなボトルを使い切れるか心配なら小さめにしたり、またたくさん使うから大容量が欲しいと思えば大きなものにしたり、そして処理方法などで選んだりと、選択肢は広がります。

著者情報

hawaiiwater
ピュアウォーター
Webマガジン編集部

ウォーターサーバーやお水のことに関する様々な疑問にお答えしていきます。

関連記事

ページ上部へ戻る