ウォーターサーバーの水は犬が飲んでも大丈夫なの?

ウォーターサーバーのお水によっては犬にも安心

犬に安全なお水
犬に飲ませることができるウォーターサーバーのお水の性質は、その中でもミネラル分などが少ないものに限られます。

ミネラルウォーターに含まれている成分が犬の体に悪影響を与える可能性が否めないためです。

ウォーターサーバーの水にはいろいろな種類がありますが、ミネラル分が高めの水を利用している場合には犬には与えない方が安心です。
また、飼い犬の体質や持病によってはより慎重に成分に注意を払う必要があります。

犬は水の違いに敏感

ウォーターサーバーの水の種類というのは実に豊富であり、ミネラルウォーターからピュアウォーター、天然水などがあります。

ミネラルウォーターに関しては、その成分も一つ一つ違っており、ミネラル分の含有率で硬水から超軟水などに分かれています。

その微妙な違いは、人間には過度な影響を与えない場合でも犬にとっては大きなリスクとなります。

水の品質に注意する

ウォーターサーバーの水は犬が飲んでも大丈夫なのかどうかは、品質によって違います。
品質というと、「良さ」や「おいしさ」と考えがちですが、そうではなく成分の問題です。

犬の持つ体質は人間と違っており、人間が難なく代謝できる成分であっても犬にとっては脅威的な意味を持つことがあります。

具体的にウォーターサーバーを選ぶ時には次のようなことに注意を払う必要があるでしょう。

ミネラル分が犬に結石のリスクを与える

ウォーターサーバーの水は犬が飲んでも大丈夫なのかが心配されるのは、ミネラル分が含まれているウォーターサーバーで多くなります。

ミネラル分とは、カルシウムやマグネシウムなどの無機質と呼ばれる栄養素のことであり、体を作ったり整えたりしてくれます。
ところが犬に過剰に与えることで体に悪いものもあります。

人間であっても、ミネラル分は一定以上摂取すると体に影響を及ぼすことがありますが、犬の体にはさらに重い影響を持つものがあるのです。

マグネシウムはカルシウムと共に骨などを生成する効果や血圧を下げるために働く成分です。
しかしそれを人間の飲むミネラルウォーターで犬が同じ量を摂取すると過剰摂取となり、尿路結石を引き起こすことがあります。

基本的に犬は結石ができやすいもので、それはマグネシウムの代謝がされにくい体質が原因と言われています。

また、カルシウムの過剰摂取も同じく結石の原因となります。
特に現在既に結石の持病がある場合には、健康な犬以上にミネラル分の入っている水を避けなければいけません。

犬の体と人間の体

人間の体には問題なく、体に良いものであっても、他の動物には病気などのリスクを秘めているものは食物や飲料の中に少なくありません。
犬の体は人間よりも小さく、また成分の分解や吸収の仕組みも違っています。

人間の飲用に作られているウォーターサーバーの水は人間に良い効果を与えることを主目的としています。
特にミネラルウォーターであれば、その含有量は人間用のものです。

多くの水分を必要としていることだけは、人間も犬も同じですから、どんな水であっても犬は必要な水分をそこから補おうとします。
すると、その中に入っているミネラル分だけが過剰摂取となって、悪影響を引き起こすのです。

犬は飼い主が与えたものを喜んで飲食することでしょう。
そのため、飼い主は飼い犬に与えるものすべてに注意を払う必要があります。

特に子犬は体も未発達で小さく、成分の影響を受けやすくなっています。

ミネラルの入っていない水を選ぶ

犬にウォーターサーバー与えること自体は、決して問題のあることではありません。

地域によっては水道水の成分で犬がお腹を壊すこともあるようで、管理されているウォーターサーバーを利用することで体調がよくなることもあります。

その場合には、ミネラルの入っていない、もしくは含有量が少ないものを選んで、その影響を減らしてやることが大切です。

ドッグフードを利用していれば、その成分で栄養素は十分にカバーできています。
それ以上に栄養素を与えてしまうことで過剰摂取となることもあります。

そのため、余分な栄養は犬に与える水には必要がないのです。

犬用のミネラルウォーターは犬の体質に合わせて成分が調整されていて安心です。

また、超軟水やピュアウォーターであれば、ミネラル分を余計に摂取することもなく、しっかりと水分補給ができます。

わざわざ犬用の水を購入する必要はないということであれば、超軟水やピュアウォーターを選ぶことで人も犬も安心して水分補給ができるでしょう。

犬と人間の体の違いに注意して

犬を人間の身体の違い
食べ物や飲み物は人の体に良いからといって、飼い犬にも良いものばかりではありません。
特にミネラル分に関しては犬の方が代謝も悪く、体への悪影響の可能性が高くなります。

そのため、ミネラルウォーターなどのウォーターサーバーを利用している家庭では、飼い犬に対して同じものを与えることに注意が必要となります。

体の作りの違いは、必要な栄養分や摂取するもののリスクの違いになります。
愛犬に自分と同じものを与えておいしさを共有したい気持ちは大切ですが、リスク管理も求められるのです。

ピュアウォーターなら犬にも安心

ウォーターサーバーの水は犬が飲んでも大丈夫なのかという問題は、犬がミネラル分に弱いという点を注意すれば解消されます。

ピュアウォーターを選ぶことで、飼い犬に人と同じものを与えることが出来るようになります。

愛犬にも人にも優しい水選びでペットライフをより安全に楽しめます。

関連記事

ページ上部へ戻る